現在地
ホーム > 海外株式・ETF > 中国株式 > 入門講座 > 第5章 セクター紹介 ネット(下)~ネット各社はそろって高収益~

第5章 セクター紹介 ネット(下)~ネット各社はそろって高収益~

  • 中国株式

ネット利用者の増加にあわせて、ネット関連のビジネスを手がける大型企業も相次いで誕生。ポータル・サイトやモバイル・コンテンツ配信、オンラインゲーム、ネット取引を手がけるネット企業は足元で、軒並み高い収益を記録しています。

【00700】 騰訊HD(テンセント・ホールディングス)

「QQ」で知られる総合ネット企業大手です。ネット・モバイル付加価値サービス(VAS)、ネット広告、Eコマースなどを収益の柱としています。看板商品のインスタント・メッセンジャー(IM)「QQ」で築いた膨大な顧客基盤とブランドを背景に、ポータルサイト、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、ソーシャルゲーム、ミニブログ(微博)など次々と新分野を開拓してきました。スマホ向け無料メッセージアプリの好調が特に目立ちます。「微信(WeChat)」の登録ユーザー数は13年第1四半期に3億件を突破しました。セキュリティ大手と資本提携。11年、金山軟件(3888/HK)に16%出資しています。Eコマース強化。12年5月、Eコマースのプラットフォームとして騰訊電商を設立しました。


「QQ.com」のウェブサイト

【00700】 騰訊HD(テンセント・ホールディングス)の業績推移

  売上高
百万人民元
純利益
百万人民元
EPS
人民元
配当
香港ドル
PER
2010年12月 19646.03 8053.62 4.328 0.55 96.58
2011年12月 28496.07 10203.08 5.49 0.75 76.14
2012年12月 43893.71 12731.87 6.833 1 61.17
  • 13年10月2日終値 418香港ドル基準

【03888】金山軟件(キングソフト)

ソフト開発の中堅メーカーです。オンラインゲームとアプリケーションソフト(セキュリティーソフト、辞書ソフト、WPS オフィスなど)の開発、運営、販売を手がけます。ネットゲームでは「剣侠」シリーズなどが主力。アプリソフトでは、金山WPSオフィスが売れ筋になっています。ネット最大手の資本参加。11年7月、テンセント(700/HK)が16%出資したうえで、セキュリティーソフト分野で提携しました。足元では、モバイルネット会社への転身が注目材料。クラウドサービス子会社の金山雲(キングソフトクラウド)を12年初に設立したうえで、スマホ生産大手の小米科技、TV大手のスカイワース(751/HK)、IT機器大手の愛国者(aigo)などと戦略提携しました。12年11月には、金山雲が新興スマートフォンメーカーの小米科技から出資(9.87%)を受け入れています。このほか、WPSオフィスのモバイル版など、各種モバイル向けサービスも始めました。

【3888】 金山軟件(キングソフト)の業績推移

  売上高
百万人民元
純利益
百万人民元
EPS
人民元
配当
人民元
PER
2010年12月 971.39 372.48 0.3213 0.4 59.13
2011年12月 1020.5 324.72 0.279 0.1 68.10
2012年12月 1411.16 432.58 0.3715 0.11 51.14
  • 13年10月2日終値 19香港ドル基準

【00777】網龍網絡(ネットドラゴン・ウェブソフト)

オンラインゲーム開発の中堅メーカーです。主力商品の「魔域」は、中国のMMORPG(多人数参加型オンライン・ロールプレイングゲーム)業界を揺るがしたメガヒット作と呼ばれています。近年はモバイルネット事業に注力。スマートフォン向けアプリ「91シリーズ」、ゲームアプリの「91農場」や「91牧場」などを提供するほか、アンドロイド端末向け情報ポータルサイト「安卓網(www.hiapk.com)」を運営していました。ただ、この有力子会社は売却へ。13年7月、モバイル(スマホ)関連事業者「91無線網絡」の株式8,060万株(発行済み株式総数の57.41%)を百度に10億9,000万米ドル(84億6,000万香港ドル)で譲渡することで合意しています。急成長のスマホ向け事業を手放すことが嫌気されるなか、同月の株価は急落。ただ、一部では「継続事業のオンラインゲームの動向が明るいため、過度に悲観視する必要はない」とみる向きもあります。

【00777】 網竜(ネットドラゴン・ウェブソフト)の業績推移

  売上高
百万人民元
純利益
百万人民元
EPS
人民元
配当
人民元
PER
2010年12月 531.77 34.94 0.0664 0.07 301.20
2011年12月 760.97 135.16 0.2585 0.22 77.37
2012年12月 1108.34 39.17 0.076 0.35 263.16
  • 13年9月25日終値 20香港ドル基準
  • ※1 は楽天証券で非取扱い銘柄
  • このリポートは、亜州IR作成の「中国株入門」を加筆修正したものです。

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?