動画で解説!サービス開始時の注意点

サービス開始時点のご注意

2018年8月31日(金)時点で信用口座を開設済みのお客様へ

2018年9月3日(月)よりらくらく担保が開始されます。この機能により、投資信託を代用として利用可能となります。 また、信用取引と現物取引の投資資金を分けて管理することができるため、それぞれ個別に取引する際には資金管理 がしやすくなります。さらに、楽天銀行(マネーブリッジ)との連携強化により、自動入出金が今まで以上に便利になり ます。

お客様が保有している預り金・国内株式の取扱いについて

2018年8月31日(金)時点で、以下のとおり預り金ならびに現物株式を信用口座へ振替えます。
これにより、9月3日(月)以降もこれまでどおりお取引いただけます。

現物株式:保有されている現物株式は全てこれまでどおり代用有価証券としてお預り
預り金 :(代用有価証券+保証金現金)が保証金率30%となるように振替え

  • 代用掛目が0%の銘柄は保護預りとなります。
  • 投資信託は振替えいたしません。
  • 「保証金維持率」は9月3日(月)以降、「保証金率」と表示されます。

自動振替機能の初期値設定について

預り金・国内株式・投資信託を信用口座(保証金現金/代用有価証券)へ必要な分だけ
自動的に振替えができる機能(以下、「自動振替機能」)を提供いたします。
2018年8月31日(金)時点で、信用口座を開設済みのお客様には、以下のとおり弊社にて自動振替機能の
初期値設定を行います。この設定により、これまでどおりお取引いただけます。
自動振替機能を設定せずに9月3日(月)を迎えた場合、ご自身で都度振替えていただく必要がございます。
※自動振替機能の設定は、9月3日(月)以降、お客様の任意で変更が可能です。

自動振替機能の設定項目 弊社が設定する初期値
A:自動振替の対象 現金 対象
対象外
投信 対象外
B:新規発注時の自動振替 対象
C:未解消の追証に対する自動振替 対象
D:保証金率/維持率の自動回復 30%
※1
E:余力の自動引出 対象外
F:現物買付時の株式代用自動振替 信用代用
  • マネーブリッジ「投資あんしんサービス」で「信用維持率リカバリーサービス」をご利用のお客様は、その設定値が引き継がれます。

信用口座を開設されているお客様の中で、現物取引のみを行う場合

信用取引を行わないお客様でも信用口座を開設済みの場合は上記設定となるため、自動振替設定の「F:現物買付時の株式代用自動振替」が「信用代用」と初期設定された場合、買付けた現物株式は常に信用代用として信用口座に振替えられ、その売却代金も信用口座へ振替えられます。

買付けた現物株式を常に保護預りとし、売却代金を預り金でお受け取りになりたい場合は、受渡が完了していない注文が無い状態で、自動振替設定の「F:現物買付時の株式代用自動振替」を「保護預り」に変更してください。

また、信用代用を保護預りへ手動へ振替後、売却を行った場合、その売却代金は預り金として振替られます。

マネーブリッジ「投資あんしんサービス」をご利用のお客様

2018年9月3日(月)以降、従来までのマネーブリッジ「投資あんしんサービス」で提供している「信用維持率リカバリー」と「預り金不足自動振替」に加えて、「未解消の追証に対する自動振替」や「余力の自動引出」等の自動振替を任意で設定できるようになります。
これまでの投資あんしんサービスで提供していた各種設定項目、振替が行われる時間は、以下の通り変更されます。

変更前

投資安心サービスの詳細はこちら

変更後

サービス名:信用維持率リカバリーサービス
振替時間:毎営業日7時20分頃

保証金率がA%(設定値A)を下回った場合、B%(設定値B)に回復する相当金額を楽天銀行に請求します。

サービス名:保証金率等の自動回復
振替時間:毎営業日15時30分頃

保証金率がB%(設定値B)を下回った場合、B%(設定値B)に回復する相当金額を楽天銀行に請求します。

  • 「らくらく担保」開始に伴う自動振替の初期値設定については、上記設定値Bが引き継がれます。

サービス名:預り金不足自動振替サービス
振替時間:毎営業日7時20分頃

不足金額+C万円(設定値C)を楽天銀行へ請求します。

サービス名:追証/不足金解消の自動振替
振替時間:毎営業日15時30分頃

必要な金額(不足金額)のみを楽天銀行へ請求します。

サービス名:自動振替再請求サービス
振替時間:毎営業日15時頃

上記振替において、楽天銀行の残高不足等により、振替手続きが完了しなかった場合、再度銀行口座へ請求します。

楽天銀行からの振替は、必要な金額を振替可能な金額の範囲内で1度に振替えるため、毎営業日15時30分頃の1回になります。

2018年8月31日(金)時点で貸株サービス利用中のお客様へ

貸株サービスの変更点

2018年9月3日(月)以降の貸株サービスの変更点は以下の通りです。

◆信用口座開設済みのお客様

貸株は保護預りからのみ貸出しが可能となります。

  • 代用有価証券を貸株に振替える場合は、あらかじめ「保護預り」に振替えていただく必要があります。
貸株サービス 変更前 変更後
貸株あんしんサービス 設定した維持率を下回ると、すべての貸株が返却され、信用代用になります。 貸株あんしんサービスを終了します。ただし、「らくらく担保」では、「信用保証金・代用」⇔「預り金・保護預り」へ自動振替する機能を増強いたします。
保護預りに入ってきた株式の自動貸出 貸株の自動貸出はご利用いただけません。 保護預りに入ってきた株式の自動貸出が設定できるようになります。
  • 自動振替の対象に「株式」を選択していると、貸株の自動貸出は設定できません。
個別の貸出設定 各銘柄ごとに貸出数量を指定します。 以下の3通りの設定ができます。
  • すべて貸出す(全貸)
  • すべて貸出さない(未貸)
  • 一部貸出し(一部未貸)

◆FXもしくは先物・オプション口座開設済みのお客様(信用口座未開設)

貸株の貸出タイミングの変更に伴い金利付与の開始日が変更となります。

株式 変更前 変更後
新規買付銘柄を貸株する場合 約定日から起算して4営業日目の受渡日から自動で貸出され、その当日から金利が付与されます。
  • 自動貸出し設定「自動で貸出す」設定の場合。
約定日から起算して4営業日目の受渡日から自動で貸出され、その翌営業日から金利が付与されます。
  • 自動貸出し設定「自動で貸出す」設定の場合。
保有銘柄を貸株する場合 貸出設定日から起算して4営業日目から金利が付与されます。 貸出設定日の翌営業日から金利が付与されます。

期間指定注文に関する注意点

らくらく担保のリリースに伴い、以下の通り国内株式(現物・信用)の注文が制限されます。
また、各種サービスの停止期間がございます。

期間指定注文の指定日制限について

  • 2018年7月23日(月)夕方~8月31日(金)の大引け
    指定できる期間は、最長8月31日(金)まで。
  • 2018年9月2日(日)22時(予定)以降
    通常通り発注可能。
  • 上記の期間は変更となる場合がございます。変更になる際は、本お知らせに掲載いたします。

注文の受注停止、その他サービスの停止に関する注意点

国内株式(現物・信用)、立会外分売注文の受注停止期間

  • 2018年8月31日(金)の大引け~2018年9月2日(日)22時(予定)

貸株の新規貸出し停止期間(信用口座開設済みのお客様のみ)

  • 2018年8月31日(金)の15時半~2018年9月2日(日)22時(予定)

国内株式移管の停止期間

  • 2018年8月28日(火)15時~2018年9月2日(日)22時(予定)

単元未満株式の買取請求停止期間

  • 2018年8月23日(木)15時~2018年9月2日(日)22時(予定)

信用取引口座の審査停止期間

  • 2018年8月29日(水)~2018年8月31日(金)
  • 審査停止期間も信用取引口座の申込は受付ております。
    8月28日(火)以降にお申し込み頂いた場合、信用口座開設完了のご案内は9月4日(火)以降を予定しております。

各種取引チャネルの旧バージョンを利用した場合の、各画面に表示される保証金率(旧:保証金維持率)の違いについて

2018年9月3日(月)のらくらく担保開始から、「保証金維持率」は「保証金率」へ表記が変更となります。
また、各画面に表示されている保証金率についても、らくらく担保開始以降のバージョンと、それ以前のバージョンとで算出方法が異なります。
2018年9月3日以降、バージョンアップを行わずに各ツールをご利用になる場合は、ご注意ください。

<iSPEED>

対象画面 右記バージョン以前 Ver 6.4.0 以降
信用新規建 保証金維持率(リアル)
・リアル時価を使った信用口座のみの保証金維持率を表示

保証金率(リアル)
・リアル時価を使った信用口座、預り金や保護預りにある国内株式または投資信託(※1)、楽天銀行の利用可能額(※2)を合算した保証金率を表示

  • 1 自動振替設定(新規発注時)がONの場合
  • 2 自動振替設定(新規発注時)がON、かつマネーブリッジの自動入出金(スイープ)がONの場合
余力・維持率 保証金維持率(リアル)
同上
保証金率(リアル)
同上

<マーケットスピード>

<マーケットスピード for Mac>

対象画面 右記バージョン以前 マーケットスピード Ver 16.3 以降
マーケットスピード for Mac Ver2.8 以降
信用新規建

保証金維持率
・前営業日、またはリアル時価を使った信用口座、預り金や保護預りにある国内株式または投資信託(※1)、楽天銀行の利用可能額(※2)を合算した保証金維持率を表示

  • 1 自動振替設定(新規発注時)がONの場合
  • 2 自動振替設定(新規発注時)がON、かつマネーブリッジの自動入出金(スイープ)がONの場合

保証金率
・前営業日、またはリアル時価を使った信用口座のみの保証金率を表示

保証金維持率(リアル)
・リアル時価を使った信用口座のみの保証金維持率を表示

保証金率(リアル)
・リアル時価を使った信用口座、預り金や保護預りにある国内株式または投資信託(※1)、楽天銀行の利用可能額(※2)を合算した保証金率を表示

  • 1 自動振替設定(新規発注時)がONの場合
  • 2 自動振替設定(新規発注時)がON、かつマネーブリッジの自動入出金(スイープ)がONの場合
余力・維持率 保証金維持率(リアル)
同上
保証金率(リアル)
同上

譲渡益税の取り扱いについて

特定口座(源泉徴収有り)で信用決済益による譲渡益税が発生した場合、受渡日に預り金から源泉徴収税額が差し引かれます。

受渡日に保証金率が30%を上回っていれば、振替(引出)余力の範囲で保証金から預り金に振替えますが、
保証金率を30%を下回っている場合は、保証金を預り金に振替えることができないため、不足金が発生する場合があります。その際には、追加でのご入金が必要となります。

  • 現在、譲渡益税の取り扱いについては見直しをしております。
    詳細が決まりましたら、ホームページ上にてお知らせいたします。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方