現在地
ホーム > 海外株式・ETF > 中国株式 > 入門講座 > 第1章 中国株の魅力(下)~ 元高傾向が投資の追い風に ~

第1章 中国株の魅力(下)~ 元高傾向が投資の追い風に ~

  • 中国株式

元レート上昇のメリット多大

中国株マーケットを刺激する材料として、人民元の上昇が続いている点も見逃せません。元高が進むことは、元建て資産を多く保有する企業の資産価値を高めるほか、元レートの一段高を見込む海外ファンドの投資意欲を高めるからです。輸出企業の逆風になる場合があるものの、中国株マーケット全体にとってはプラス効果のほうが大きいといえます。

人民元レート(ドル/元)の推移(2005年7月~2013年10月)

先高感が続く

人民元の対米ドル相場は、為替制度改革を実施した05年7月以降、ほぼ一本調子の上昇を続けています。2013年10月の対ドルレートは6.12元前後で推移していることから、8年余りで約25%上昇した計算になります。

外貨準備が膨らむ状態では(13年6月末は3兆5,000億ドルで世界最大。2位の日本は1兆2,500億ドル)、今後も上昇圧力が強まるのは必至と考えられます。高度成長期の日本と同様、中国では自国通貨の長期上昇トレンドが続く局面です。

香港ドル建て銘柄にも間接メリット


香港の金融街(セントラル地区)(亜州IR撮影)

人民元が上昇した場合、本土の証券取引所に上場する元建て株式の価値が増加していくイメージは理解しやすいのですが、広い意味の中国株である香港上場の中国銘柄(次章「中国株マーケットの概要」を参照)は、はたして元高メリットを享受することができるのでしょうか――。

結論から言えば「イエス」です。
香港ドル建てで売買されるため、ともすれば元高による為替差益が得られないような気がするものの、営業でキャッシュ(人民元)を生み出し、元建ての資産(不動産など)を保有している以上、その企業の資産価値が上昇するのは当然のことと考えられます。株式が香港ドル建てで取引されるとしても、元レートが上昇すれば、投資した企業の資産価値が相対的に増加していくため、間接的なメリットがあるといえます。

隣人の成長で日本も豊かに

以上、中国経済や中国株マーケットの先行きに対する強気の見通しを述べてきましたが、「中国株ばかりがもてはやされて日本株が軽視されるのは腹が立つ」「尖閣問題がエスカレートしている今、中国株を買うのは敵に塩を送るようなものだ」などと考える必要はありません。中国の発展は、日本の経済にも多大のメリットをもたらすからです。

今や日本にとっては、中国が重要な経済パートナーになったと言うことができます。すでに2004年には、対中貿易の総額が対米のそれを抜いてトップに躍り出たくらいです。最大の貿易相手国が発展し続けることは、日本経済の成長を維持させる上で必須の条件――。逆に、中国が衰退するようなことになれば、こちらの経済や株式市場にマイナス影響が及ぶのは避けられないと言えます。

好むと好まざるとにかかわらず、今後の日本経済は中国の動向をにらみながら推移するはずです。幸いにも、当面は中国経済の持続的な成長が見込まれています。ある意味でわれわれは、日本に居ながら大なり小なりその恩恵にあずかることとなりましょう。

しかし、これを積極的に享受するためには、座して待つのではなく何らかの行動をとる必要があります。その典型は、まさに中国株への投資と考えられるのではないでしょうか。


北京五輪会場(亜州IR撮影)

第1章(下)のポイント

元高が株式市場を刺激
  • 人民元の対ドルレートは過去8年で25%上昇。元高の基調は海外資金の流入要因に
香港上場の中国銘柄にもメリット
  • 営業でキャッシュ(人民元)を生み出し、元建ての資産(不動産など)を保有している以上、その企業の資産価値が上昇する
  • このリポートは、亜州IR作成の「中国株入門」を加筆修正したものです。
    文中のグラフはすべてブルームバーグデータにて楽天証券作成

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?