現在地
ホーム > 海外株式・ETF > 中国株式 > 入門講座 > 第6章 セクター紹介 鉄道(下)~鉄道網拡充で車両生産・インフラ建設にも商機~

第6章 セクター紹介 鉄道(下)~鉄道網拡充で車両生産・インフラ建設にも商機~

  • 中国株式

香港に上場している鉄道関連銘柄には、本土鉄道運営会社の1社である【00525】広深鉄路(グァンシェン・レイルウェイ)、香港地下鉄運営の【00066】香港鉄路(MTR)、鉄道建設大手の【00390】中国中鉄(チャイナ・レイルウェイ・グループ)、【01186】中国鉄建(チャイナ・レイルウェイ・コンストラクション)、車両製造大手の【01766】中国南車(CSR)、その傘下の【03898】株洲南車時代電気(CSRタイムス・エレクトリック)などがあります。以下、広深鉄路、中国中鉄、中国鉄建、中国南車を取り上げてみましょう。

【00525】広深鉄路(グァンシェン・レイルウェイ)

広東省の幹線鉄道を運営する、唯一の香港上場企業です。営業延長は481.2キロ。広州~深セン間の普通、高速列車(香港直通を含む)や各省に乗り入れる長距離列車を運行しています。広州港、塩田港、蛇口港、赤湾港など広東省の主要港湾とも連結。広州市と香港九龍を結ぶ九広鉄道の関連事業は、香港九広鉄路公司と合弁運営です。07年、親会社が保有する羊城鉄路実業発展総公司(広坪鉄路の運営母体)を101億3,858万人民元で買収しました。

【0525】広深鉄路(グァンシェン・レイルウェイ)の業績推移

  売上高
百万人民元
純利益
百万人民元
EPS
人民元
配当
香港ドル
PER
2010年12月 13484.44 1486.06 0.21 0.09 19.05
2011年12月 14690.83 1804.1 0.25 0.1 16.00
2012年12月 15091.88 1318.93 0.19 0.08 21.05
  • 13年10月7日終値 4香港ドル基準

【00390】中国中鉄(チャイナ・レイルウェイ・グループ)

鉄道主体のインフラ建設大手です。売上高ベースで世界最大規模(12年は中国鉄建に次ぐ2位)。鉄道関連のインフラ土木工事を主力とするほか、不動産開発なども手がけています。H株指数の構成銘柄に採用されました。

【0390】中国中鉄(チャイナ・レイルウェイ・グループ)の業績推移

  売上高
百万人民元
純利益
百万人民元
EPS
人民元
配当
香港ドル
PER
2010年12月 456162 7398 0.35 0.055 11.53
2011年12月 442216 6690 0.31 0.048 12.74
2012年12月 465625 7354 0.35 0.052 11.59
  • 13年10月7日終値 4香港ドル基準

【01186】中国鉄建(チャイナ・レイルウェイ・コンストラクション)

鉄道インフラ建設の大手です。売上高ベースで世界最大規模(12年は中国中鉄を上回り首位)。08年には北京~上海を結ぶ高速鉄道「京滬高速鉄路」の工事を受注しました。海外進出。アジア、アフリカ、北南米、欧州など世界27カ国・地域で100件超の建設プロジェクトを請け負っています。12年6月、H株指数の構成銘柄から除外されました。

【1186】中国鉄建(チャイナ・レイルウェイ・コンストラクション)の業績推移

  売上高
百万人民元
純利益
百万人民元
EPS
人民元
配当
香港ドル
PER
2010年12月 470159 7398 0.34 0.1 23.53
2011年12月 457366 6690 0.64 0.1 12.50
2012年12月 484313 8479 0.69 0.11 11.59
  • 13年10月7日終値 8香港ドル基準

【01766】中国南車(CSR)

鉄道車両メーカー中国大手です。機関車、客車、貨車を中心に各種鉄道車両の製造を手がけ、北車集団と2社で国内市場を分け合っています。輸出も積極化。東南アジアやアフリカを中心に、30以上の国・地域に輸出しています。15年をめどに、海外売上比率を20%超に引き上げる方針とされます。一時は高速鉄道事故が逆風に。11年7月に浙江省温州市で発生した追突事故を受け、国務院は高速鉄道の建設計画を全面的に見直しました。新規案件の認可を一時凍結され、11年の鉄道固定資産投資額は大幅に縮小させています。ただ、地下鉄需要の拡大などが同社業績へのマイナス影響をやや緩和させました。

【1766】中国南車(CSR)の業績推移

  売上高
百万人民元
純利益
百万人民元
EPS
人民元
配当
香港ドル
PER
2010年12月 64132.39 2526.3 0.213 0.04 25.35
2011年12月 79516.95 3864.15 0.326 0.18 16.56
2012年12月 89019.44 4009.45 0.299 0.09 18.06
  • 13年10月7日終値 5.4香港ドル基準
  • このリポートは、亜州IR作成の「中国株入門」を加筆修正したものです。

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?