システム障害発生時の対応(逆指値注文)

逆指値注文のリスクについて

逆指値注文には、市場価格(約定値段)があらかじめお客様の指示された価格(以下「トリガー価格」といいます)に達したとしても、市場での取引状況等によっては必ずしも約定しないリスクや、予期しない価格で約定してしまうリスクがありますので、ご利用に当たっては、十分ご注意ください。また、特別気配の状態では「トリガー価格」との照合を行いませんのでご注意ください。

逆指値注文のシステム障害時の取扱いについて

逆指値注文は、市場価格(約定値段)があらかじめお客様の指示された価格(以下「トリガー価格」といいます)に到達したときに直ちに執行(市場へ発注)する旨の条件が付された注文形態です。このため、当社が正常に価格情報を受信でき、受信した価格情報に基づき市場価格がトリガー価格に達したか否かを常に審査できることが前提となります。したがいまして、何らかのシステム障害が発生した場合には、逆指値注文を正常に執行(市場へ発注)できない場合があります。また、市場価格がトリガー価格に達しても、当社のシステムの不具合により、執行(市場へ発注)するまでにタイムラグが生じる場合があります。
このようなことから、システム障害発生時の逆指値注文の取扱いにつきましては、次のとおりとさせていただきますので、あらかじめご理解のうえ、お取引ください。

情報配信の障害

次の場合は、逆指値注文の新規受付を停止させていただきます。障害の原因が解消され、復旧次第、逆指値注文の新規受付を再開します。
なお、これらの障害は、当社のシステムの不具合に該当しないことから、当社がすでに受託した逆指値注文については、過誤処理の対象外とします。あらかじめご了承ください。

  1. 取引所における障害
    東証等の取引所側でシステム障害が発生し、当該市場側からの価格情報等の配信が遅延、中断または停止した場合。
  2. 情報配信ベンダーにおける障害
    当社が契約している情報配信ベンダーにおいてシステム障害が発生し、当社が情報配信ベンダーから正常に価格情報等を受信できなくなった場合。
  3. 回線障害
    情報配信ベンダーのシステムと当社情報受信システムとの間の回線に障害が発生し、当社が情報配信ベンダーから正常に価格情報等を受信できなくなった場合。

障害時の受注体制

  1. 「情報配信の障害」または「当社のシステム障害」が発生した場合、逆指値注文の受付を停止させていただきます。
  2. 「当社のシステム障害」が発生した場合は、次の注文に限り、カスタマーサービスセンターにてお電話で承ります。
  • 当社がすでに受託した逆指値注文(未約定のものに限ります)の取消注文
  • 先物オプションの既存建玉の決済(転売、買戻しを含みます)注文
  • 現物信用取引の注文
電話番号 0120-41-1004(一般電話)
03-6739-3333(携帯・PHS・050で始まるIP電話)
受付時間 平日午前8時~午後6時
  • なお、新たな逆指値注文、先物オプションの新規建玉の注文、執行中の注文の訂正注文は、お電話ではお受けいたしませんので、ご了承ください。

過誤処理の対応

上記の「当社のシステム障害」により、当社がすでに受託した逆指値注文について執行(市場への発注)が遅延等した場合は、次の手順に沿って対応させていただきます。

  1. 障害発生時刻からの価格情報を基にして、逆指値注文のトリガー価格を照合します。
  2. 照合の結果、トリガー価格に達していた注文を、障害復旧後に執行(市場へ発注)します。
  3. 執行後、実際の約定価格と当然に約定すべきであった価格との差を検証し、必要な場合は差額分を当社が負担する等の過誤処理を行います。

また、当社がすでに受託した通常注文について執行(市場への発注)が遅延等した場合につきましても、過誤処理の対象として責任をもって対応します。なお、これらの手続きの間、過誤処理の対象となったご注文の取扱いについて、お客様にお電話等でご意向をご確認させていただく場合がありますので、その際はご協力くださいますようお願いします。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

セキュリティ