現在地
ホーム > 債券 > 国内債券 > 福岡市平成26年度第7回公募公債(既発債)

福岡市平成26年度第7回公募公債(既発債)

  • 国内債券

福岡市平成26年度第7回公募公債(既発債)

この銘柄の販売は終了いたしました。

販売条件(既発債)

正式名称 福岡市平成26年度第7回公募公債
格付け A1 (ムーディーズ・ジャパン)
利率(年率) 年0.102%(税引前)
利払日 6月26日、12月26日(年2回)
償還日/期間 2019年12月26日(木)/
額面 10,000円
価格 額面金額の% ※ 10:00時点
参考利回り(税引前) % ※ 10:00現在
販売単位 額面10,000円以上、10,000円単位での販売
  • 本債券は既発債であり、ご購入に際しては経過利子相当額の払込みが必要になります
  • 格付けは予告なく変更される場合があります。

地方債とは

国が発行する債券は「国債」と呼ばれますが、都道府県や市等の地方公共団体が、地方自治法に基づいて必要な資金を調達するために発行する債券を「地方債」といい、国債・政府保証債に次いで信用度、安全度が高いとみなされています。地方債は「○○市債」、「○○県債」などとよばれています。

福岡市について

福岡市債の格付け
ムーディーズ・ジャパン A1

課税関係について

個人のお客様の場合、

  • 利子は、利子所得として源泉徴収(20.315%)のうえ、申告分離課税の対象となります。外国源泉税が課されている場合は、外国源泉税を控除した後の金額に対して国内で源泉徴収 されます。この場合には、確定申告により外国税額控除の適用を受けることができます。
  • 譲渡益および償還差益は、上場株式等に係る譲渡所得等として申告分離課税(20.315%)の対象となります。
  • 利子・譲渡損益及び償還損益は、上場株式等の利子・配当及び譲渡損益等との損益通算が可能です。また確定申告により譲渡損失の繰越控除の適用を受けることができます。
  • 今後税制が改正されれば変更になる場合があります。

国内債券のリスクと費用について

国内債券の取引にかかるリスク
債券は、債券の価格が市場の金利水準の変化に対応して変動するため、償還前に換金すると損失が生じるおそれがあります。また、債券を発行する組織(発行体)が債務返済不能状態に陥った場合、元本や利子の支払いが滞ったり、不能となったりすることがあります。
国内債券の取引にかかる費用
国内債券を、楽天証券との相対取引によって購入する場合は、購入対価のみお支払いいただきます(委託手数料はかかりません)。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?