現在地
ホーム > 特集

特集

公開中の特集

  • ブル・ベアファンド特集 2018年版

    ブル・ベアファンド特集 2018年版

    ブル・ベア型ファンドとは、先物やオプションなどを利用して、基準となる指数の値動きを大幅に上回る投資成果を目指すレバレッジ投資信託です。
    市場の動きを予想してリターン獲得を狙ったり、市場の下落局面でもリターン獲得の可能性がある(ベア型ファンド)、「ブル型ファンド」、「ベア型ファンド」を紹介します。

  • 「ゴールドマン・サックス社債国際分散投資戦略ファンド2018-11」購入申込開始!

    「ゴールドマン・サックス社債国際分散投資戦略ファンド2018-11」購入申込開始!

    リスクの高い資産への投資はしたくない。でも少しでも増やしたい。10年後に元本確保をめざすことで10年後の不安感を軽減しながら資産運用ができるファンドです。単位型投信のため、購入申込期間中のみご購入いただけます。
    ※購入申込期間:2018年11月2日(金)から2018年11月28日(水)15:00

  • 【特集】香港直近上場のIPO銘柄紹介ー秋の外食編

    【特集】香港直近上場のIPO銘柄紹介ー秋の外食編

    中国経済は年間6~7%成長しており、経済成長とともに外食市場も年間約10%で成長しています。中国外食産業で注目すべき点はフードデリバリー事業と火鍋レストランの成長です。この特集では9月に香港市場に上場したメイトゥアン・ディエンピン(美団点評)やハイディーラオ(海底撈国際控股)などの外食関連の注目銘柄をご紹介します。

  • 世界まるごと投資を目指して!あおぞら投信の限定追加型ファンド取扱開始

    世界まるごと投資を目指して!あおぞら投信の限定追加型ファンド取扱開始

    「あおぞら・新グローバル分散ファンド(限定追加型)2018-10(愛称ぜんぞう1810)」は株式の実質的な組入比率を計画的に段階的に引き上げることで、買付時期の分散を図りながら、世界の株式・債券に広く分散投資します。
    ※楽天証券における当初申込期間:2018年10月12日から2018年10月29日まで
    ※継続申込期間:2018年10月31日から2018年12月27日まで

  • 為替リスクを調整しながら世界経済を牽引する米国市場の成長を享受しよう

    為替リスクを調整しながら世界経済を牽引する米国市場の成長を享受しよう

    米国経済の見通しや為替ヘッジ付の米国株投資などを解説いたします。
    また、日興アセットのETF、【1547】「上場インデックスファンド米国株式(S&P500)」と、【2521】「上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり」を紹介します。

  • 成長が持続する企業を選択!「イーストスプリング新興国スタープレイヤーズ」

    成長が持続する企業を選択!「イーストスプリング新興国スタープレイヤーズ」

    成長著しい新興国において、持続的な成長が期待される企業に投資します。稼ぐ力を持つ企業を分析し、ESGの取り組みをチェックすることで、将来にわたって利益成長が持続可能な企業を見出して投資します。
    ※当初申込期間:2018年10月5日(金)から2018年10月24日(水)15:00

  • 「ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-10」購入申込開始!

    「ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-10」購入申込開始!

    リスクの高い資産への投資はしたくない。でも少しでも増やしたい。10年後に元本確保をめざすことで10年後の不安感を軽減しながら資産運用ができるファンドです。単位型投信のため、購入申込期間中のみご購入いただけます。
    ※購入申込期間:2018年10月1日(月)から2018年10月29日(月)15:00

  • HDI格付けベンチマークの最高位評価「三つ星」を3年連続で受賞しました。

    HDI格付けベンチマークの最高位評価「三つ星」を3年連続で受賞しました。

    楽天証券カスタマーサービスセンターは、サポートサービス業界のメンバーシップ団体HDI-Japanが実施している「問合せ窓口格付け」「Webサポート格付け」において、最高位評価の「三つ星」を受賞しました。弊社はこれからも、すべてのお客様にご満足いただけるような、より質の高いお客様サポートの提供を目指してまいります。

  • 実績と自信に裏付けられた コムジェスト流 長期投資

    実績と自信に裏付けられた コムジェスト流 長期投資

    投資の世界では、“知る人ぞ知る”運用会社であるコムジェスト・グループ。その名を知らしめているのは、独自の信念に基づく長期投資の手法と、何より優れた運用実績です。
    コムジェストは「ニッセイ/コムジェスト新興国成長株ファンド」の運用を手掛けていますが、新興国株式に投資を行う類似ファンドは、20年超の運用実績で市場平均を大きく上回るパフォーマンスを記録しています。
    優れた運用実績を可能にするコムジェストの長期投資とは?コムジェスト・アセットマネジメント株式会社代表取締役高橋庸介さんにお話を伺いました。

  • 「ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-09」購入申込開始!

    「ゴールドマン・サックス社債国際分散投資戦略ファンド2018-09」当初募集開始!

    リスクの高い資産への投資はしたくない。でも少しでも増やしたい。10年後に元本確保をめざすことで10年後の不安感を軽減しながら資産運用ができるファンドです。単位型投信のため、購入申込期間中のみご購入いただけます。
    ※購入申込期間:2018年9月3日(月)から2018年9月26日(水)まで

  • 世界の統合型リゾート関連銘柄等に投資「YOURMIRAI ワールド・リゾート」

    ユアミライ(あなたの未来)YOURMIRAIワールド・リゾート

    「YOURMIRAI ワールド・リゾート」(委託会社:三井住友アセットマネジメント)は、世界経済の回復等を背景に投資魅力の高まりが期待できる世界の統合型リゾート関連銘柄、テーマパーク・ホテル関連銘柄に加え、旅行者の移動や消費拡大等の恩恵が期待できる銘柄などに投資し、信託財産の成長を目指します。

  • 【IR広告】23期連続増収を達成。プライベートブランド商品開発でさらなる成長へ

    【IR広告】23期連続増収を達成。プライベートブランド商品開発でさらなる成長へ

    西松屋チェーン(証券コード:7545)は、23期連続増収達成(2018.2期時点)のベビー・子供用品専門店チェーンです。
    お子様を持つ家庭の普段の暮らしが"より豊かに、より便利に、より楽しく"なるようにとの思いで、全都道府県に979店舗(2018年7月5日時点)を展開。インターネット販売も強化しています。

  • 世界まるごと投資を目指して!あおぞら投信の限定追加型ファンド取扱開始

    世界まるごと投資を目指して!あおぞら投信の限定追加型ファンド取扱開始

    「あおぞら・新グローバル分散ファンド(限定追加型)2018-07(愛称ぜんぞう1807)」は株式の実質的な組入比率を計画的に段階的に引き上げることで、買付時期の分散を図りながら、世界の株式・債券に広く分散投資します。
    ※当初申込期間:2018年7月13日から2018年7月27日まで
    ※継続申込期間:2018年7月31日から2018年9月28日まで

  • 【特集】中国のニューエコノミー企業の新動向

    【特集】中国のニューエコノミー企業の新動向

    インターネットの力で中国社会はいま大きく変化しています。製造業、自動車、金融の三つの業界に焦点を当て、直近上場のハードウェアメーカーシャオミ(小米)やフィンテック企業への投資に力を入れているピンアン・インシュランス(中国平安保険集団)などをご紹介します。

  • ロボット戦略Ⅱ 世界成長ファンド(あんしんロボ)取扱開始

    ロボット戦略Ⅱ 世界成長ファンド(あんしんロボ)取扱開始

    世界の約50の市場を投資対象として、24時間、休むことなくコンピューターが自動的に運用を行います。コンピューターには複数の自動ブレーキ機能が搭載されており、大きな損失を回避することを目指します。またリスク水準が一定の範囲内となるように、24時間リスク管理を行います。
    ※ 当初申込期間:2018年7月6日から2018年7月12日まで
    ※ 継続申込期間:2018年7月17日以降

  • 世界の中大型株に厳選投資!「ハリス世界株ファンド(資産成長型)」当初募集開始

    世界の中大型株に厳選投資!「ハリス世界株ファンド(資産成長型)」当初募集開始

    日本を除く世界各国の株式のうち、時価総額の大きな銘柄にグローバルな視点で投資し、値上がり益の獲得及び配当等収益の確保を目指して運用を行います。エマージング諸国の株式も投資対象としますが、投資割合はポートフォリオの30%以内とします。企業訪問を含む企業調査を基本としたボトムアップ・アプローチにより、フリーキャッシュフロー、利益成長の潜在能力、業界における競争力、経営者の経営方針等から独自に評価した企業価値に対し割安な銘柄を発掘し、厳選投資します。
    ※ 当初申込期間:2018年6月8日(金)から2018年6月22日(金)まで
    ※ 継続申込期間:2018年6月26日(火)から

  • 新興国の"質の高い成長企業"を見極めるニッセイ/コムジェスト新興国成長株ファンド

    新興国の"質の高い成長企業"を見極めるニッセイ/コムジェスト新興国成長株ファンド

    "質の高い成長企業"への長期投資で卓越した運用実績をあげてきた「コムジェスト」が、玉石混交の新興国株式の中から、10%以上の利益成長を長期的に持続できると考える銘柄を厳選します。

  • 中国と新興国のニューエコノミーにETFで投資する方法

    中国と新興国のニューエコノミーにETFで投資する方法

    この特集では、最近の中国経済について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦が解説を行うとともに、ウィズダムツリー・ジャパンETFストラテジストの渡邊雅史氏に、成長著しい中国企業や新興国に投資できるETFについて説明していただきます。

  • 投資信託 次の一手

    投資信託 次の一手

    「投資信託 次の一手」は、「次にどんな投資信託を購入したらいいのか?」という疑問に対するヒントをご紹介するコラムです。 毎回、特定の投資対象に着目して、その投資対象と相性のいい資産や関連する投資信託をご紹介します。

  • 世界まるごと投資を目指して!あおぞら投信の限定追加型ファンド取扱開始

    世界まるごと投資を目指して!あおぞら投信の限定追加型ファンド取扱開始

    「あおぞら・新グローバル分散ファンド(限定追加型)2018-04(愛称ぜんぞう1804)」は株式の実質的な組入比率を計画的に段階的に引き上げることで、買付時期の分散を図りながら、世界の株式・債券に広く分散投資します。
    ※当初申込期間:2018年4月13日から2018年4月25日まで
    ※継続申込期間:2018年4月27日から2018年6月29日まで

  • 世界&全米に「丸ごと投資」できるファンドが「Fund of the Year 2017」を受賞!

    世界&全米に「丸ごと投資」できるファンド

    投資信託に精通するブロガーたちが優れた投信を選出する「投信ブロガーが選ぶ!「Fund of the Year 2017」において、1位と3位を受賞した「楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)」と「楽天・バンガード・ファンド(全米株式)」。
    この快挙を記念して、バンガード・インベストメンツ・ジャパンの小林 賢氏と楽天投信投資顧問の東 眞之氏に、両ファンド設立の背景や、金融商品としての魅力を伺いました。

  • ピクテのiTrustノーロード・シリーズにインド株式ファンド新登場

    ピクテのiTrustノーロード・シリーズにインド株式ファンド新登場

    「iTrustインド株式」は、主に中長期的に成長が期待できるインド企業の株式に投資します。購入時手数料無料(ノーロード)であると同時に、運用期間中の信託報酬率も業界最低水準。幅広い層の投資家の皆さまへインド株式投資機会をお届けします。

  • 税金優遇制度NISA・iDeCoとは?

    税金優遇制度NISA・iDeCoとは?

    投資で得た利益には、一律20.315%の税金がかかります。たとえば、1万円の投資利益を得たとしても、約2千円の税金が引かれてしまいます。この投資で得た利益にかかる税金がゼロになる税金優遇制度が「つみたてNISA(ニーサ)」「一般NISA(ニーサ)」「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」です。

  • 世界まるごと投資を目指して!あおぞら投信の限定追加型ファンド取扱開始

    世界まるごと投資を目指して!あおぞら投信の限定追加型ファンド取扱開始

    「あおぞら・新グローバル分散ファンド(限定追加型))2018-02(愛称ぜんぞう1802)」は株式の実質的な組入比率を計画的に段階的に引き上げることで、買付時期の分散を図りながら、世界の株式・債券に広く分散投資します。継続申込期間が2018年3月30日までの限定追加型ファンドです。

  • 世界の大手機関投資家も実践している国際分散投資アプローチを個人投資家の皆様に

    世界の大手機関投資家も実践している国際分散投資アプローチを個人投資家の皆様に

    楽天証券が販売している、「ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(愛称:ワールド・プロフェッショナルズ)」および「ラッセル・インベストメント・グローバル・バランス 安定型/安定成長型/成長型(愛称:ライフポイント)」は、ともに「プロ仕様の運用プロセスと運用手法を納得感のある費用水準でお届けする」という想いをもとに運用されているファンドです。
    このたび、運用会社調査で定評のあるラッセル・インベストメント株式会社 運用部所属の日本株式運用 シニア・ポートフォリオ・マネージャー 箱崎真紀子氏、および、マルチアセット運用 シニア・クライアント・ポートフォリオ・マネージャーの鹿子木亨紀(かのこぎ みちのり)氏と楽天証券経済研究所ファンドアナリストの篠田尚子とのスペシャル対談が実現しました。

  • 「金(Gold)のちょい足し投資」株式長期投資の悩みを軽減!

    「金(Gold)のちょい足し投資」株式長期投資の悩みを軽減!

    老後に受け取る年金を増やすため、個人で資産運用を手掛ける方が増えています。
    例えば、株式を保有することで期待できる“配当金”に着目して運用を行うとすると、非常に長い年月をかけた運用になる場合があります。
    株式を長期保有する上で、さまざまな不安・悩みが発生し得るものですが、こうした不安や悩みを軽減することを目指す、金(ゴールド)を使った分散投資のアイディア「金(Gold)のちょい足し投資」について、三菱UFJ信託銀行で“金の果実”のプロモーション担当している賀門友紀氏と、楽天証券経済研究所の吉田哲が対談を行いました。

  • SPY上場25周年・記念対談 -幸せな長期運用を実現する低コスト・高性能のETF-

    SPY上場25周年・記念対談 幸せな長期運用を実現する低コスト・高性能のETF

    2018年1月29日、米国初のETFであるSPY SPDR S&P 500 ETFがアメリカン証券取引所(AMEX、現ニューヨーク証券取引所(NYSE))に上場してから25年になります。
    現在、SPYは東京証券取引所にも重複上場しています。
    そこで、楽天証券経済研究所客員研究員の山崎元が、SPYを運用するステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズにてマーケティング ETFビジネスの取締役を務めるディビット A.コリンズ氏と、SPY開発の経緯やETFの有効性について語り合いました。

  • 楽天投信の新ファンド 楽天グローバル・プレミア・ファンド取扱開始

    楽天投信の新ファンド 楽天グローバル・プレミア・ファンド取扱開始

    世界の株式、債券、通貨および派生商品を実質的な主要投資対象とし、先人が培った有効な投資手法を再現したマン・グループの「スタイル・リスク・プレミア戦略」により、 様々な市場局面での収益の獲得を目指します。

  • iFree (アイフリー)/ 大和証券投資信託のファンドシリーズ

    iFree (アイフリー)/ 大和証券投資信託のファンドシリーズ

    低めに設定された運用管理費用と、豊富な商品ラインナップで「あなたらしい投資」のお手伝いをします。

  • 2018年スタート つみたてNISA対象銘柄『ドイチェ・ETFバランス・ファンド』登場!

    2018年スタート つみたてNISA対象銘柄『ドイチェ・ETFバランス・ファンド』登場!

    2018年からスタートする「つみたてNISA」の厳しい商品要件を満たす、長期・積立・分散投資に適したファンドです。攻めの資産である「株式」、守りの資産である「債券」に幅広く分散し、長期の資産成長を阻害しない低コストの商品となっています。値動きが分かりやすい先進国の株式、格付の高い債券に投資を行います。したがって、投資経験の少ない方に理解しにくいハイ・イールド債券(低格付の債券)等には投資しません。

  • アジア・オセアニアのインカム資産に投資する新ファンド登場!

    アジア・オセアニアのインカム資産に投信する新ファンド登場!

    「LM・アジア・オセアニア・インカム資産ファンド」は、不動産やインフラ関連施設のように賃料や使用料等のキャッシュフローを生み出す実物資産を保有・運営する企業の株式および不動産投資信託等を中心に投資します。主に配当利回りに着目し、相対的に配当利回りの高い銘柄を中心に投資します。決算期の異なる3つのファンドがあります。
    当初募集:2017年12月14(木)まで

  • 三菱UFJ国際投信の佐々木氏が解説!ETFの新しい潮流 ~REITと中小型株~

    三菱UFJ国際投信の佐々木氏が解説!ETFの新しい潮流 ~REITと中小型株~

    MAXIS(マクシス)とは、三菱UFJ国際投信が運用するETFシリーズのブランドです。
    このブランドには、「最高(MAX)の品質」と「お客さまの投資の中心軸(AXIS)」をめざすという三菱UFJ国際投信の思いが込められています。

    この特集ページでは、2017年10月11日に東京証券取引所に上場した「MAXIS高利回りJリート上場投信(1660)」と「MAXIS JPX 日経中小型株指数上場投信(1492)」を中心にご紹介いたします。

  • これからは業種別投資! -ETFで実践する業種別投資法-

    これからは業種別投資! -ETFで実践する業種別投資法-

    皆さんは業種別投資をご存じでしょうか?
    個別銘柄や日経平均ETFへの投資などとは異なり、業種を一つのかたまりとして投資する手法です。少し難しそうに聞こえるかもしれませんが、実はとても理にかなった投資法なのです。業種にはそれぞれ個性があり、値動きも実にさまざまです。業種の個性を知ることで、日経平均などの日本株全体への投資だけでは獲得できないリターンを期待でき、また個別銘柄だけの投資と比べて一極集中リスクを軽減することもできます。

  • 「スモール・モンスターズ・ジャパン」ファンドマネージャーに聞く!

    今、話題の中小型成長株投信 スモール・モンスターズ・ジャパン ファンドマネージャーに聞く! 真の成長株投資とは

    好調な運用成績で今、注目の「中小型成長株オープン 愛称 スモール・モンスターズ・ジャパン」。
    今回は、このファンドの運用を担当する岡三アセットマネジメントの五十嵐和人氏に、成長株投資の考え方や好調な運用成績のベースとなる「良い銘柄の見極め方」をお聞きしました。

  • アセットマネジメントOneよりAIを運用に活かした新ファンド登場!

    AI(人工知能)活用型世界株ファンド(愛称:ディープAI)

    AI(人工知能)活用型世界株ファンド(愛称:ディープAI)は、AIの最新技術である『ディープラーニング』を活用した運用モデル(ディープラーニングモデル)で銘柄を選び、ニュースなどを分析対象にする『テキスト解析』等で投資魅力度を確認する最新のテクノロジーの融合による運用を行います。

  • 世界まるごと投資を目指して!あおぞら投信の限定追加型ファンド取扱開始

    世界まるごと投資を目指して!あおぞら投信の限定追加型ファンド取扱開始

    「あおぞら・新グローバル分散ファンド(限定追加型)2017-09(愛称ぜんぞう1709)」は株式の実質的な組入比率を計画的に段階的に引き上げることで、買付時期の分散を図りながら、世界の株式・債券に広く分散投資します。継続申込期間が2017年11月30日までの限定追加型ファンドです。

  • 楽天証券のお客様サポートが2年連続で最高位評価「三つ星」を受賞しました。

    楽天証券のお客様サポートが2年連続で最高位評価「三つ星」を受賞しました。

    楽天証券カスタマーサービスセンターは、サポートサービス業界のメンバーシップ団体HDI-Japanが実施している「問合せ窓口格付け」「Webサポート格付け」において、最高位評価の「三つ星」を受賞しました。 弊社はこれからも、すべてのお客様にご満足いただけるような、より質の高いお客様サポートの提供を目指してまいります。

  • ピクテ投信投資顧問のiTrustノーロード・シリーズに「iTrustエコイノベーション」が新登場!

    ピクテ投信投資顧問のiTrustノーロード・シリーズに「iTrustエコイノベーション」が新登場!

    「iTrustエコイノベーション(愛称イノベーションが地球環境を変える)」は、主に世界の環境関連企業の株式に投資を行います。「環境問題」という大きなテーマのなかで、環境関連ビジネスに影響をおよぼす様々な要因や市場動向等に鑑み、投資妙味がある分野・銘柄を厳選し、機動的に運用します。

  • 株式分割と多彩なブランド展開でファン株主急増中! ポーラ・オルビスグループの魅力とは?

    株式分割と多彩なブランド展開でファン株主急増中!ポーラ・オルビスグループの魅力とは?

    ポーラ・オルビスホールディングス(銘柄コード:4927)は、2010年の上場以来7期連続増収増益※を果たし、高収益グローバル企業を目指して成長を続けています。2017年4月1日には、株式分割(1:4)を実施。100万円超だった最低取引金額が約30万円に引き下がり、投資対象として、さらに身近に感じていただけるよう、環境を整えています。(2017年7月31日株価3,065.0円)

  • 変わらず高いポテンシャルを秘める大国 インド特集!

    変わらず高いポテンシャルを秘める大国 インド特集!

    経済発展が期待される新興国の代表格と言われる国・インド。
    投資対象として選好される理由や、特に注目されるセクターは?国内・海外含めた関連銘柄を紹介!

  • 日本初!*アジア地域のリートを対象としたETF その魅力に迫る!

    日本初!*アジア地域のリートを対象としたETF その魅力に迫る!

    日本初*となるアジア地域のリートを対象としたETFということで、2017年6月29日の上場以来注目を集めている「上場インデックスファンドアジアリート」。今回はこのファンドの設定に携わった日興アセットマネジメントの今井氏と寺田氏に、成長するアジアリート市場の現状と、ファンドの魅力について伺いました。
    *国内上場ETFにおいて2017年6月30日現在。日興アセットマネジメント調べ。


個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?