1万円で買える!米国株 高配当銘柄!

1万円で買える!米国株 高配当銘柄!

ポイント!
  • 米国株式は1株から取引可能
  • 配当利回りが4%を超える銘柄なども、1万円以下で購入できます!
  • 平成の30年間でNYダウ指数は10倍以上に

米国株式は1株から取引可能

国内株式は100株単位で購入する必要があります。そのため、何か良い銘柄を発見したとしても、数十万円ほどのご資金が必要になる場合もあります。

一方、米国株式は1株単位で購入できます。たとえば、配当利回りが6%を超える米国の大手通信会社AT&Tの場合、約3,700円から購入することができます!

7月に行われた最低手数料の引き下げで、少額投資でも「最低手数料」を気にすることなくお取引をすることができるようになりました。7月22日よりも前に前述のAT&Tを1株購入された場合は、最低手数料の5ドル(税抜き)がかかりましたが、現在の手数料(税抜き)は0.15ドルとなります。

  • AT&Tの例については、全て米国現地7月26日終値ベース、1ドル=108円換算。

配当利回りが4%を超える銘柄なども、1万円以下で購入できます!

米国株式市場では「S&P500指数」と呼ばれる、日本で言うTOPIXのような代表的な指数があります。また、その中で「25年(期)以上連続して増配してきた銘柄群」で構成される「配当貴族指数(S&P 500 Dividend Aristocrats Index)」というものもあります。

今回はその「配当貴族指数」の中から、配当利回りが高い順に5銘柄紹介したいと思います。

銘柄名 配当
利回り
円換算
購入金額
銘柄概要
アッヴィ
(ABBV)
6.42% 7,199円 アッヴィは研究型バイオ医薬品会社。同社の製品はリウマチ学、胃腸病学と皮膚科学等の慢性自己免疫疾患、血液癌を含む腫瘍学、C型肝炎ウイルス(HCV)とヒト免疫不全ウイルス(HIV)を含むウイルス学、パーキンソン病と多発性硬化症等の神経学的障害、甲状腺疾患と嚢胞性線維症関連合併症を含む代謝性疾患など治療のために使用される。
AT&T(T) 6.03% 3,651円 AT&Tは米国の通信・メディア大手。同社は消費者に無線および有線の通信、衛星テレビやブロードバンドサービスを提供する。また、同社のワーナーメディアセグメントでは、長編映画、テレビ、ゲーム、その他のコンテンツを物理的フォーマットおよびデジタルフォーマットで開発、制作、および配信する。
エクソンモービル
(XOM)
4.64% 8,092円 エクソン・モービルは世界的なエネルギー会社。同社の事業はアップストリーム、ダウンストリーム、化学、コーポレート、ファイナンシングを含む。アップストリーム事業は原油・天然ガスの探査・生産を行う。ダウンストリーム事業は石油製品の製造と販売を行う。化学事業は石油化学製品の製造・販売を行う。
ピープルズ・
ユナイテッド・
ファイナンシャル
(PBCT)
4.29% 1,786円 ピープル・ユナイテッド・ファイナンシャルは金融持株会社である。同社は2つの事業を運営し、商業銀行事業は商業用不動産貸付、商業用および工業用貸付、商業用預金の回収活動に従事する。小売銀行事業は、消費者向け貸出(住宅モーゲージおよび住宅担保貸付を含む)および消費者預金の回収活動を提供する。
カーディナルヘルス
(CAH)
4.29% 4,850円 カーディナル・ヘルスは、医療サービス及び製品を提供する会社である。医薬品セグメントにおいて、同社はブランド・ジェネリック医薬品、特殊医薬品、店頭のヘルスケア製品及び消費者製品を分配する。メディカルセグメントにおいて、同社は医療用・外科用・実験用製品を配給し、病院、外来手術センター、臨床検査所などにサービスを提供する。

出典:Bloombergのデータより楽天証券作成、米国現地7月25日終値ベース、1ドル=108円換算。

  • 上記は参考情報であり、特定の銘柄を推奨するものではありません。
  • 米国で配当に課税される場合、二重課税を調整する目的で、自ら確定申告をしていただくことで、一定額については外国税額控除を受けることが可能となります。

平成の30年間でNYダウ指数は10倍以上に

出典:Bloombergのデータより楽天証券作成。

  • 1989年1月9日(平成元年)の日経平均株価とNYダウ指数を100とした場合のパフォーマンス。

平成の30年間で日経平均がマイナスとなる中、NYダウ指数は約10倍になりました。

配当が比較的高い銘柄を買う場合にも、やはりマーケット全体が低迷している市場よりも、マーケット全体が上昇している米国株式市場の方が、より安心感を持って投資をできるのではないでしょうか。

魅力満載!米国株式取引をはじめてみよう!

  • 米国株式や楽天証券が提供するサービスの魅力、銘柄選びの参考情報、実際の取引方法については、以下のページで詳しく説明させて頂いております。ぜひ御覧ください!

【注意事項】

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。
本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

外国株式のリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク

外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。

外国株式等の取引にかかる費用

1回のお取引金額で手数料が決まります。
分類 取引手数料
米国株式 約定代金の0.45%(0.495%)・最低手数料:0米ドル・上限手数料:20米ドル(22米ドル)
中国株式 約定代金の0.5%(0.55%)・最低手数料:500円(550円)・上限手数料:5,000円(5,500円)
アセアン株式 約定代金の1.00%(1.10%)・最低手数料:500円(550円)・手数料上限なし
※()内は税込金額
※当社が別途指定する銘柄の買付手数料は無料です。
※米国株式の売却時は上記の手数料に加え、別途SEC Fee(米国現地取引所手数料)がかかります。詳しくは当社ウェブページ上でご確認ください。
※中国株式・アセアン株式につきましては、カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎの場合、通常の取引手数料に2,000円(税込2,200円)が追加されます。