自分にあった投資スタイルを探そう

老後の資産づくりにiDeCo(イデコ)を活用する

iDeCo(イデコ)とは

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、掛金を自分自身で運用しながら積み立てていき、原則60歳以降に受け取るしくみです。
投資した投資信託の分配金や値上がり益が非課税になるだけでなく、積み立てた掛金は、全額が所得控除の対象となり所得税と住民税が軽減されます。このような税制優遇が個人型確定拠出年金(iDeCo)の大きな魅力です。
掛金額の上限は、国民年金の被保険者種別や他の企業年金の加入状況により異なります。

毎月2.3万円を25年間積み立てると...?

節税金額だけでも十分なメリット

iDeCo(イデコ)の掛金額は、所得税と住民税の算出元となる所得額から、全額差し引くことができます。
税率が所得税10%・住民税10%の場合、年間掛金27.6万円(2.3万円×12ヶ月)の20%にあたる約5.5万円が節税でき、25年だと節税額の合計は138万円になります。

年収500万円・年間掛金27.6万円の35歳会社員の場合

25年間で節税できる金額 138万円(約5.5万円/年)

  • 掛金額、年収により、節税額は変わります。

運用益が得られる可能性も

25年間で元本は約690万円に積み上がります。定期預金であれば利息はほとんどつきませんが、投信積立で年率3%の運用ができた場合、運用による利益は約336万円になります。
しかも、iDeCo(イデコ)なら、この運用益に通常約20%かかる税金がかかりません。

  • 運用利回りは年率3%で計算しています。
  • 運用利回りは、経済動向、市場環境などによる影響を受けますので、年率3%より高くなることも、低くなることもあります。

楽天証券ならiDeCoの運営管理手数料が条件なしで誰でも0円

口座管理手数料のうち楽天証券にお支払いただく運営管理手数料は、残高、積立額、期間にかかわらず条件なしで誰でも無料になります。

iDeCo(イデコ)の始め方

iDeCo(イデコ)のお申込

楽天証券に申込書を請求し、必要書類をご返送ください。

投資商品を選ぶ

iDeCo(イデコ)対象商品の中から投資する商品を選びましょう。

iDeCoで積立スタート

手続き完了後、商品の配分指定をすれば積み立てがスタートします。

iDeCo(イデコ)は、国民年金基金連合会の審査等のため、手続完了まで1ヵ月~2ヵ月程度かかります。

久しぶりに口座を利用されたいお客様へ