現在地
ホーム > 海外株式・ETF > 中国株式 > 入門講座 > 第10章 食品セクター(下)~高成長企業が揃い踏み~

第10章 食品セクター(下)~高成長企業が揃い踏み~

  • 中国株式

香港に上場する本土食品銘柄は、ほとんどが各分野を代表する大手メーカーです。ビールでは【00168】青島ビール(チンタオビール)や【00291】華潤創業(チャイナ・リソーシス)、乳製品では【02319】中国蒙牛乳業(チャイナ・モンニュウ・デイリー)、即席麺では【00322】康師傅控股(ティンイ・ホールディングス)、スナック菓子では【00220】統一企業中国(ユニプレジデント・チャイナ)や【00151】中国旺旺(ワンワン・チャイナ)、加工肉では【01068】中国雨潤食品集団有限公司(チャイナ・ユールン・フード・グループ)、があります。各業態とも成長期待が大きいのは(上)で述べた通りですが、以下、特に知名度が高い青島ビール、康師傅控股、中国蒙牛乳業、中国旺旺の概要を押さえておきましょう。

【00168】青島ビール(チンタオビール)

ビールメーカー中国大手です。主力の「青島ビール」は、華潤創業(291/HK)傘下の「雪花ビール」、北京HD(392/HK)傘下の「燕京ビール」とともに国内3大ブランドとされます。年産能力は約800万キロリットル。日本大手と戦略提携。08年に朝日ビール伊藤忠(中国)、煙台ビール集団の合弁会社(煙台ビール青島朝日に社名変更)に39%出資しました。「青島黒ビール」などを生産しています。これを機に、アサヒビールが青島本体に19.99%出資しました。販売量5割増の中期目標。11年6月、年間の生産・販売量を3年以内に1,000万キロリットルに引き上げる方針を打ち出しました。サントリーと提携。12年6月、サントリーの100%出資子会社である三得利(中国)投資有限公司との間で、ビール事業会社と販売会社を上海に折半合弁で設立することに合意しました。

【00168】青島ビール(チンタオビール)の業績推移

  売上高
百万人民元
純利益
百万人民元
EPS
人民元
配当
人民元
PER
2010年12月 19897.82 1520.48 1.125 0.180 39.40
2011年12月 23158.05 1737.92 1.286 0.260 34.47
2012年12月 25781.54 1758.86 1.302 0.400 34.04
  • 14年2月7日終値 57香港ドル基準

【00322】康師傅控股(ティンイ・ホールディングス)

即席めん、茶飲料で中国トップです。販売量ベースの市場シェアはそれぞれ44.1%、52.6%(13年6月)。台湾企業の頂新集団を母体とします。日系大手との関係も深いです。99年6月、サンヨー食品を大株主に迎え入れたほか、02年にアサヒビールや伊藤忠商事と合弁、05年にはカゴメと提携しました。08年11月には、親会社が伊藤忠から20%の出資を取り付けています。12年7月に「杭州カルビー食品公司」を合弁で設立すると発表。カルビーが51%、ティンイーが45%、伊藤忠商事が4%出資します。12年3月、米ペプシコの中国事業を取得。ペプシコの全額出資子会社FEBの中国本土ボトリング事業(24社)の持分を買い取りました。

【00322】康師傅控股(ティンイ・ホールディングス)の業績推移

  売上高
百万米ドル
純利益
百万米ドル
EPS
米ドル
配当
米ドル
PER
2010年12月 6681.48 476.78 0.0853 0.0427 30.01
2011年12月 7866.58 419.54 0.0751 0.0375 34.09
2012年12月 9211.85 455.17 0.0814 0.0322 31.45
  • 14年2月7日終値 19.82香港ドル基準

【02319】中国蒙牛乳業(チャイナ・モンニュウ・デイリー)

乳製品の中国大手です。酪農地帯の内モンゴル自治区を拠点とし、牛乳生産では国内首位。UHT(超高温滅菌)牛乳、ヨーグルト、アイスクリームなどを生産しています。牛乳・乳製品の販売シェアは約40%。09年7月、政府系食品グループ中糧集団(コフコ)が筆頭株主となり、国有グループ入りしました。外資導入が加速。12年6月、デンマーク乳製品大手アーラ・フーズの出資を受け入れたほか、13年5月には仏食品大手ダノンが資本参加を決定しています。粉ミルク中国大手を買収へ。13年6月、国内5位の雅士利国際 (1230/HK)に対する全面買収を提案。8月時点で出資比率を約90%に引き上げました。

【02319】中国蒙牛乳業(チャイナ・モンニュウ・デイリー)の業績推移

  売上高
百万人民元
純利益
百万人民元
EPS
人民元
配当
人民元
PER
2010年12月 30265.41 1237.27 0.71 0.160 40.31
2011年12月 37387.84 1589.27 0.91 0.198 31.45
2012年12月 36080.35 1257.14 0.71 0.160 40.31
  • 14年2月7日終値 36.8香港ドル基準

【00151】中国旺旺HD(ウォント・ウォント・チャイナ・ホールディングス)

台湾系の大手食品メーカーです。中国本土で「旺旺」ブランドの米菓子(せんべい類)、乳製品、その他菓子(キャンディー、ゼリーなど)を販売しています。台湾資本ながら本土シフトを進め、現地の売上比率が9割超に上ります。本土シェア7割(2位は4%未満)を握る米菓子が主力だが、近年は乳製品・飲料やその他菓子に注力。それぞれ売り上げの5割と3割を占めるに至りました。日系企業と関係良好。日本の岩塚製菓(2221/JASDAQ)と技術提携しているほか、11年11月には、傘下の南京大旺食品公司が森永乳業(2264/東証)から冷蔵食品の生産技術ライセンスを取得しました。ヨーグルトをはじめとする乳製品が対象。初回の権利金に加え、売上高に応じた技術使用料を支払っています。

【00151】中国旺旺HD(ウォント・ウォント・チャイナ・ホールディングス)の業績推移

  売上高
百万米ドル
純利益
百万米ドル
EPS
米ドル
配当
米ドル
PER
2010年12月 2244.11 358.42 0.03 0.0226 43.67
2011年12月 2946.5 419.45 0.03 0.0196 43.67
2012年12月 3358.65 553.81 0.04 0.0286 32.75
  • 14年2月7日終値 10.18香港ドル基準
  • このリポートは、亜州IR作成の「中国株入門」を加筆修正したものです。

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?