現在地
ホーム > 海外株式・ETF > 中国株式 > 入門講座 > 第7章 セクター紹介 自動車(下)~日系自動車メーカーの存在感増大~

第7章 セクター紹介 自動車(下)~日系自動車メーカーの存在感増大~

  • 中国株式

世界最大の生産・販売大国に成長した中国では、「民族ブランド車」、「海外ブランド車」がひしめいています。いまのところは、技術面やマーケットリサーチで優れる外資合弁メーカーが優位です。日本企業と提携するメーカー群を中心に、各社の動向をご紹介いたします。環境性能に優れた点がポイント。大気汚染の問題が深刻化するなか、燃費効率の良さ、排気ガス排出量の低さが売りといえます。

【00489】東風汽車集団(ドンフォン・モーター・グループ)

中国3大自動車メーカーの一角です。湖北省を拠点に、商用車38車種(トラック32、バス6)、乗用車28車種(セダン18、ミニバン5、SUV5)を生産しています。傘下の東風汽車(DFL)には日産自動車が、東風本田汽車にはホンダが、神龍汽車にはPSAプジョー・シトロエン(UG/ユーロネクスト)が各50%を出資しています。全体の販売台数は215万台超(12年)。車種別の販売比率は、乗用車が81%、商用車が19%(同)。中大型商用車事業の資本再編。13年1月、同事業で日産との合弁を解消す方針を打ち出しました。新たにボルボと共同で新会社を立ち上げ、海外展開のテコ入れを目指しています。

【00489】東風汽車集団(ドンフォン・モーター・グループ)の業績推移

  売上高
百万人民元
純利益
百万人民元
EPS
人民元
配当
香港ドル
PER
2010年12月 122395 10981 1.2745 0.18 9.04
2011年12月 131441 10481 1.2165 0.18 9.47
2012年12月 124036 9092 1.0552 0.15 10.92
  • 2014年1月21日終値  11.52香港ドル基準

【01122】慶鈴汽車(チンリン・モータース)

いすゞ系のトラックメーカーです。合弁パートナーのいすゞ自動車(7202/東証)から技術ライセンスの供与を受け、「Nシリーズ」の小型トラック(日本名「エルフ」)と「Tシリーズ」のピックアップトラックを生産しています。03年からは中型トラック「Fシリーズ」(重量9.5~21.5トン、日本名「フォワード」)の生産を開始しました。大型トラック、バン(多目的車)も出荷しています。いすゞと提携加速。12年6月、いすゞ自動車と合弁で大型商用車開発の新会社を設立すると発表しました。資本金は400万ドル。慶鈴汽車が25%、いすゞが75%を出資します。親会社の慶鈴汽車集団は、いすゞと合弁で部品子会社を設立。慶鈴汽車が使用する大型エンジンの主要部品を現地生産し、低コスト化を図っています。生産技術のライセンス契約。12年12月、いすゞとGXR、GXZ技術のライセンス契約を結びました。中国本土でGXR・GXZ車の生産・販売に乗り出します。

【01122】慶鈴汽車(チンリン・モータース)の業績推移

  売上高
百万人民元
純利益
百万人民元
EPS
人民元
配当
人民元
PER
2010年12月 6107.14 301.66 0.12 0.1 18.17
2011年12月 8148.83 353.65 0.14 0.12 15.57
2012年12月 6185.81 290.7 0.12 0.1 18.17
  • 2014年1月21日終値  2.18香港ドル基準

【01211】比亜迪(BYD)

小型自動車メーカーの大手です。充電池メーカーとして発足した後、携帯端末の組み立てや自動車の生産に参入。小型乗用車「F3」「F6」「F0」のほか、ハイブリッド・燃料電池車、電気自動車を生産・開発しています。09年5月にVW、10年3月にダイムラーと業務提携。ダイムラーとは、電気自動車研究開発の折半出資会社(資本金6億人民元)を設立しました。米著名投資家バフェット氏を戦略投資家に迎え入れています。09年に同氏傘下のミッドアメリカン・エナジーが出資し、株式約1割を保有している。本土上場。11年6月、A株の発行で約13億5,000万人民元を調達しました。電気自動車を投入。11年10月、「e6」を個人向けに発売した。

【01211】比亜迪(BYD)の業績推移

  売上高
百万人民元
純利益
百万人民元
EPS
人民元
配当
香港ドル
PER
2010年12月 46685.34 2523.41 1.11 0 33.06
2011年12月 46312.28 1384.62 0.6 0 61.17
2012年12月 44380.85 81.37 0.03 0 1223.33
  • 2014年1月21日終値  36.7香港ドル基準

【02238】広州汽車集団(グァンヂョウ・オートモービル・グループ)

ホンダ車、トヨタ車主力の自動車大手です。国内販売シェア約4%を占め、グループ全体で国内6位。中高級車種では約2割を占めています。乗用車の生産は、主として広汽豊田(トヨタとの合弁)、広汽本田(ホンダとの合弁)を通じて展開。傘下2社の売上寄与度が約9割を占めます。グループ年産能力は12年末時点で135万台(同年の販売台数は71万台超)。株式交換を通じて駿威汽車公司を吸収し、入れ替わる形で10年8月に香港公開しました。12年11月、民営大手の奇瑞汽車公司と戦略提携で合意。本土メーカー同士が提携する初ケースとなりました。A株に裏口上場。12年3月、広汽長豊汽車の全面買収を通じて上海A株市場に間接上場しました。その後、広汽長豊汽車を母体に「広汽三菱汽車」を新設、三菱との合弁が始動しています。

【02238】広州汽車集団(グァンヂョウ・オートモービル・グループ)の業績推移

  売上高
百万人民元
純利益
百万人民元
EPS
人民元
配当
人民元
PER
2010年12月 8742.34 4295.09 0.9192 0.2 8.77
2011年12月 10984.27 4271.7 0.69 0.2 11.68
2012年12月 12963.86 1133.98 0.18 0.09 44.78
  • 2014年1月21日終値  8.06香港ドル基準
  • このリポートは、亜州IR作成の「中国株入門」を加筆修正したものです。

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?