現在地
ホーム > NISA(ニーサ):少額投資非課税制度 > ジュニアNISA
  • NISA
  • 積立NISA
  • ジュニアNISA

ジュニアNISA

  • NISA
ジュニアNISA

未成年口座お申込

ジュニアNISAとは

ジュニアNISA(ジュニアニーサ)とは、未成年のお子様のための「少額投資非課税制度」です。ジュニアNISA口座で投資すると、そこで得た利益や、配当金・分配金にかかる税金が0%(非課税)になります。

対象者 日本にお住まいの0~19歳の方(口座を開設する年の1月1日現在)
非課税対象 株式・投資信託への投資から得られる配当金・分配金や売却益(※1)
投資方法 スポット購入・積立買付
金融機関変更 可能。但し、既に開設したジュニアNISA口座の廃止手続きが必要。
非課税投資枠 新規投資額で毎年80万円が上限(※2)
非課税投資総額 最大400万円(80万円×5年間)
非課税期間 最長5年間(※3)
投資可能期間 2016年~2023年(※4)
運用管理者 口座開設者本人(未成年者)の二親等以内の親族(両親・祖父母等)
払出し 18歳までは払出し制限あり(※5)
  • ※1 ジュニアNISA口座で国内株式の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。
  • ※2 未使用分があっても翌年以降への繰り越しはできません。
  • ※3 非課税期間終了後、2023年の制度終了時点で20歳になっていない方については、2024年以降の各年において非課税期間(5年間)の終了した金融商品を継続管理勘定に移管(ロールオーバー)することができます。継続管理勘定では20歳になるまで(1月1日時点で20歳である年の前年12月31日まで)、金融商品を非課税で保有し続けることができます。
  • ※4 ジュニアNISA口座の投資可能期間は2023年で終了しますが、2023年の制度終了時点で20歳になっていない方については、2024年以降の各年において非課税期間(5年間)の終了した金融商品を継続管理勘定に移管(ロールオーバー)することができます。継続管理勘定では20歳になるまで(1月1日時点で20歳である年の前年12月31日まで)、金融商品を非課税で保有し続けることができます。なお、ロールオーバー可能な金額に上限はなく、時価が80万円を超過している場合も、そのすべてを継続管理勘定に移すことができます。
  • ※5 3月31日時点で18歳である前年の12月31日までの間は、原則として払出しができません。ただし、災害等やむを得ない場合には、非課税での払出しが可能です。

楽天証券のジュニアNISAご利用イメージ

ジュニアNISAご利用イメージ

  • ※1 ジュニアNISAの資金は、親・祖父母等からの贈与に限定されるものではありません。
  • ※2 国内株式の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。
  • ※3 積立買付ができるのは投資信託のみ。

ジュニアNISA制度

概要 ジュニアNISA口座で購入した上場株式や投信等の配当金、分配金、譲渡益が5年間非課税となります。
  • ジュニアNISA口座で上場株式等の配当金等を非課税で受け取るには、配当金受取方法で「株式数比例配分方式(楽天証券の預り金に入金する)」を選択する必要があります。
対象者 楽天証券の総合取引口座をお持ちの方
  • ジュニアNISA口座を開設なさる年の1月1日時点で19歳以下の方
非課税投資枠 年間の累積購入代金80万円まで
  • その年に使用しなかった非課税投資枠を翌年に繰り越せません。
  • 新規投資額が対象となるため、現在保有している株式や投資信託をジュニアNISA口座に移すことはできません。
対象商品 国内株式(現物取引)、投資信託
口座開設可能期間 2023年12月31日まで
投資可能期間 毎年1月1日~12月31日(受渡日ベース)
非課税となる期間 投資をはじめた年を含めて5年後の12月末まで(受渡日ベース)
ロールオーバー 5年間の非課税期間が終了した時点で保有している上場株式等を継続して非課税対象としたい場合には、翌年設定される非課税投資枠へロールオーバー(移管)ができます。
注意点
  • ジュニアNISA口座は複数の金融機関で開設することはできません。一人につき1口座のみ開設することができます。
  • ジュニアNISA口座へ振替えたお金は、18歳になるまで原則として出金できません。
  • ジュニアNISA口座で購入した上場株式等の配当金、売却代金等は課税ジュニアNISA口座に入ります。
  • その年の非課税投資枠(上限80万円)が残っていれば非課税で投資でき、非課税投資枠以上については、課税ジュニアNISA口座で投資をすることができます。
  • ジュニアNISA口座の廃止は、非課税口座廃止届出書等のご提出が必要となります。カスタマーサービスセンターにご連絡ください。
  • 証券総合口座を解約された場合、または死亡した場合、ジュニアNISA口座の廃止手続きをしてください。
  • 死亡した場合につきましては、死亡日がジュニアNISA口座の廃止日とみなされます。
  • 出国し非居住者となる場合は、届出が必要となります。
  • なお、廃止日以降に配当金等が発生した場合は、さかのぼって課税されます。

NISA用語集はこちら

ジュニアNISA口座に一度入金されますと、商品を購入されなくてもジュニアNISA口座および課税ジュニアNISA口座ともに、18歳まで原則として払出しすることができません。

18歳までの払出し制限について

18歳までの払出し制限について

ジュニアNISA制度は、子どもの進学や就職等の「将来に向けた長期投資」を目的に創設された側面もあるため、「払出し制限」を設けることで、着実な資産形成を促すことが期待されています。
そのため、3月31日時点で18歳である年の、前年の12月末(高校3年生の12月末)までジュニアNISA口座(課税口座・非課税口座ともに)原則として払出しできません。
途中で払出す場合は、全部解約(ジュニアNISA口座の廃止)のみ可能であり、ジュニアNISA口座で受け取った過去の利益に対してさかのぼって全て課税されることになります。
ジュニアNISA口座で保有する上場株式や投資信託等の配当金・分配金・売却代金等は、払出し制限付きの課税口座で管理されます。払出し制限付き課税口座で、未成年総合口座で取扱う金融商品を運用することができます。

!非課税期間終了後も、20歳まで非課税で運用が可能です。

「継続管理勘定」にロールオーバー(移管)

ジュニアNISA口座の投資可能期間は2023年で終了します。
ただし、2023年の制度終了時点で20歳になっていない方については、2024年以降の各年において非課税期間(5年間)の終了した金融商品を継続管理勘定に移管(ロールオーバー)することができます。継続管理勘定では20歳になるまで(1月1日時点で20歳である年の前年12月31日まで)、金融商品を非課税で保有し続けることができます。なお、ロールオーバー可能な金額に上限はなく、時価が80万円を超過している場合も、そのすべてを継続管理勘定に移すことができます。

  • 継続管理勘定では売却は可能ですが、新規買付を行うことはできません。
    また配当金・分配金・売却代金等は、18歳まで*「払出し制限付き課税口座」で管理されます。

*3月31日現在で18歳である年の前年12月31日(一般に、高校3年生の12月31日)まで

楽天証券 ジュニアNISAの魅力!

手数料実質0円!

投資信託は充実の取扱い本数

投資信託は充実の取扱い本数

楽天証券では、お子様に投資について学べる機会をもっていただくために、弊社経済研究所ファンドアナリストによるジュニアNISAのしくみについてのオンラインセミナーや、学校での特別授業、親子でご参加いただくセミナーなど開催しております。

投資信託は充実の取扱い本数

ジュニアNISA 未来教室

取扱商品

ジュニアNISA口座では、国内株式と投資信託が取引いただけます。
国内株式はジュニアNISA口座区分を「NISA(非課税)」と選択することにより、売買手数料が0円となります。

ジュニアNISA口座の対象商品 ■ 国内株式(現物取引)
  • 国内ETF、国内リートを含む
  • 弊社取扱いの公募増資・売出(PO)/立会外分売、新規公開株式(IPO)は対象外。
  • 貸株サービスは対象外。
→ジュニアNISA口座内で保有している株式の配当金も非課税となります。
  • 非課税の適用を受けるために配当金の受取方法を「株式数比例配分方式」へ変更された場合、18歳まで原則として払出できませんのでご注意ください。配当金受取方法の確認画面はこちらをごらんください。
  • 証券会社を経由しない方法にて配当金を受け取られる場合、課税となりますが払出可能になります。
■ 投資信託
・原則、楽天証券で取り扱っているすべての株式投資信託が対象。(一部例外あり)
  • 口数指定買付のみ可能な銘柄は対象外となります。一覧はこちらPDF
・投信積立のご利用も可能
  • ジュニアNISA口座内の保有ファンドから発生する分配金に掛かる税金も非課税の対象となります。お手続きは必要ございません。
  • 外貨建てMMFは対象外となります。
  • 株式取引(信用取引)、ETFS、先物オプション取引、FX(外国為替証拠金取引)、債券、貴金属は制度上、ジュニアNISAの対象外です。

チャネル

ジュニアNISA口座の
取引チャネル
■パソコン(PCウェブ)
■カスタマーサービスセンター
  • カスタマーサービスセンターのオペレーター取り次ぎによるお取引の場合、別途手数料がかかります。
    →詳しくはこちら
  • マーケットコールでのご注文は承っておりません。あらかじめご了承ください。
  • マーケットスピードならびにiSPEEDからはご注文できません。

わからないことはお気軽にNISA専用ダイヤルへ

NISA・マイナンバーに関するお問い合わせ先

フリーダイヤル 0120-106-298

携帯・PHS・050で始まるIP電話からは03-6739-3400(通話料有料)

受付時間:平日8:30~17:00(土日祝・年末年始を除く)


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券の口座をお持ちの方

NISA口座申込

よくあるご質問

お問い合わせランキング

紹介プログラム