現在地
ホーム > 海外株式・ETF > 中国株式 > 入門講座 > 第3章 売買の実際(上)~日本株との違い~

第3章 売買の実際(上)~日本株との違い~

  • 中国株式

中国株マーケットを概観していただいた次は、取引をどう行うのか具体的な売買方法を見てみましょう。以下、日本株との共通点、相違点を意識しながら、順を追ってお話しします。

立会時間

まず取引時間をご説明します。日本を含む海外の投資家が自由に投資できる対象は、第二章で述べたように香港株、上海B株、深センB株の3種(3市場)。香港と本土はともに、日本と1時間の時差があるため、立会時間もそれぞれ東京市場と異なります(下図)。ただ、それほど大きな差はなく、日本株とほぼ同時時間帯に取引を行うことができます。このことは、日本の夜間に市場が開く欧米マーケットと大きく異なる点。外国株でありながら、日本株と同じ感覚でトレーディングが可能。これが中国株取引のメリットです。

  月~金曜日 香港証券取引所 上海証券取引所 深セン証券取引所
プレ・オープニング 現地時間 9:00-9:30 9:15-9:25 9:15-9:25
(日本時間) (10:00-10:30) (10:15-10:25) (10:15-10:25)
前場 現地時間 9:30-12:00 9:30-11:30 9:30-11:30
(日本時間) (10:30-13:00) (10:30-12:30) (10:30-12:30)
後場 現地時間 13:00-16:00 13:00-15:00 13:00-15:00
(日本時間) (14:00-17:00) (14:00-16:00) (14:00-16:00)

ここで、中国株マーケット特有の制度である開場前のプレ・オープニング・セッション(寄り前取引)をご説明します。寄り前の一定時間に板寄せに準じた方式で執行される同取引は、一本値で仮の寄り値を決める制度です(実際に約定が成立)。これを経た後に通常の立ち会いが始まり、ザラ場方式の売買へと移行します。

上海、深セン市場のプレ・オープニング時間は日本時間の10時15分から25分まで。香港市場は同10時00分から10時30分までとなっています。

なお、いずれの市場も土曜、日曜、祝祭日が休場日。この点は日本と同様ですが、中国社会の正月(旧暦の新年)が1月末から2月初旬に訪れるなど、現地の祝祭日が日本と異なる点に注意する必要があります。

値幅制限

日本株と違う点として、値幅制限の制度が大きく異なることにも注意しておく必要があります。上海、深センの両市場は、制限値幅が前営業日の終値から上下10%。価格帯にかかわらず、ストップ高、ストップ安が一律で前日比±10%に設定されているのです。

一方、香港市場には驚くべきことに制限値幅がありません。したがって、大きな材料が出たときは、一日のうちに数十%の幅で値段が動くケースも起こり得ます。ただ、株価に大きな影響を与えるであろう材料が出る際、当該企業は取引所に申請し、自社株の取引を一定期間停止させることが可能です(稀なケースでは数年に及ぶ場合もあります)。ネガティブな例では、業績の大幅な悪化見通しや経営陣の訴追などがあり、ポジティブな内容では業績の大幅な好転見通しや大型 M&Aの発表などが挙げられます。

口座開設

日本国内で売買を行うためには、中国株を扱う日本の証券会社に専用の取引口座を開設しなければなりません。日本の証券会社は、どこでも中国株を扱っているわけではなく、各社ごとに取扱市場や取扱銘柄に違いもあります。また、利用可能な情報の種類や手数料の体系、注文の方式(店舗かネットかの違いなど)も各社によって様々――。したがって、投資家各人の目的にあわせた証券会社選びを行う必要があります。もちろん、複数の証券会社に口座を開いておくという投資家も少なからず存在します。

第3章(上)ポイント

時差1時間
  • 日本株とほぼ同タイムで取引が可能
立会時間
  • 香港のザラ場は、日本時間の10:30-13:00(前場)と14:00-17:00(後場)
値幅制限
  • 香港にはストップ高、安がない
口座開設
  • 証券会社によっては中国株を扱っていないところがある。
  • このリポートは、亜州IR作成の「中国株入門」を加筆修正したものです。

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?