楽天証券で見つける x/2600 ~日本株×特徴的~

  • 本ページは、各運用会社より提供されたコンテンツを基に楽天証券にて作成しています。
  • x/2600とは

掲載日:2023年8月31日

POINT
  • 日本株は「PBR」や「著名投資家の投資行動」などをキーワードに上昇基調
  • その中で、特徴的な投資アイデアを取り入れたファンドが堅調に推移
    • アイデア①「高配当」をどこよりも追及
    • アイデア②「市場が気づく前に」割安で利益成長力のある銘柄へ投資

足元、日本株は主要株価指数が33年ぶりの高値をつけるなど、非常に強い動きとなっています。この背景には、東証がPBR1.0倍割れ企業へ株価を意識した経営を促した事や、投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイによる、日本の5大商社を買い増ししたことなどがあるとみられています。

楽天証券では、そんな日本株を投資対象としたファンドを約300本取り扱っています。今回はその中でも相対的に良好なパフォーマンスを残し、かつ「配当」をテーマに運用を行うファンドや、特徴的な銘柄選定プロセスを持つファンドを紹介させていただきます。

日本株のファンドへの投資を検討しているが、どれを選択すれば良いか悩んでいる方や、インデックスファンドには投資しているが、アクティブファンドに投資をすることでより高いリターンの獲得を狙いたい方などは、ぜひ参考にしてみてください。

どこよりも“高配当”を追求したシンプルなファンド

日経平均高配当利回り株ファンド

とことん“高配当”を追求!日経平均株価採用銘柄の中から、予想配当利回り上位30銘柄に投資を行います。

スポット購入 積立注文

参考動画

おすすめポイント

株式の人気ランキング上位に高配当銘柄が多数ランクインするなど、多くの人に選ばれている"配当"という投資アイディア。「日経平均高配当利回り株ファンド」は、そんな"日本の高配当"をどこよりも追求するため、日経平均株価採用の225銘柄の中から、予想配当利回り上位30銘柄を抽出して投資するシンプルな商品。その結果、ファンドの予想配当利回りは4.6%(2023年6月末時点)とどこよりも高水準を実現しています。

運用プロセス

  • 市況動向および資金動向等により、上記のような運用が行えない場合があります。

配当利回り比較(2023年6月末時点)

出所:Bloombergのデータ等を基に作成

  • 当ファンドの配当利回りは、日経NEEDSの構成銘柄の予想配当利回りデータを基に算出しています。
  • 表示桁未満の数値がある場合、四捨五入しています。
  • 上記はいずれも性質が異なるため、それぞれの配当利回りや最終利回りの値のみで優劣が判断されるものではないことにご留意ください。

長期のパフォーマンスは米国株式を大きく上回る

日経平均株価採用銘柄のうち、配当利回りの高い30銘柄(日経平均高配当30銘柄)に均等投資した場合のパフォーマンスは、日経平均株価株価やTOPIXだけでなく、米国の代表的な株価指数であるS&P500を大きく上回っています。

日経平均高配当30銘柄の投資シミュレーション

出所:Bloomberg、Refinitivのデータを基に作成 時点)2002年1月4日~2023年6月30日、日次

  • 日経平均に採用されている銘柄から、配当利回りの高い上位30銘柄を抽出。上位30銘柄に均等投資し、配当は再投資、毎年年末に銘柄リバランス。以後、1年毎に同様の投資を実施。
  • 上記はシミュレーションであり、実際の運用とは異なります。したがって、将来の運用成果を示唆・保障するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。計算期間が異なる場合は、結果が異なる点にご注意ください。

Q:「日本株は魅力がない」は本当なのか?

A:中長期の企業価値向上改革(PBR改革)などもあり、日本株は中長期的に保有いただけるアセットクラスと考えられます。

2023年1月から始まった東証による中長期の企業価値向上に向けた改革(PBR改革)は、上場する約3,300社に資本コストや株価を意識した経営を要請し改善策を促す内容で、その中で、PBR1倍割れは成長性が投資者から十分に評価されていないことが示唆される一つの目安と指摘しています。
高配当株≒低PBRでもあることから、当ファンドでは組入30銘柄中、21銘柄がPBR1倍割れの状態となっており、今後もPBR改革の恩恵を受けやすいポートフォリオであると考えられます。

組入銘柄一覧(2023年6月末時点)

出所:Bloomberg等のデータを基に作成

  • 各銘柄の予想配当利回りは日経NEEDSのデータを基に算出しています。表示桁未満の数値がある場合、四捨五入しています。原則として、比率は純資産総額に対する割合です。業種は、東証33業種で分類しています。

相対的に高いリターンを獲得するには、調査を通じて「市場が気づく前に」企業の成長力を見極める

明治安田セレクト日本株式ファンド(愛称:はじめくん)

当ファンドは、日本株式の中で、中長期的に成長が期待できる銘柄に厳選投資します。銘柄選定にあたっては、企業を取巻く経済・社会環境および事業環境の変化に対応して、 今後成長が期待できる産業分野の中から、継続して成長が期待できる質の高いと判断さ れる銘柄に厳選の上、中長期的な観点から投資します。ポートフォリオ・マネジャーによる企業訪問を重視した企業分析に基づき組入候補銘柄を選定し、リスク特性を考慮したうえで、業種・銘柄の分散を図りながらポートフォリオを構築します。日々の地道な調査・分析等を通じて銘柄を「セレクト」することにより、株価上昇の恩恵を享受できるものと考えます。

スポット購入 積立注文

基準価額・純資産総額の推移 期間:2000年12月27日(設定日)~2023年6月末、日次

  • ベンチマークは東証株価指数(TOPIX)です。東証株価指数および東証株価指数(配当込み)は設定日(2000年12月27日)前日を10,000として計算しています。※分配金再投資基準価額は信託報酬控除後のものであり、分配金実績があった場合に税引き前分配金を再投資したものとして算出しています。※基準価額の騰落率は税引前分配金を再投資したものとして算出しています。
  • 上記はあくまで過去の実績であり、将来の投資成果を示唆・保証するものではありません。
  • TOPIXは、株式会社JPX総研が算出する株価指数であり、日本の株式市場を広範に網羅するとともに、投資対象としての機能性を有するマーケット・ベンチマークで、浮動株ベースの時価総額加重方式により算出されます。TOPIXの指数値及びTOPIXに係る標章又は商標は、株式会社JPX総研又は株式会社JPX総研の関連会社(以下「JPX」といいます。)の知的財産であり、指数の算出、指数値の公表、利用などTOPIXに関するすべての権利・ノウハウ及びTOPIXに係る標章又は商標に関するすべての権利はJPXが有します。JPXは、TOPIXの指数値の算出又は公表の誤謬、遅延又は中断に対し、責任を負いません。本商品は、JPXにより提供、保証又は販売されるものではなく、本商品の設定、販売及び販売促進活動に起因するいかなる損害に対してもJPXは責任を負いません。

出所:ファクトセットのデータをもとに明治安田アセットマネジメント作成

ポートフォリオ・マネジャーの紹介

運用主担当者

永田芳樹 (ながた よしき)

工学部機械情報学科卒業。金融セクターのアナリスト、中小型株および大型株運用チームのポートフォリオ・マネジャー、ヘッジファンドのロングショート戦略など、20年以上一貫して国内株式の調査、運用に従事。2019年、明治安田アセットマネジメントに入社し、当ファンドの運用チーム主担当者(チームリーダー)に就任。

「初くん」の運用を担当している永田です。当ファンドは、国内株式(中小型株式を含む)のうち、中長期的に成長が期待できる割安な銘柄に厳選投資を行い、パフォーマンス向上を目指しています。
特に、中小型株式市場においては、特徴的な製品や独自のサービスを提供する成長性が高い銘柄が数多く存在すると考えています。市場ではまだ認知されていない銘柄に引き続き焦点を当てていきます。
これまでの投資経験とノウハウを活かし、企業訪問を通じた銘柄分析により、市場がまだ気づいていない利益成長力がある割安銘柄への投資機会を追求し、良好な運用成果を目指して引き続き努力してまいります。

市場がまだ気づいていない、割安で利益成長力があると判断した銘柄への投資を重視します

今後の成長が期待できる産業の中から、企業を取り巻く事業環境などの変化に対応し、中長期的な成長継続が期待でき、質が高いと判断される銘柄に厳選投資します。

中小型株と大型株の特徴を活かした銘柄選定と運用

  • 上記はあくまで過去の実績であり、将来の投資成果を示唆・保証するものではありません。また、上記の見解や見通し等は資料作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。

出所:明治安田アセットマネジメント作成

x/2600とは

楽天証券では、約2,600本の投資信託を取り扱っています(2023年7月時点)。しかし、それら全てを一つ一つ調べるということはなかなか難しいと思います。また、「良いファンド」の定義は個々で異なることなどから、何本の投資信託に投資を行うかもそれぞれ異なっていると思います。そのため、様々な切り口で投資信託をご紹介させていただくこの企画を通じて、多くの投資信託に出会い、より充実した資産形成を行うための1つのサポートツールとしてご活用いただけたら、との想いを込めています。

対象ファンド 3年リターン(年率)ランキング

1位

日経平均高配当利回り株ファンド

スポット購入 積立注文

2位

明治安田セレクト日本株式ファンド
(愛称:初(はじめ)くん)

スポット購入 積立注文

3位

新光日本インカム株式ファンド
(3ヵ月決算型)

スポット購入 積立注文

4位

日本好配当リバランスオープン

スポット購入 積立注文

5位

イーストスプリング・ジャパン
中小型厳選バリュー株ファンド

スポット購入 積立注文
  • 対象ファンドの抽出基準
    投信スーパーサーチにおける以下の条件で抽出し、3年リターン(年率)の上位ファンド
    • インデックスファンド除く
    • 資産タイプ:株式
    • 投資対象地域:日本
    • 決算頻度:毎月以外
    • 特定の企業およびそのグループ企業の株式のみを対象とするファンドは除外

(上記はいずれも2023年6月末時点)

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式
組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が円建て公社債
金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの
組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.40%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「買付手数料」:ファンドによって異なります。
保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用
「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。
ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。

毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について

投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。

毎月分配型ファンド・通貨選択型ファンドに関するご注意

投資信託に関する情報提供について

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。

ご質問は
ありませんか?