らくらく担保とは

らくらく担保は、信用取引、FX取引、先物・オプション取引の保証金/証拠金管理機能の愛称です。
本機能により、各取引における保証金/証拠金の状況を簡単に把握することができるようになります。
また、取引に必要な現金、代用有価証券(以下代用)を預り金・保護預りから、各種取引口座へ自動で振り替えるよう設定することもできます。
らくらく担保の主な機能は次の3点です。

  1. 信用取引、FX 取引、先物・オプション取引で現物株式、投資信託を代用として利用可能!
  2. 現金(マネーブリッジ含む)、現物株式、投資信託の自動振替機能により、お客様の取引をサポート!
  3. 信用取引、FX取引、先物・オプション取引の余力、追証等を1つの画面で把握!
  • 2018年9月3日(月)のお取引から、信用取引で上記機能が利用可能となります。さらに2018年末から、FX取引、先物・オプション取引でも上記機能が利用可能となる予定です。

3分で分かるらくらく担保!

らくらく担保の特徴を動画で簡単に説明いたします。

らくらく担保の3つの特徴

保有資産を有効活用!株式と投資信託を代用として利用可能!

信用取引、FX取引、先物・オプション取引において現金はもちろん、現物株式、投資信託(受取型、再投資型)も代用として利用可能!

  • 投資信託は2018年9月3日(月)から代用に追加されました。
  • FX取引、先物・オプション取引での代用利用は2018年末より可能となる予定です。

注文に必要な現金、株式、投資信託を自動で振替え!

例えば新規建て時に、現金又は保有の国内株式もしくは投資信託を保証金/証拠金又は代用有価証券として各種取引口座へ必要な分だけ自動的に振替えができる機能を提供!
あらかじめ自動振替機能を設定いただくことにより、取引毎に各種取引口座への資金振替をおこなっていただく手間がなくなります。
また、「マネーブリッジ」を設定いただくと、楽天銀行の普通預金利用可能額から現金を振替えることも可能です。

  • FX取引、先物・オプション取引は2018年末から対応する予定です。

取引状況を1画面で簡単に管理!

信用取引、FX取引、先物・オプション取引の保証金率/維持率、現金、代用有価証券等の状況を1つの画面で確認可能!

  • FX取引、先物・オプション取引は2018年末から対応する予定です。

各商品の取引における主な変更点

信用取引、FX取引、先物・オプション取引について、下記の点が変更されます。

信用取引における主な変更点

2018年9月3日(月)より信用取引において、「預り金」と「信用保証金」の管理方法が変更になります。

8/31まで(一体型)・・・

「預り金」と「信用保証金」を合わせて管理。保証金率、信用新規建余力、現物買付可能額は、「預り金」と「信用保証金」を合わせて計算。

9/3から(分離型) ・・・

預り金」と「信用保証金」を別々に管理。現物買付可能額は「預り金」、信用新規建余力・保証金率は「信用保証金」を基に計算。

保護預りとは

取引口座の担保としていない資産は、「預り金・保護預り」として管理されることになります。「預り金」は担保となっていない現金を指し、「保護預り」は担保となっていない現物株式や投資信託を指します。

FX取引における主な変更点

FX取引は2018年末から、らくらく担保対応予定です。
詳細が確定次第、当社ホームページで公開いたします。

先物・オプション取引における主な変更点

先物・オプション取引は2018年末から、らくらく担保対応予定です。
詳細が確定次第、当社ホームページで公開いたします。

よくあるご質問

Qウェブログイン後の預り金がマイナスになっているのはなぜですか?
A

信用口座を開設済みのお客様が現物株式を購入した場合、下記のような振替が発生するため、一時的に資金がマイナスとなる可能性があります。
約定日に買付代金(※①)が預り金から保証金へ振替えられます。
また、受渡日には購入した株式と買付代金の交換が預り金を使って行われるため、受渡日時点の預り金から買付代金(※②)が控除されます。
実際に受渡日を迎えると株式が保護預りに入ってくると同時に、保証金にある買付代金(※①)と交換(差換)が行われ、株式は信用代用として信用口座に振替えられます。

例)現物株式を信用代用へ自動振替するお客様が100万円の株式を購入した場合

<約定日に発生する資金の流れ>
約定日に買付代金(※①)が預り金から保証金へ振替えられ、受渡日には購入した株式と買付代金の交換が預り金を使って行われるため、受渡日時点の預り金から買付代金(※②)が控除される。

<受渡日に発生する資金と株式の流れ>
株式が保護預りに入ってくると同時に、保証金にある買付代金(※①)と交換(差換)が行われ、株式は信用代用として信用口座に振替えられる。

Qらくらく担保リリース後、保証金率、信用余力が減っているのはなぜですか?
A

らくらく担保が始まると「保証金維持率」は「保証金率」へ表記が変更となり、預り金を含めず計算されます。また、2018年8月31日(金)時点で、以下のとおり預り金ならびに現物株式が信用口座へ振替えられるため、現金のみで信用取引をされていたお客様におかれましては、保証金率が30%となります。

現物株式:保有されている現物株式は全てこれまでどおり代用有価証券としてお預り
預り金 :(代用有価証券+保証金現金)が保証金率30%となるように振替え

Q保有している株式が移管可能数量に表示されないのはなぜですか?
A

代用有価証券の株式は移管できないため、移管可能数量には表示されません。
代用有価証券から保護預りへ振替後に移管手続きをしてください。
代用振替は、ウェブページログイン後、「入出金・振替」→「振替実行・代用状況」→「代用振替(現金・株式・投信)」からおこなってください。

Q現物株式の売却代金が現物買付可能額に反映されないのはなぜですか?
A

自動振替設定の「現物買付時の株式自動振替」で「信用代用」を設定されている場合、保護預りの現物株式、貸し株、NISAで保有している株式を売却した場合、受渡日前日まで、売却代金を使って現物を買付することができません。売却代金を使って現物買付ができるのは、受渡日からです。

Q信用取引していないのに、預り金から保証金現金へ振替されているのはなぜですか?
A

自動振替設定の「現物買付時の株式自動振替」で「信用代用」を設定されている場合、預り金から現物株式を買付された場合、現物買付相当額が自動的に保証金現金へ振替されます。

Q信用建玉を返済し利益が確定しましたが、預り金が増えないのはなぜですか?
A

信用建玉の決済損益は保証金で精算されます。
そのため確定した利益金は、受渡日に信用保証金現金に入ります。

Q投資信託を買付したら自動的に信用代用になりますか?
A

投資信託買付後、自動的に信用代用にはなりません。
自動振替設定「F:現物買付時の株式自動振替」にて、買付後自動的に信用代用にできるのは国内現物株式のみです。
ただし、自動振替の対象に投資信託を選択し、新規発注時の自動振替や未解消の追証に対する自動振替、保証金率の自動回復等の設定を行っている場合、投資信託が自動的に信用代用へ振替えられる可能性があります。

Q「らくらく担保」が始まると、信用取引の利用方法が変わりますか?
A

2018年8月31日(金)時点で信用取引口座を開設されているお客様は、今までどおりお取引していただけるよう、弊社にて自動振替の初期値設定をおこないます。初期値設定の詳細はこちら

Q「らくらく担保」はいつから始まりますか?
A

2018年9月3日(月)のお取引からです。

Q信用口座をすでに開設しています。何か手続きが必要ですか?
A

2018年6月22日(金)(予定)から告知される「信用取引に関する説明書・信用取引規定」の閲覧が必要です。弊社ウェブページログイン後、「設定・変更」→「お取引に関わる重要書面」 の取引説明書・約諾書閲覧のページから、最新の取引説明書をご確認ください。

QMARKETSPEEDやiSPEEDで取引できますか?
A

引き続き今までのバージョンでもお取引いただけます。
ただし、らくらく担保の新しい機能は、2018年9月2日(日)のメンテナンス後にリリースされる以下のバージョンアップ以降でご利用いただけます。

マーケットスピード:バージョン16.3以降
マーケットスピードfor Mac:バージョン2.8.0以降
iSPEED:バージョン6.4.0以降
iSPEED for iPad:バージョン2.18.0以降

  • iSPEED for iPad(Ver: 2.18.0) の提供は2018年9月中旬を予定しております。
QマーケットスピードVer16.3で、信用取引の保証金振替を行うにはどうしたらいいですか?
A

マーケットスピード:(1)「総合」 → (2)「保証金・代用振替」 → (3)「保証金振替」ボタン(弊社ウェブサイトの「保証金・証拠金振替」が起動します)

Qマーケットスピードで、信用取引の保証金/代用振替を行うにはどうしたらいいですか?
A

マーケットスピードをVer16.3へバージョンアップし、
(1)「総合」 → (2)「保証金・代用振替」 → (3)「保証金振替」ボタン(弊社ウェブサイトの「保証金・証拠金振替」が起動します)より振替が可能です。

Qマーケットスピードの総合の預り金がマイナスになっているのはなぜですか?
A

信用口座を開設済みのお客様が現物株式を購入した場合、下記のような振替が発生するため、一時的に資金がマイナスとなる可能性があります。
約定日に買付代金(※①)が預り金から保証金へ振替えられます。
また、受渡日には購入した株式と買付代金の交換が預り金を使って行われるため、受渡日時点の預り金から買付代金(※②)が控除されます。
実際に受渡日を迎えると株式が保護預りに入ってくると同時に、保証金にある買付代金(※①)と交換(差換)が行われ、株式は信用代用として信用口座に振替えられます。

例)現物株式を信用代用へ自動振替するお客様が100万円の株式を購入した場合

<約定日に発生する資金の流れ>
約定日に買付代金(※①)が預り金から保証金へ振替えられ、受渡日には購入した株式と買付代金の交換が預り金を使って行われるため、受渡日時点の預り金から買付代金(※②)が控除される。

<受渡日に発生する資金と株式の流れ>
株式が保護預りに入ってくると同時に、保証金にある買付代金(※①)と交換(差換)が行われ、株式は信用代用として信用口座に振替えられる。

Q「らくらく担保」のメリットはなんですか?
A

投資信託が信用取引の担保(代用)として利用可能になるため、今までより資金効率の良いお取引が可能になります。さらに、信用取引と現物取引の投資資金を分けて管理することができるため、それぞれ個別に取引する際には資金管理が便利になります。

Q代用有価証券の掛目は何%ですか?
A

代用有価証券の掛目は以下の通りです。

  • 現物株式 => 80%
  • 投資信託 => 80%

(代用有価証券掛目は銘柄により変更されることがあります。)
※(2018年9月3日(月)以降)

Q追証が発生しました。解消するにはどうしたら良いですか?
A

以下、いずれかの対応で即時に解消されます。(2018年9月3日(月)以降)

  • 入金後、預り金から信用保証金へ振替
  • 建玉を決済することにより、決済建玉の20%を追証解消に充当
  • 預り金、保護預りから信用保証金へ振替
Q不足金が発生しました。解消するにはどうしたら良いですか?
A

銀行等から現金を入金することで即時に解消されます。(2018年9月3日(月)以降)

なお、自動振替を設定することにより、解消期限の直前に、楽天銀行普通預金口座にある利用可能額(口座連携サービス「マネーブリッジ」の投資あんしんサービスを設定の場合)を自動で振替えることで全解消もしくは部分解消(楽天銀行利用可能額が解消額に満たない場合)します。

Q「らくらく担保」自動振替では何が振替えの対象になりますか?
それら振替における優先順位はありますか?
A
  • 自動振替の対象

自動振替の振替対象は、現金、国内株式、投資信託となります。
また、楽天銀行との口座連携サービス「マネーブリッジ」をご利用のお客様は、楽天銀行の普通預金口座にお持ちの利用可能額も、自動振替の対象としてご利用いただくことができます。

  • 自動振替の優先順位

自動振替の優先順位は以下の通りです。

現金→国内株式→投資信託→(マネーブリッジ設定済の場合)楽天銀行利用可能額

  • 国内株式や投資信託の商品区分内において、振替え可能な株式銘柄や投資信託が複数ある場合、振替優先順位は以下の通りです。

<国内株式> 1単元株数×株価×代用掛目の値が低い順から先に振替えられます。
ただし、貸株サービスにおいて、「すべて貸出す」(全貸)・「一部貸出さない」(一部未貸)に設定されている銘柄がある場合においては、設定されていない銘柄を優先して振替えを行います。
※単元未満株式は、自動振替対象外となります。

<投資信託> 1口あたりの基準価額x代用掛目が小さいものから振替えられます。振替は1口単位で行われます。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方