現在地
ホーム > NISA(ニーサ):少額投資非課税制度 > ジュニアNISA > ジュニアNISAご注意点
  • NISA
  • ジュニアNISA

ジュニアNISAご注意点

  • NISA

NISA口座開設時のご注意点【重要】

ジュニアNISA口座は一人1口座だけ

  • ジュニアNISA口座は複数の金融機関で開設することはできません。一人につき1金融機関のみ開設することができます。
  • 万一、複数の金融機関で同時期に重複してジュニアNISA口座の開設を申込むと、
  • 第一希望以外の金融機関で口座が開設されてします。
  • ジュニアNISA口座開設に大幅に時間がかかる。くれぐれも、ジュニアNISA口座開設のお手続き(マイナンバー通知書の送付)は1社のみで行っていただきますようお願いします。
  • 金融機関の変更はできません。

お取引に関するご注意点

ジュニアNISA口座に一度入金されますと、商品を購入されなくてもジュニアNISA口座および課税ジュニアNISA口座ともに、18歳まで原則として払出しすることができません。

18歳までの払出し制限について

18歳までの払出し制限について

ジュニアNISA制度は、子どもの進学や就職等の「将来に向けた長期投資」を目的に創設された側面もあるため、「払出し制限」を設けることで、着実な資産形成を促すことが期待されています。
そのため、3月31日時点で18歳である年の、前年の12月末(高校3年生の12月末)までジュニアNISA口座(課税口座・非課税口座ともに)原則として払出しできません。
途中で払出す場合は、全部解約(ジュニアNISA口座の廃止)のみ可能であり、ジュニアNISA口座で受け取った過去の利益に対してさかのぼって全て課税されることになります。
ジュニアNISA口座で保有する上場株式や投資信託等の配当金・分配金・売却代金等は、払出し制限付きの課税口座で管理されます。払出し制限付き課税口座で、未成年総合口座で取扱う金融商品を運用することができます。

他の口座と損益通算はできません

ジュニアNISA口座内で発生した利益or損益と、未成年口座(特定/一般)で発生した利益or損益は、損益通算できません。
また、損失の繰越控除もできません。

非課税枠の再利用・繰越はできません

購入した年と同じ年に売却することで生じる空き枠を再利用することはできません。未使用の枠を翌年に繰り越すこともできません。

投資信託における特別分配金は非課税メリットなし

「特別分配金(元本払戻金)」は、そもそも非課税。ジュニアNISA口座においては、制度上のメリットは享受できませんので注意しましょう。

配当金受取方法は株式比例配分方式

上場株式等の配当金等を非課税で受け取るには、配 当金受取方法で「株式数比例配分方式(楽天証券の預り金・またはMRFに入金する)」を選択する必要があります。

わからないことはお気軽にNISA専用ダイヤルへ

NISA・マイナンバーに関するお問い合わせ先

フリーダイヤル 0120-106-298

携帯・PHS・050で始まるIP電話からは03-6739-3400(通話料有料)

受付時間:午前8時~午後6時(土日祝日・年末年始を除く)


楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

紹介プログラム