「お客様本位の業務運営」について

「お客様本位の業務運営」の宣言

楽天証券は、1999年の創業以来、日本の投資家を元気にすることを使命としてまいりました。
「お客様からの信頼が最大の価値」と認識し、常にお客様の立場を発想の原点とした質の高い仕事を心がけ、最良かつ革新的な投資サービスの提供に努めることを理念としております。
上記の理念を実現するため、あらためてここに「お客様本位の業務運営宣言」として以下の事項を宣言いたします。

お客様本位の業務運営宣言

宣言1. お客様のために、最良のサービス提供を目指します

宣言2. お客様がご自身にあった金融商品・サービスの選択ができるように努めます

宣言3. 金融商品・サービスに係る重要な情報について、お客様が理解できるよう分かりやすい説明を実施します

宣言4. お客様にご負担いただく費用については、公明正大に情報提供をします

宣言5. お客様との利益相反を徹底的に防止する措置を講じます

宣言6. 「お客様本位の業務運営」を実現するため、従業員研修その他の適切な動機づけの枠組みを整備いたします

それぞれの宣言内容につきましては、以下でその取組の詳細を明らかにするとともに、
今後の取組実績の定期的な開示を進めてまいります。

2017年6月9日
楽天証券株式会社
代表取締役社長 楠 雄治

各宣言の解説

「真のお客様本位」を目指す取り組みについて

2018年4月27日公開

楽天証券は、お客様の立場を発想の原点とした商品開発・サービス提供を行っております。
お客様本位の業務運営の実現にむけた、最新の取り組みやその状況をご紹介いたします。

2017年下期の主な取り組み

お客様の資産形成、資産運用のハードルを下げる取り組みとして

  • つみたてNISAの取扱を開始、取扱が業界最大となりました。
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)で保有する投資信託残高に応じ、楽天スーパーポイントプレゼントいたします。
  • 楽ラップの積立(自動増額)サービスを開始いたしました。
  • 出金機能の拡充により指定日出金や配当金の自動出金が可能になりました。

お客様への情報提供や取引ツールをより分かり易くする取り組みとして

  • 国内株式の現物・信用取引における「超割コース」の手数料を大幅に値下げしました。
  • PTS(私設取引システム)取引・SOR(複数市場で最良価格の自動売買を執行)注文により、より有利な価格で注文を執行できるようしました。
  • 株主優待銘柄の検索が簡単、便利になりました。
  • AIによる自動作成のニュースを配信を開始いたしました。
  • iSPEED 6、iSPEED FXがアップデート、パフォーマンス、見やすさ・使いやすさの改善をいたしました。

お客様からの信頼に基づく成長

楽天証券は、お客様の立場からの発想によるサービスを心掛け、お客様からの信頼を得ることで、お客様と共に成長を続けております。

総合口座数

総合口座数 261万口座
多くのお客様にご利用いただいています。

預り残高

預り残高 5兆252億円
お客様の貴重な資産をお預かりしています。

口座あたり預り資産

お客様に大切な資産を、確実に管理しております。

新規口座開設者
(2017年10月-2018年3月)

投資未経験の方の割合 66%
充実したサポートで初心者の方にも安心してご利用いただいています。

年齢別新規口座開設数
(2017年10月-2018年3月)

分かり易いご案内を心掛け、幅広い年齢層の方にお申込みをいただいています。

投資信託残高

スマートフォンからの投信注文やポイント投資など、より多くの方に始めやすい施策を行うことにより、残高が増加しております。

積立設定件数

少しずつ投資を始めたい方や、忙しくて注文時間が無い方にも、将来に備えた資産作りにご利用いただいております。

投資信託取扱本数

投資信託取扱本数 2,556本
ノロード率 50%
買付手数料が0円のノーロード投信も充実しており、多様な資産タイプからお選びいただけます。

NISA口座数

2014年から始まった非課税制度NISA
2018年から始まったつみたてNISAは、多くにお客様にご利用いただいております。

iDeCo口座数

2016年10月のサービス開始以来、長期資産形成の最初の一歩としてご利用頂いております。

楽天投信投資顧問取扱いシェア

2017年下期投信販売における
取扱金額 シェア 10%
楽天投資顧問との利益相反を適切に管理しています。

お客様が使い易い、分かり易いサービスの充実

お客様がストレスなく金融商品やサービスを比較検討でき、リスクや取引条件など重要な情報をいち早く得られるよう、ツールの提供や情報提供を行っています。

資産形成の機会の充実

2017年下期2018年からはじまった新たな資産形成支援制度「つみたてNISA」に対応しております。

楽天グループサービスでたまった「楽天スーパーポイント」を投資信託購入代金に充当できます。

投資信託の購入限度額を100円に引き下げ、小額からの資産形成をスタート。

税制優遇を受けながら、長期間の積立運用ができる「iDeCo」サービスをご用意いたしました。

2017年下期お客様に代わって自動で毎月、積立(増額注文)をするサービスを開始いたしました。

2017年下期出金機能拡充により指定日出金や配当金の自動出金が可能になりました。

資産形成・資産運用に関する情報の充実

新しい投資情報メディア

[お金と投資をもっと身近に」をテーマに、投資経済情報はもちろん、毎日の生活やライフプランなどのお役立ち情報を発信しています。

投資情報利用者数

毎日最新の情報をお届けするサービスをお客様にご利用頂いております。特にトウシル開始の2017年7月以降増加しています。

投資セミナー参加者数

お客様満足度 80%以上
リアルセミナーやネットセミナーに、2017年下期は10,000名近くのご参加をいただきました。

投資状況の分かりやすさのために

お客様がお取引頂いた投資信託について、投資来の取引状況・損益を一目でご覧頂けるサービスをご用意しています。

投資信託の新規お買付け時から算出基準日までの全期間を通じたトータルの損益金額をお知らせするサービスです。楽天証券では、現在保有分に加え、過去の保有分のトータルリターンが分かります。

ご面倒な税金の計算や確定申告を、簡単に手続きしていただけるよう、一般口座のお取引にかかる株式等の所得金額の計算を、WEB上で簡単に行っていただけるサービスをご用意しています。

お客様からのご要望にお応えし、複雑になりがちな資産状況を、より分かりやすいインターフェースの画面になるよう継続的なデザイン改善を行っています。

商品・サービスの選択しやすさのために

検索ツール

2017年下期様々な条件から銘柄の絞込みが可能になる株主優待検索の提供を開始いたしました。

2017年下期iSPEEDバージョン6.0をリリースいたしました。注文のシンプル化や背景色・文字サイズの変更ができます。

2017年下期チャート形状を分析して、25種類のトレンド分類する機能を追加いたしました。

「PER」「PBR」「ROE」「海外売上高比率」「経常利益」等、多彩な検索条件で銘柄を探すことがで きるサービスをご用意しています。
楽天証券のおすすめ検索条件による銘柄検索や、お客様の検索条件をMyスクリーナーとして登録可能です。

資産タイプや投資地域、トータルリターンなどの19の検索条件でお好みのファンドを探せるサービスをご用意しています。

ロボアド機能

投資信託を始められるお客様の声にお応えし、お客様の嗜好にあったファンドをロボアドバイザーがセレクトするサービス「ロボのぶくん」をご用意しています。
投資信託専用のアプリのような感覚でご利用いただけます。

お客様ご自身の資産の適切な配分を把握するお手伝いする取り組みとして、お客様がアンケートに答えるだけで、ロボがアドバイスするサービスをご用意しています。
お客様の「面倒くさい」「心配や不安」「わずらわしさ」を無くします。

経済情報アラート機能

2017年下期AI(人工知能)が自動生成した業績ニュースの配信を開始すること年ました。

株価・為替の変動要因をいち早く察知いただけるよう、各種経済指標をメールで受信できるサービスです。
国別、配信時間、指標をお客様でカスタマイズしていただくことができます。

リアルタイムでの情報を把握していただけるよう、株価が設定した値段にヒットしたり、気になる銘柄のニュースが届いた際、リアルタイムに通知される、便利な機能を搭載したスマートフォンアプリを提供しています。

投資信託のガイドライン

好実績のファンドを一目で見つけることができるランキング情報をご用意しております。

個人投資家の投票により最優秀8ファンドを決定しました。
お客様の投票をアワードの選考に反映するという新しい選考方法を採用した、効率的な運用実績を残してきた最優秀ファンドを紹介しています。

ファンドアナリストにより厳選された注目の10ファンドを紹介しています。

お客様ご負担費用の逓減に向けた取り組み

継続的に業務改善や効率化に取り組み、お客様にご負担いただく費用の逓減を行うことができました。

手数料引き下げによるご負担逓減

2017年下期 国内株式の現物・信用取引における「超割コース」の手数料を大幅に値下げしました。

2017年下期 PTS取引・SOR注文により、より有利な価格で注文を執行できるようしました。

2017年下期 米国株手数料引き下げ1取引当たりの最低手数料が5ドルになりました。

iDeCo運営管理手数料無料化
残高、積立額、期間にかかわらず、誰も条件なしで無料。

継続的な業務改善

株式委託手数料率(国内株式・ベーシス)

国内株式の委託売買代金に対する手数料の割合で、1ベーシス=0.01%です。当社では様々な取り組みによって、お客様にご負担いただく手数料の低減に努めております。

信用評価損益率(買い建)

当社のお客様は、二市場(東証・名証)の投資家の損益と比較して高い信用評価損益率です。

投資信託販売時手数料率
 

購入時手数料のかからないノーロード投信を拡大した結果、投資信託全体の販売額に対する手数料の割合は低減しております。

投資信託手数料別販売
(2017年10月-2018年3月)

ノーロードの割合 82%
購入時手数料0円のノーロード投信が多くの割合を占めています。

投資信託代行手数料率
 

保有中の費用が少ない投資信託の取扱いを積極的に拡大することにより、投資信託残高に対する代行手数料の割合は年々低減しております。

お客様にご満足いただけるサービス改善に向けた取り組み

初心者にもきちんと対応してくれるのか、問題を一緒に解決して取り組んでもらえるのか。そんなお客様のご期待にお応えできるよう、頂戴した貴重な声に学び、さらなるサービス改善に向けて会社全体で取り組んでいます。

2017年10月-2018年3月

受電件数 381,080件
受電率 79.2%
クレーム発生率 0.12%

楽天証券カスタマーサービスセンターは、サポートサービス業界のメンバーシップ団体HDI-Japanが実施している「問合せ窓口格付け」「Webサポート格付け」において、最高位評価の「三つ星」を受賞しました。引き続き、お客様にご満足いただけるサポート業務が提供できるよう、取り組んでおります。

お客様を支える従業員一人一人の教育・研修の取り組み

本宣言の主旨を全従業員が深く理解・認識し、高い倫理観を持って行動できるよう定期的な社内研修を実施し、プロフェッショナルとしての専門知識を習得するための資格取得の支援などの取り組みを行っています。
特に証券外務員資格とITパスポートは全社員の取得を目指しております。

資格 取得者 取得率
(2018年3月現在)
証券外務員資格保持者 358名 98%
ITパスポート(および同等以上技術)保有者 309名 88%
証券アナリスト 19名 5%
研修名  
「お客様本位の業務運営宣言」に関する朝会 2017年10月-2018年3月 22回
研修名 開催数 参加人数
業務関連研修 2017年10月-2018年3月 81回 のべ 2,915名
システム関連研修 2017年10月-2018年3月 4回 のべ 21名

信頼される企業になるための取り組み

お客様からのさらに高い信頼を得られる企業となることを目指し、インターネット証券会社として企業活動における各種情報を開示することで、社会的信頼の向上を図ることに取り組んでいます。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方