第1回:毎月少しずつがもたらす効果

全5回で丸わかり! 投信積立特集

一括投資とどう違うの?どっちが得なの?
積立の仕組みを簡単に見てみましょう。

しょう子

投信積立で毎月一定額ずつ投資信託を買うなら、まとめて1回で買っても同じように思うんですが・・・積立で買う意味って、なんですか?

らく代

実際に存在する投資信託「JFザ・ジャパン」を例に見てみよう。2007年1月から5年間、月々1万円を積立た場合(投資額合計60万円)と、2007年1月に一括で60万円分購入した場合で比較して見ましょう。

■5年間の評価額の差を見てみよう!2012年1月時点での評価額の図

しょう子

同じ投資信託に投資してもかなりの差ができるんですね。

つまり、積立の方が有利ってこと?

らく美

積立で購入した方がいいなら、まとめて1回で買う意味ってあるの?
みんな、積立で買えばいいのに。

らく代

さっきのケースでは積立のほうが有利だったけど、投信の値動きによってはいろいろなケースが出てくるの。
今度は、さっきと同じ「JFザ・ジャパン」に2004年1月から5年間投資をした場合をみてみようね。

■積立が一括購入に比べて不利な場合もある2009年1月時点での評価額の図

らく代

必ずしも積立で購入するほうがリターンが得られるということではないんだね。

値下がりしたときは積立のチャンス!?

らく美

積立にしても、一括購入にしても、最終的には投資を始めたときよりも基準価額が上がらないと利益がでないんだよね?

らく代

積立の場合、投資を始めたときよりも基準価額が値下がりしても、利益が出るケースもあるのよ。
さっきと同じ「JFザ・ジャパン」に2006年1月~2011年1月まで投資するとこんな結果になるの。

■基準価額が下がっても利益の出ている例2011年1月時点での基準価額と2012年1月時点での評価額の図

らく美

基準価額は、2009年に値下がりした後、大きく回復したけど、2011年1月時点ではスタート時の基準価額まで戻っていないね。

らく代

一括購入の場合は、基準価額が下がっているから、2011年1月時点での評価額は損失になっていることはわかるわね。 でも、積立では利益が出ているの。 この違いは、「口数」の増え方に注目すると分かりやすいの。今度は、「JFザ・ジャパン」に2006年1月~2011年1月まで投資した場合を、口数に注目してみてみましょうね。

■基準価額が下がった時ほど保有口数を増やすチャンス!左軸:積立 一括右軸:基準価額 増加口数の図

投信積立は毎月少しずつ投資信託を一定額ずつ買い足していくので、保有口数はじわじわと増えます(濃青の折れ線)。
増加口数(緑の棒グラフ)は、投信積立で各月に何口増えたかを示しています。
「基準価額(水色の折れ線)」が下がっている時期に、「増加口数(緑の棒線)」が大きく増えていることがわかります。
一方、一括購入をした場合、最初に購入した口数から増減することはありません(ピンクの直線)。

らく代

積立のいいところは、基準価額が低いときにたくさんの口数を買って、基準価額が高いときには少ない口数を買うことよ。
このファンドのように値下がりした後、回復すれば、投資開始時より基準価額が評価額がプラスになることもあるの。

まとめ

らく代

基準価額が短期的に値上がりと値下がりを繰り返しながら、長期的に値上がりが期待できる場合は積立の「安いときにたくさんの口数を買える」効果が働いて、投資としては効率的なのよ。

全5回で丸わかり!投信積立 第2回:積立投資はタイミングフリー

文字サイズ

楽天カード新規入会&投信積立をクレジット決済でポイントプレゼント! 積立手数料(消費税込み)を全額ポイントバック!あなたの好きな銘柄を長期で積み立て!

総合口座をお持ちでない方

口座開設

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式
組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が円建て公社債
金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの
組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.40%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「買付手数料」:ファンドによって異なります。
保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用
「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。
ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。

毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について

投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。

毎月分配型ファンド・通貨選択型ファンドに関するご注意

投資信託に関する情報提供について

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。