損保ジャパン・グローバルREITファンド(毎月分配型)

ノーロード積立100円投資NISA

2019年07月19日更新(データ更新タイミング一覧)

基準価額 8,637 円 (7/19)
前日比 -1
前日比率 -0.01
純資産額 129.70 億円
前年比 -20.39
直近分配金 30 次回分配 8/13
  • 注文
  • 積立
  • お気に入り

【重要】本ファンドは、「毎月分配型」または「通貨選択型」の投資信託となります。お取引に際しては必ず「毎月分配型投資信託・通貨選択型投資信託に関するご注意事項」の内容をご確認の上、ご判断いただきますようお願いいたします。

分類別ランキング

値上がり率
ランキング
18位
(39件中)

その他のランキングを見る

【基準価額】 8,637円 (7/19)
【前日比】 -1円 (-0.01%)
【直近分配金(税引前)】 30
【次回分配日】 8/13

運用方針

「損保ジャパン-ハイトマン・グローバルREITマザーファンド」及び「損保ジャパンJ-REITマザーファンド」を通じて、日本を含む世界各国の金融商品取引所に上場または店頭登録されている不動産投資信託証券に投資する。不動産投資信託証券の実質組入比率は、原則として高位を基本とする。実質組入外貨建資産は、原則、為替ヘッジを行わない。

【運用(委託)会社】 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント
【純資産】 129.70億円
【楽天証券分類】 海外REIT(含む北米)-為替ヘッジ無し
  • 「次回分配日」は目論見書の分配日を表示しています。休業日の場合は、翌日以降の最初の営業日が分配日となります。
  • 運用状況によっては、分配金額が変わる場合、又は分配金が支払われない場合があります。
  • 注文
  • 積立
  • お気に入り
  • ポートフォリオに登録

詳細情報

【設定日】 2009.03.27
【償還日】 2024.09.13
【ファンド休日】 7/4、8/26
【決算日】 毎月13日
【クローズド期間】 ---
【設定来高値】 16,279円 (2010.04.30)
【設定来安値】 7,330円 (2018.03.26)
【申込価額】 お買付申込日の翌営業日の基準価額。基準価額は日々変動します。※投信休業日や国内・海外の休場により、約定日は遅れる場合がございます。
【申込単位】
  • 通常買付:100円以上1円単位
  • 積立:100円以上1円単位
  • ※積立の100円投資は証券口座またはクレジットカード決済のみ適用
【締切時間】
    15:00
【解約単位】
    1口以上1口単位
【ご換金】
    申込受付日から起算して5営業日目
【NISA口座での買付】 可能
【つみたてNISA買付可能】 不可
【分配金コース】 通常注文:受取型 / 再投資型
積立注文:受取型 / 再投資型
【手数料】
  • なし
  • 注)金融商品仲介業者(IFA)と契約のお客様は下記「IFA用手数料」が適用されます。
【運用管理費用(信託報酬)(税込)】 1.5606%
-(委託) 0.94284%
-(販売) 0.5346%
-(受託) 0.08316%
-(備考)
【ファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)】 1.5606%
【信託財産留保額】 0.3%
-(備考)
  • ご負担いただくファンドの費用は上記以外に掛かる場合があります。詳細については下記の「リスクと費用について」をご確認ください。

基準価額の推移

2019年07月19日 8,637円
2019年07月18日 8,638円
2019年07月17日 8,691円
2019年07月16日 8,685円
2019年07月12日 8,761円

分配金(税引前)の推移

決算日 分配金 落基準
2019年07月16日 30円 8,685円
2019年06月13日 30円 8,583円
2019年05月13日 30円 8,579円
2019年04月15日 30円 8,846円
2019年03月13日 30円 8,585円
2019年02月13日 30円 8,432円
2019年01月15日 30円 7,825円
2018年12月13日 30円 8,307円
2018年11月13日 30円 8,367円
2018年10月15日 30円 7,909円
  • 運用状況によっては、分配金額が変わる場合、又は分配金が支払われない場合があります。

ファンドスコア推移

評価基準日::2019/06/28

  • 当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、
  •   将来の運用成果等を保証したものではありません。
  • 注文
  • 積立
  • お気に入り
  • ポートフォリオに登録

リスクリターン(税引前)詳細

2019.07.12 更新

パフォーマンス 6ヵ月 1年 3年 5年
リターン(年率)  44.37  8.54  6.87  7.52 
リターン(年率)楽天証券分類平均  43.15  7.57  6.85  6.51 
リターン(期間)  20.15  8.54  22.07  43.72 
リターン(期間)楽天証券分類平均  19.64  7.57  21.99  37.08 
リスク(年率)  12.81  13.83  13.11  14.60 
リスク(年率)楽天証券分類平均  12.72  13.50  13.07  14.46 
ベータ(β)  1.00  1.02  1.00  1.00 
相関係数  1.00  1.00  1.00  0.99 
アルファ(α)  0.86  0.95  0.02  0.97 
トラッキングエラー(TE)  1.00  1.21  1.23  1.53 
シャープレシオ(SR)  2.94  0.66  0.57  0.57 
インフォメーションレシオ(IR)  0.87  0.78  0.02  0.63 

組入銘柄上位

順位 上位10銘柄 比率
ジャパンリアルエステイト投資法人    0.74% 
野村不動産マスターファンド投資法人  0.74% 
GLP投資法人              0.68% 
日本リテールファンド投資法人      0.63% 
日本ビルファンド投資法人        0.61% 
産業ファンド投資法人           0.55% 
ヒューリックリート投資法人        0.50% 
森ヒルズリート投資法人          0.47% 
ユナイテッド・アーバン投資法人      0.40% 
10  アクティビア・プロパティーズ投資法人   0.40% 
  • 「組入銘柄上位」や「組入比率」は、原則として、月次(または週次)レポートの情報を元に表示しておりますが、最新の情報については、月次(または週次)レポートをご確認ください。なお、月次(または週次)レポートが発行されていないものやファンド・オブ・ファンズ形式等、非表示となるものもございますので、ご注意ください。

組入比率上位

円グラフ

組入業種(上位) 組入比率
 各種REIT 30.3% 
 オフィスREIT 29.3% 
 工業用REIT 17.6% 
 店舗用REIT 17.0% 
 ホテル・リゾートREIT 2.6% 
 その他 3.2% 

組入比率(資産構成)

円グラフ

組入資産 組入比率
株式   
転換社債   
債券   
コール その他 5.0% 
その他有価証券 95.0% 
  • 注文
  • 積立
  • お気に入り
  • ポートフォリオに登録

運用(委託)会社とは

投資信託を運用する会社

閉じる

閉じる

純資産とは

ファンドに組入れられている資産をすべて時価評価したもの。ファンドの規模を示す数字として利用されます。

閉じる

閉じる

協会分類とは

(社)投資信託協会による投資信託分類に基づく分類です。

閉じる

閉じる

設定日とは

投資信託の運用が開始された日です。

閉じる

閉じる

償還日とは

ファンドの償還日です。

閉じる

閉じる

決算日とは

ファンドの決算日です。
※休日の場合、原則翌営業日が決算日となります。

閉じる

閉じる

クローズド期間とは

ファンドによっては、一定期間、換金(解約)できないものがあり、その解約できない期間のことです。なお、非表示のファンドはクローズド期間がありません。

閉じる

閉じる

設定来高値とは

ファンド設定来の高値です。

閉じる

閉じる

設定来安値とは

ファンド設定来の安値です。

閉じる

閉じる

申込価額とは

投資信託を売買なさる際に適用される取引単価です。
ファンドによって異なりますが、当日もしくは翌営業日または翌々営業日の基準価額が適用されます。

閉じる

閉じる

申込単位とは

ファンドのお申込単位です。

閉じる

閉じる

分配金コースとは

・受取型
分配金を現金として総合口座で受け取るコースです。

・再投資型
分配金を現金として受け取らず、決算日の基準価額で同じファンドを追加購入して再投資するコースです。

閉じる

閉じる

手数料とは

投資家が投資信託を購入する際に販売会社に支払う手数料です。

閉じる

閉じる

運用管理費用(信託報酬)(税込)とは

ファンドの運用や管理にかかる諸費用として信託財産の中から負担する費用。
ファンドの管理費用(信託報酬)に含まれます。

閉じる

閉じる

委託とは

説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文

閉じる

閉じる

販売とは

説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文

閉じる

閉じる

受託とは

説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文説明文

閉じる

閉じる

信託財産留保額とは

投資信託を途中で解約する際にかかる費用。委託会社や販売会社に渡るのではなく、解約代金からファンドの信託財産に戻されます。

閉じる

閉じる

リターン(年率)とは

指定期間の運用におけるファンド収益率を年率換算した値です。
{(現在基準価額-指定期間開始時※の基準価額)÷指定期間開始時の基準価額}÷当該期間(年)
で算出しています。なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。 週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日
なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います、また年率換算は複利で計算しております。

閉じる

閉じる

リターン(年率)楽天分類平均とは

指定期間の運用におけるベンチマーク収益率を年率換算した値です。
{(現在プライス-指定期間開始時※のプライス)÷指定期間開始時のプライス}÷当該期間(年)で算出しています。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日
なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います、また年率換算は複利で計算しております。

閉じる

閉じる

リターン(期間)とは

指定期間の運用におけるファンド収益率の値です。
(現在基準価額-指定期間開始時※の基準価額)÷指定期間開始時の基準価額
で算出しています。なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日

閉じる

閉じる

リターン(期間)楽天分類平均とは

指定期間の運用におけるベンチマーク収益率の値です。
(現在プライス-指定期間開始時※のプライス)÷指定期間開始時のプライス
で算出しています。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日

閉じる

閉じる

リスク(年率)とは

一定期間ごとのリターン(収益率)が、その指定した期間の平均値から、どれだけ乖離しているかを示す値です。数値が大きいほど収益の不確実性が高いことを意味します。ここでは週次リターンのばらつきを年率換算しています。週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。

閉じる

閉じる

リスク(年率)楽天分類平均とは

一定期間ごとのリターン(収益率)が、その指定した期間の平均値から、どれだけ乖離しているかを示す値です。数値が大きいほど収益の不確実性が高いことを意味します。ここでは週次リターンのばらつきを年率換算しています。週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。

閉じる

閉じる

ベータ(β)とは

株価指数などのベンチマークに対して、個別のファンドがどれぐらい敏感に感応し、連動した値動きを表す指標です。たとえば、あるファンドのβが0.9とすると、ベンチマークが10%変動すると、そのファンドは9%変動するということになります。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。

閉じる

閉じる

相関係数

2つの商品の間に見られる、値動きの関係を表す数値のこと。 相関係数はマイナス1~1までの範囲の数値で表され、相関係数がプラスの場合は収益率が同じ方向に動くことをあらわし、マイナスである場合には、反対方向に動くことを意味します。
相関係数が1に近いほどベータ値の信頼度は高く、0に近いほどベータ値の信頼度は低いと言えます。信頼度は以下を参考にしてください。
0.8 ~ 1.0 非常に強い相関
0.6 ~ 0.8 かなり強い相関
0.4 ~ 0.6 やや強い相関
0.2 ~ 0.4 やや弱い相関
0.0 ~ 0.2 無相関
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。

閉じる

閉じる

アルファ(α)とは

ファンドの収益率を分析するときに、用いる数値の1つ。 あるファンドの収益率から、市場全体の動き(例えば日経平均株価など)に連動したリターンを表すベータ値を差し引いたものです。運用者の判断によって、市場全体の動きと連動しない投資を行ったことによって得られるリターンを表し、運用者の運用能力を図る指標ともいえます。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

閉じる

閉じる

トラッキングエラー(TE)とは

ファンドが目標とするベンチマークと、実際のポートフォリオを比べ、リターンがどれだけ異なっているかを表す数値のこと。
インデックスファンドの場合は、トラッキングエラーが小さいファンドが優れているとされます。インデックス運用においては、このトラッキングエラーの極小化を目指します。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

閉じる

閉じる

シャープレシオ(SR)とは

リスクを調整した後の収益率(すなわち超過収益率)で評価する方法の最も一般的な指標です。
シャープ・レシオは、負担するリスク1単位あたりで得られるリターン(超過リターン)の大きさを表します。例えば、リターンが同じファンドA、Bがあった場合、ファンドAがシャープレシオが大きいとすると、ファンドAのほうがファンドBよりも少ないリスクでリターンをあげたことになり、 シャープ・レシオの数値が大きいほど、それだけ小さなリスクで高いリターンを獲得できたと評価されます。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

閉じる

閉じる

インフォメーションレシオ(IR)とは

投資信託の運用成績を測るための一つの指標で、アクティブリターン(ベンチマーク以上のリターン)を得るために、どのくらいアクティブリスク(ベンチマーク以上のリスク)が取られたかを測る指標です。
一般に、リスク調整後のリターンを意味し、高い方がよいとされ、 アクティブ運用を行うファンドマネジャーの運用能力を判断する指標となり、「1」を超えると、そのファンドマネジャーの運用能力が高いと評価できます。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

閉じる

閉じる

組入銘柄上位

株式の組入の上位10銘柄を表示しております。

閉じる

閉じる

組入比率上位

国内株式の組入の上位5業種を表示しております。

閉じる

閉じる

組入比率(資産構成)

資産構成別の比率を表示しております。

閉じる

閉じる

ファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)とは

ファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)は、当該ファンドの運用・管理にかかる諸費用の他、投資先の信託報酬を含めた実質的な信託報酬を表示しています。ファンドの管理費用(含む信託報酬)は、保有期間中、信託財産から日々間接的にお支払いする費用です。別途お支払いいただくものではありません。

閉じる

閉じる

直近分配金とは

直近に分配された分配金額です。

閉じる

閉じる

分配日とは

次回の分配予定日です。必ず分配金が出ることを保証するものではありません。

閉じる

閉じる

締切時間

記載された時間までのご注文を当日分のご注文として承ります。記載時間を過ぎてからのご注文は翌営業日のお取扱いとさせていただきます。

閉じる

閉じる

解約単位

ご解約のご注文を行なっていただける最小単位です。

閉じる

閉じる

ご換金

ご換金いただいた資金の受渡日のことです。ファンドによって資金の受渡日が異なります。

閉じる

閉じる

ファンド休業日

土曜、日曜、日本の祝日以外のお買付・ご解約の注文を受付けない日のことです。ファンド休日に承ったご注文は、翌営業日のお取扱いとさせていただきます。

閉じる

閉じる

NISA口座(非課税口座)での買付

NISA口座(非課税口座)での買付可否を示します。

閉じる

閉じる

楽天証券分類について

「楽天証券分類」では、投資地域、投資対象などを、より詳細に分類することに加え、日本特有の通貨選択型ファンドなどを通貨コース別に分類することで、より精度の高い運用評価を投資家の皆様に提供します。

楽天証券分類の詳細はこちら

閉じる

閉じる

ファンドスコアとは

楽天証券ファンドスコアは、「同じ分類に属するファンドと比較して、より効率の高い運用を行ってきたファンド」を絞り込むための指標です。「分類平均に対する超過収益率」と「分類平均に対する下方偏差」をもとに「楽天証券ファンドスコア値」を算出し、この数値を5段階(5~1)で定量的に相対評価したものです。

ファンドスコアの詳細はこちら

閉じる

閉じる

つみたてNISA口座(非課税口座)での買付

つみたてNISA口座(非課税口座)での買付可否を示します。

閉じる

閉じる

文字サイズ

楽天カードクレジット決済で積立ができる!投信積立でポイントが貯まる! 積立手数料(消費税込み)を全額ポイントバック!あなたの好きな銘柄を長期で積み立て!

総合口座をお持ちでない方

口座開設

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なり、多岐にわたりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式
組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が円建て公社債
金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの
組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.32%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「買付手数料」:ファンドによって異なります。
保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用
「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。
ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。 各商品のお取引にあたっては、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について

投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。

毎月分配型ファンド・通貨選択型ファンドに関するご注意

投資信託に関する情報提供について

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。