楽天証券のNISAはもらえるポイントがスゴイ

楽天証券なら、対象の低コストファンドの残高に応じて、毎月ポイントが貯まります!対象ファンドは楽天証券のNISA口座で投資可能♪
また、それ以外のファンドでも、残高が一定基準に達したときにポイントがもらえます。
もらったポイントは楽天市場でのお買い物のほか、次の投資の購入代金としても使えます。
また、ポイントで投資信託や米国株式を購入すれば、楽天市場でのお買い物がポイントアップするSPU(スーパーポイントアップ)プログラムの対象になるので、資産づくりをしながらポイントがザクザクたまってお得です。

【新NISA対応】新制度つみたて投資枠の積立限度額の月10万円に対応 / 新制度つみたて投資枠に手続きなしで適用予定
楽天カードクレジット決済で積立額の0.5%~1%をポイント進呈(進呈率は積立銘柄やご利用のカードの種類によって変わります。)
楽天キャッシュ決済で積立額の0.5%をポイント還元(対象銘柄にかかわらず楽天カードからのチャージで)
【楽天ポイントで投資ができる!ポイント投資】もらった楽天ポイント(通常ポイント)は 1ポイント=1円で、株式や投資信託などの購入代金に充てられます。
さらにSPUで楽天市場のポイントが最大+1倍
残高ポイントプログラム/対象商品の残高に応じて、ポイントをプレゼント!
資産形成ポイント/基準残高を達成するとポイントをプレゼント!(残高ポイントプログラムの対象ファンドを除く)

楽天カードのクレジット決済でポイント進呈

楽天カードで投信積立すると、カードで決済された金額の0.5%分に相当する楽天ポイントが進呈されます。
カードの種類や投資信託の銘柄によっては最大1%のポイントが進呈されます。

詳しいプログラムの説明は以下をご覧ください。

詳しいプログラムの説明を見る

楽天キャッシュ(電子マネー)決済でもポイント進呈

さらに楽天キャッシュ(電子マネー)で投信積立しても、購入代金のチャージ額※の0.5%がポイントでもらえます。

※楽天カードからのチャージが対象

詳しいプログラムの説明は以下をご覧ください。

詳しいプログラムの説明を見る

最高毎月10万円のキャッシュレス積立ができるのは楽天証券だけ!

新NISAのつみたて投資枠の積立上限の月10万円をフルでキャッシュレス積立、フルでポイントが進呈されるのは、楽天証券だけです。※

※ 2023年6月16日時点、楽天証券調べ

毎月最大10万円までキャッシュレスで積立可能

新NISA全力応援!投信残高に応じてポイントプレゼント

楽天証券では、投資信託の保有残高に応じてポイントが貯まる「投信残高ポイントプログラム」を実施しています。対象となるファンドは、業界最低水準の運用コストを目指す※1以下のインデックスファンド6本です。

【対象ファンド】

  • 1 対象範囲:公募追加型株式投資信託(ETF、DC専用、投資一任向けを除く)における他社類似ファンド 。
    一般的に投資信託に係る運用コストとしては、信託報酬の他にも売買委託手数料やその他費用(保管費用等)など、投資信託財産を通じて間接的にご負担いただく費用があります。信託報酬率につき他社類似ファンドが引き下げを行った場合、当ファンドの信託報酬率も見直しを行い、業界最低水準にすることを目指します。ただし、これを実現することを保証するものではなく、また、他社類似ファンドが信託報酬率の引き下げを行った場合、業界最低水準ではない期間が存在する点、ご留意ください。

詳しいプログラムの説明を見る

その他にも、毎月末時点の投資信託の保有残高が、はじめて基準残高に到達した場合にポイント進呈するプログラムも実施中!

  • 一部、残高の対象外となるファンドがあります。プログラムの詳しい説明は以下をご覧ください。

詳しいプログラムの説明を見る

もらったポイントはポイント投資に使える

ポイント投資とは、楽天グループを利用して貯まったポイントを1ポイント=1円として、楽天証券で投資信託、国内株式(現物取引)、米国株式(円貨決済)、バイナリーオプションの購入代金として利用できるサービスです。

ポイント投資について詳しく見る

ポイント投資すれば、お買い物もお得になる

楽天証券でポイント投資をすると、楽天市場でのお買い物ポイントが最大+1倍!

楽天ポイントコースとマネーブリッジを設定のうえ(※1)、投資信託を当月合計30,000円以上(※2)のポイント投資で+0.5倍になります。 米国株式(円貨決済※3)でも当月合計30,000円以上(※2)のポイント投資で+0.5倍になります。

1ポイント以上利用したポイント投資がSPUの対象です。

  • 1 月末最終日の23:59時点で「楽天ポイントコース」と「マネーブリッジ」を設定している場合が対象です。 楽天証券では「楽天ポイントコース」と「楽天証券ポイントコース」があります。2018年8月31日以前に、楽天証券ですでに「楽天ポイントコース」を選択されている方も、会員情報連携の同意が必要なため、再度設定いただく必要があります。マネーブリッジを設定するには楽天銀行の口座を開設いただく必要があります。
  • 2 複数回に分けて合計30,000円以上のポイント投資をした場合も対象になります。
  • 3 米株積立および買付手数料無料海外ETFはSPU対象外です。

詳しいプログラムの説明は以下をご覧ください。

詳しいプログラムの説明を見る

NISAを始めるなら今がおすすめ!

楽天証券がはじめてのお客様

総合口座をお持ちのお客様

文字サイズ

あなたの人生にはいくら必要?お金を仕分けして投資に回せるお金を計算しよう

ご質問は
ありませんか?