CFD


CFD取引口座を開設されると、株価指数等をお取引できる【証券CFD口座】と、金・銀・原油などをお取引できる【商品CFD口座】が同時に開設されます。

お知らせ

CFDをはじめるには

CFD(差金決済取引)とは

CFDとは、Contract for Differenceの頭文字をとったもので、「差金決済取引」のこと。
人気のFXもCFD取引のひとつです。

CFDの特徴

  • 国内外の株価指数、各種商品先物が対象のため投資できる範囲が広い
  • FXと同様、レバレッジをかける商品のため、より少ない資金で大きな取引ができる
  • 「売り」からも取引ができるので、取引のチャンスが多い
  • 月曜日から金曜日までほぼ24時間取引可能
  • 銘柄によって取引時間が異なります。詳細はこちら

楽天証券のCFDはここがスゴイ

取引手数料が無料

CFDの取引手数料は何回取引しても0円

  • お取引の際にスプレッドが発生します。

取扱銘柄が充実

人気の株価指数CFD「日本225」「米国30」のほか、商品CFDも取扱い。

取扱銘柄について

取引口座 銘柄名
(日本語表記)
参照原資産/取引所 価格表示の例 1Lotあたり
の価額
レバレッジ
証券CFD JP225
(日本225)
日経225先物 / CME 25000.55円 株価指数×10 10倍
US30
(米国30)
NYダウ先物 / CME 30000.55ドル 株価指数×1
US500
(米国500)
S&P500先物 / CME 3499.55ドル 株価指数×1
NAS100
(米国NAS100)
NASDAQ100先物 / CME 12005.55ドル 株価指数×1
UK100
(イギリス100)
イギリスFTSE100先物 / ICE 6300.55ポンド 株価指数×1
GER30
(ドイツ30)
ドイツDAX先物 / EUREX 12500.55ユーロ 株価指数×1
EU50
(ユーロ50)
ユーロ・ストックス50先物 / EUREX 3300.55ユーロ 株価指数×1
商品CFD XAUUSD
(金)
金のスポット取引 1800.55ドル/トロイオンス 1トロイオンス 20倍
XAGUSD
(銀)
銀のスポット取引 23.555ドル/トロイオンス 10トロイオンス
USOIL
(原油)
WTI先物 / CME 44.555ドル/バレル 10バレル

MT4で自動売買が可能

世界中のトレーダーに親しまれている取引ツール「MT4」で取引ができます。

他の商品との比較

「FXや先物取引などとの違いは?」
比較しながらCFDの特徴を掴みましょう!

入出金・振替

CFD口座にダイレクトに入金できるほか、楽天証券口座内での振替も可能です。

口座開設から取引開始までの流れ

CFDの取引をはじめるには、以下のステップに従ってお手続きをしていただく必要があります。
楽天FX口座をお持ちのお客様は、最短1分でCFD口座開設が可能!

  1. STEP1
    CFD口座開設
  2. STEP2
    MT4ダウンロード
  3. STEP3
    CFD口座へ入金
  4. STEP4
    取引スタート!

CFD取引をはじめるにはFX口座が必要です

まずは口座開設!

文字サイズ

CFD取引のリスクと費用等について

CFD取引にかかるリスク

CFD取引は、お取引の対象となる銘柄の価格変動、金利相当額、配当相当額、価格調整額の支払い、各国の経済、社会情勢、金融政策、金融指標等の変動により損失が生じるおそれがあり、投資元本が保証されたものではありません。また、CFD取引は差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができるため大きな損失が発生する可能性があり、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。

CFD取引にかかる費用等

CFD取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各銘柄の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは銘柄ごとに異なります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。

証拠金について

株価指数CFDは個人口座、法人口座とも取引の額に対して10%以上、商品CFDは個人口座、法人口座とも取引の額に対して5%以上の証拠金が必要となります。

ご質問は
ありませんか?