現在地
ホーム > 海外株式・ETF > 中国株式 > 入門講座 > 第7章 セクター紹介 自動車(上)~日米を抜き世界トップに躍進、乗用車が販売けん引~

第7章 セクター紹介 自動車(上)~日米を抜き世界トップに躍進、乗用車が販売けん引~

  • 中国株式

日米を抜き世界トップに

中国の自動車市場は09年、世界最大の規模に成長しました。同年の販売台数は、前年比46%増の1,364万台に拡大。日本や米国を上回り、トップの座を獲得したのです。10年も堅調な伸びを示し、販売台数は32%増の1,806万台に拡大。伸びは鈍化したとはいえ、11年は2.5%増の1,851万台、12年は4.3%増の1,931万台と4年連続で堂々の世界トップです。

乗用車が販売けん引

中国の自動車販売は、大部分が乗用車(セダン車)で占められています。09年の乗用車販売は48%増の747万台に膨らみ、10年も27%増の949万台と高成長が持続。11年は5%増の1,447万台と伸びがやや鈍化したものの、12年は7%増の1,550万台に拡大するなど、依然として業界のけん引役である点に変わりはありません。

2012年の自動車生産・販売状況

生産台数 台数 伸び率
全体     1927.18 4.6
  乗用車   1552.37 7.2
  商用車   374.81 ▲ 4.7
販売台数 台数 伸び率
全体     1930.64 4.3
  乗用車   1549.52 7.1
    一般乗用車 1074.47 6.2
    MPV 49.34 ▲ 0.9
    SUV 200.04 25.5
    クロスオーバー 225.67 ▲ 0.1
  商用車   381.12 ▲ 5.5

(出所:中国汽車工業協会、単位・万台、伸び率は前年比・%)

足元も成長が続く

13年になってからも、伸びが持続しています。乗用車の販売台数は4月以降、前年同期比で10%前後の伸びが持続する展開です。うち8月に関しては、自動車全体の販売台数が164万8,900台(前月比で8.7%増)に上りました。1~7月と比べて、伸びはやや鈍化したものの2ケタ成長が続いています。乗用車は中小都市を中心に需要の伸びが目立ちました。8月単月の販売台数は11.0%増の135万3,200台(前月比9.3%増)で推移しています。

1~8月の生産、販売台数は、それぞれ前年同期比12.4%増の1,401万2,200台、11.8%増の1,394万7,600台に拡大しました。うち乗用車は13.4%増の1,135万1,100台と13.1%増の1,125万6,000台、商用車は8.4%増の266万1,100台と6.7%増の269万1,600台に伸びています。13年の新車販売について、中国汽車工業協会は7%増の2,065万台に拡大すると予測しています。

一般乗用車販売トップ10

13年8月
  メーカー別 万台 モデル別 万台
1 一汽大衆 11.60 フォーカス 3.10
2 上海大衆 11.28 朗逸 2.92
3 上海通用 10.96 サジター 2.36
4 北京現代 5.73 パサード 2.22
5 東風日産 5.48 ジェッタ 2.20
6 長安福特 3.97 凱越 2.14
7 神龍 3.59 ボーラ 2.12
8 一汽豊田 3.59 クルーズ 2.07
9 吉利 3.08 サンタナ 2.06
10 東風悦達 2.98 セイル 1.98

(出所:中国汽車工業協会)

国策の追い風も受ける

業界団体の中国汽車工業協会は13年に入って、「自動車強国」に向けた戦略計画と指導意見の起草を進めている。国内自動車産業を育成し、長期的な目標を達成するためには、政府の戦略が必要だと指摘している。計画の目標には、◆2020年の国内新車生産・販売規模を2,700万~3,000万台に引き上げること、◆30年の国内新車生産・販売規模を4,000万台に引き上げること、◆30年までに国内自動車保有台数を1,000人当たり250台(台湾の水準、欧米各国より低い)に引き上げること、◆30年までに世界トップ10メーカーに入る中国企業2~3社を育成し、世界的な著名ブランド3~5種を生み出すこと――などが含まれる。

  • このリポートは、亜州IR作成の「中国株入門」を加筆修正したものです。

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?