現在地
ホーム > NISA(ニーサ):少額投資非課税制度 > つみたてNISA > 入門講座
  • NISA
  • 積立NISA
  • ジュニアNISA

一般NISAの現状

2014年から一般NISA制度がスタートして、4年が経過しました。
着実に口座数は伸びていますが、積立による利用は総口座数の1割以下という状況です。
また、一度も買付けが行われていない口座が全体の50%以上に上っています。

つみたてNISAの誕生

一般的には、まだまだ投資が浸透しておらず、現預金優位の状況は大きく変わっていません。
金融投資教育を受けたことがない人の割合は約7割。そのうち3分の2が、「そもそも投資の知識は不要」と考えています。
「長期投資に適した商品を、積立投資を通じて、長期で保有することの有効性」を認識し、実践してもらうため、「つみたてNISA」制度ができました。

かつてはアメリカでも、家計金融資産に占める株式等の割合は、今の日本と同程度の低い水準でした。その後、税制優遇(IRA等)などの政策対応により、バランスのとれたポートフォリオが実現し、金融資産も大きく増加しました。

積立・分散投資の有効性

安定的な資産形成を行うためには、長期の積立・分散投資が有効です。

  1. 投資対象をグローバルに分散することで、世界経済の成長の果実を享受することが可能
  2. 投資時期を分散(積立)することで、高値掴み等のリスクを軽減することが可能
  3. 長期で保有することにより、投資リターンの安定化が可能


つみたてNISA関連コラム

竹川美奈子さんの考える「つみたてNISA」のポイント

わからないことはお気軽にNISA専用ダイヤルへ

NISA・マイナンバーに関するお問い合わせ先

フリーダイヤル 0120-106-298

携帯・PHS・050で始まるIP電話からは03-6739-3400(通話料有料)

受付時間:午前8時~午後6時(土日祝日・年末年始を除く)


個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券の口座をお持ちの方

NISA口座申込

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

紹介プログラム