ネット証券なら楽天証券。株、FX、投資信託のオンライントレード

NISA口座申込み受付中!

ヘッダーメニュー
補助メニュー

注目!最新情報 国内株式(売買)&海外ETF(買付)の取引手数料が実質0円 口座開設とお取引でポイントプレゼント

現在地
ホーム > 債券 > 外国債券 > 経過利子

経過利子

  • 外国債券

利付債を既発債として売買するとき、受渡日がその債券の利払日と異なる場合には、「買い手」は前回利払日の翌日から受渡日までの日数(経過日数)について、日割りで計算された利息相当分を「売り手」に支払います。この利息相当分を経過利子あるいは経過利息と言います。

経過利息発生イメージ図

  1. 「買い手」は「売り手」に受渡日までの経過利子(1)を支払う。
  2. 「買い手」が次回利払日まで債券を保有していた場合、経過利子(2)を受取る。
  3. しかし、買付け時に経過利子(1)を支払っているため、実質経過利子は経過利子(3)(当該債券の保有期間相当)になる。

例えば、年に1回、3万円の利息が付く利付債を、前回の利払いから1年間(365日)のうち180日過ぎたところで売買する場合には、経過利子は3万円×180日÷365日=14,795円になります。(税金は考慮していません。)

このように、経過利子を買い手が売り手に支払うことによって、債券の買い手と売り手が利息の受け取り面でそれぞれの保有期間に対して公平に調整されることになっています。

外国債券のリスクと費用について

外国債券の取引にかかるリスク
債券は、債券の価格が市場の金利水準の変化に対応して変動するため、償還前に換金すると損失が生じるおそれがあります。また、債券を発行する組織(発行体)が債務返済不能状態に陥った場合、元本や利子の支払いが滞ったり、不能となったりすることがあります。
外国債券(外貨建て債券)は為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じたり、債券を発行する組織(発行体)が所属する国や地域、取引がおこなわれる通貨を発行している国や地域の政治・経済・社会情勢に大きな影響を受けたりするおそれがあります。
外国債券の取引にかかる費用等
外国債券を購入する場合は、購入対価のみお支払いいただきます(委託手数料はかかりません)。また、売買における売付け適用為替レートと買付け適用為替レートの差(スプレッド)は債券の起債通貨によって異なります。

口座開設+各種取引でポイントプレゼント

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

楽天会員でない方はこちら

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

ソフトウェアキーボード

閉じる

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        
a b c d e f g h i j
k l m n o p q r s t
u v w x y z        
1文字削除 クリア 閉じる

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?