眠らせている外貨はありませんか? 外貨でらくらく運用“外貨建てMMF”

世界的な物価高(インフレ)を受けて、米国など多くの国で政策金利が引き上げられ、外貨で運用することの魅力が高まっています。

その中でも、比較的安全性の高い国債や社債で運用される外貨建てMMFは、塩漬けになっている外貨の置き場所としてだけでなく、外国株式への投資タイミングを図っている際の一時的な待機場所としてもご活用いただけます。

外貨建てMMFの最新の利回り 現在の直近7日間平均利回り(税引き前)

詳しく見る
米ドル建て 楽天・米ドルMMF(ノーザン) %
ゴールドマン・サックス %
ニッコウ %

南アフリカランド建て

インベステック %
トルコリラ建て SOMPO %
  • 当該実績は、過去のものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。また、税引き前の利回りを表示しております。
  • 米ドル建てMMFのノーザン、ゴールドマン・サックスおよびニッコウは、米国株式の直接買付や受取(外貨決済)にも対応いたします。
  • トルコリラ建てMMFの注文は毎営業日の13時に締め切ります。他の通貨建てMMFの注文は毎営業日の13時50分に締め切ります。注文の再開は全通貨とも14時20分となります。

外貨建てMMFの魅力

外貨建てMMFは米ドルなどの外貨建て債券などで資金を運用する投資信託の一種であり、投資対象は格付の高い短期の国債や社債が中心で、比較的安全性が高いことが特徴です。

また、毎日のインカムに応じて日々分配が行われ、その分配金は月末にまとめて再投資されるため、1カ月複利での運用が可能となります。

申込単位は、米ドル建てMMFの場合、当初申込が10米ドル以上1米セント単位、追加申込は1米セント以上1米セント単位と、少額からの買付・換金が可能です。

外貨建てMMFの魅力がたくさん!【安全性が高い】格付けの高い短期の公社債などで運用、【相対的に好利回り】海外の好金利を受け取ることに期待ができる、【1か月複利で効率的】日々の運用成果は毎月末に再投資、【少額から投資可能】10米ドルから投資可能、【気軽に出し入れ可能】申込の翌営業日から買付・換金が可能

いま、米ドル建てMMFに注目が集まる理由

注目ポイント1日米金利差に起因する好金利

米国はコロナ禍や地政学リスクの高まりの影響などから物価が高止まり(インフレ)しています。

そのため、足元、FRB(米連邦準備制度理事会)は、政策金利を5.50%(2024年5月時点)まで引き上げました。市場では2024年後半の利下げが予想されていますが、それでも日米の金利差は依然として大きく、米ドル建てMMFの利回りは相対的に魅力的な水準となっています。

  • 金利は各国における政策金利の誘導レンジ上限(2024年5月末時点)
    <日本>無担保コールレート翌日物
    <米国>FFレート

注目ポイント2通貨を分散して持つメリット

資源や食料品を輸入に頼っている日本では、為替が円安・米ドル高に振れると、輸入品の価格が上昇するほか、海外旅行なども割高になります。

通貨を分散して保有することで、為替レートの変動による保有資産全体への影響を抑制することが可能となります。

円安・米ドル高が進むと、輸入品などの価格が高騰→米ドル資産を保有していれば、円安の影響を抑制できる

注目ポイント3為替の変動リスクに備える

米ドル建てMMFを保有している間に、為替が円高・米ドル安方向に進むと、円換算の評価額が目減りしてしまうことには注意が必要です。

足元では、米ドル円の為替レートは大きく円安・米ドル高に振れてきましたが、今後、円安が進むのか、円高に反転するのかは予想が難しいものです。

しかし、下記図の通り、米ドル建てMMFから得られる利回りが年率4%とすると、1年間に約4%程度円高が進行しても為替損益はほぼ相殺されます。

例えば、1米ドル150円の時に100万円分の米ドルを購入し、米ドル建てMMF(利回り4%)に1年間置いていたとした場合、1年後に為替が5円程度円高に動いていたとしても、円換算した場合の損益はプラスマイナスゼロの水準となります。

  • 上記は税金や為替手数料は未考慮

外貨を保有しているだけでなく、外貨建てMMFを活用し、利回り分を積み上げておくことで、円高に進んだ際の円評価額の目減りを抑制することが可能です。

円からも買付可能!

外貨建てMMFは、外貨をお持ちでなくても円からの買付が可能となっています。

円からの買付を希望する場合、注文画面の決済通貨で「円で購入(円貨決済)」を選択し、購入金額に円の金額をご入力ください。

  • 円から買付をする場合、各通貨ごとに所定のスプレッド(手数料)がかかるためご留意ください。
    なお、楽天証券が提供するリアルタイム為替取引で米ドルを購入した場合、スプレッドは無料となります。

注文画面イメージ

日本円↔米ドル 為替手数料が大幅値下げ!

 外貨建てMMFのリスクと費用について

ノーザン・トラスト・米ドル・リクイディティ・ファンド(楽天・米ドルMMF)に関するリスク

ファンドの投資元本は保証されているものではありません。受益証券に関して、受益証券に帰属すべき運用または為替相場の変動等による損益は、すべて受益証券の投資者の皆様に帰属します。投資信託は預貯金と異なります。主なリスクとしては、「為替リスク」「金利リスク」「信用リスク」「市場リスク」「流動性リスク」などがあります。

  • 詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)の「リスク要因」をご覧ください。

ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド(日興USドルMMF)に関するリスク

ファンドは、主に外貨建の公社債や短期金融商品など値動きのある証券に投資します。組入債券などは、金利の変動や債券発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等で値動きするため、ファンドの純資産価額も変動します。また、ファンドの受益証券は、純資産価額が外貨建で算出されるため、円貨でお受取りの際には為替相場の影響も受けます。したがって投資元本を割り込むことがあります。ファンドは元金が保証されている商品ではありません。これらの運用による損益はすべて投資家の皆様に帰属いたします。ファンドの純資産価額の変動要因としては、主に「価格変動リスク」「金利変動リスク」「信用リスク」「為替リスク」などがあります。

  • 詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご覧ください。

ゴールドマン・サックス・米ドルファンド(GS米ドルファンド)に関するリスク

  • ゴールドマン・サックス・米ドルファンド(GS米ドルファンド)(以下、本ファンドといいます。)の受益証券の価額は、本ファンドに組入れられている有価証券の値動き等による影響を受けますが、これら運用による損益はすべて投資家の皆様に帰属いたします。
  • 本ファンドおよびマスターファンドは、外貨建て債券(短期金融商品等)への投資を行います。債券(短期金融商品等)の価格は、金利の変動や組入債券の発行体の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により上下するため、場合によっては1口当り純資産価格が元本を下回ることがあります。また、1口当り純資産価格が外貨建てで表示されますので、当該通貨建てでは投資元本を割り込んでいない場合でも、為替相場の変動により、円換算ベースでは損失を被ることがあります。
  • 上記は過去の実績であり、将来の成果を保証するものではありません。
  • 本ファンドの取得のお申込みを取扱う場合には販売会社から「投資信託説明書(交付目論見書)」をあらかじめまたは同時にお渡ししますので、必ずお受取りの上、詳細は「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。
  • お申込みに際しては、販売会社から「外国証券取引口座約款」をお渡ししますので、よくお読みください。

ホライズン・トラスト-南アフリカ・ランド・マネー・マーケット・ファンドに関するリスク

当ファンドは、主に債券を投資対象としますので、組入債券の価格の下落や、組入債券の発行会社の倒産や財務状況の悪化、金利の変動等の影響により、受益証券一口当たり純資産価格が下落し、損失を被ることがあります。
当ファンドの純資産価額は外貨建てで算出されるため、また、組入債券は外貨建てですので、為替の変動により損失を被ることがあります。したがって、ご投資家の皆様の投資元金は保証されているものではなく、受益証券一口当たり純資産価格の下落により、損失を被り、投資元金を割り込むことがあります。

  • 詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご覧ください。

マルチ・ストラテジーズ・ファンド - トルコリラ・マネー・マーケット・ファンドに関するリスク

投資者は、受益証券の価格は上昇する場合もあれば下落する場合もあることを認識しておく必要があります。サブ・ファンドへの投資は相応のリスクを伴います。投資運用会社および/またはその委託先は、サブ・ファンドの投資目的および投資方針の制約の範囲内で損失の可能性を最小限にするよう企画された戦略を実行する予定ですが、かかる戦略が実行されるという保証、または実行された場合でも成功する保証はありません。投資判断や市況にかかわらず、サブ・ファンドの費用構造によって受益証券1口当たり純資産価格は下落する可能性を常に有しています。受益証券の流通市場が存在する可能性が小さく、そのため受益者は、保有する受益証券を買戻しの方法でしか処分することができません。投資者は、自身のサブ・ファンドへの投資額の大部分またはすべてを失う可能性があります。したがって、各投資者は、サブ・ファンドへの投資に伴うリスクを負担することができるか否かを慎重に検討する必要があります。
純資産総額は、サブ・ファンドの投資対象の価格の変動および為替の変動の影響を受けます。サブ・ファンドの投資対象から生じるすべての損益は、投資者に帰属するものとします。受益者の投資額の元本は保証されていません。
以下のリスク要因に関する記載は、サブ・ファンドへの投資に伴うリスクについて完全に説明したものではありません。サブ・ファンドへ投資するリスクは以下を含みます。

  • 詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご覧ください。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式
組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が円建て公社債
金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの
組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.40%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「買付手数料」:ファンドによって異なります。
保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用
「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。
ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。

毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について

投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。

毎月分配型ファンド・通貨選択型ファンドに関するご注意

投資信託に関する情報提供について

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。

ご質問は
ありませんか?