現在地
ホーム > NISA(ニーサ):少額投資非課税制度 > NISA口座開設方法のご案内
  • NISA
  • ジュニアNISA

NISA口座開設方法のご案内

  • NISA

2017年9月末をもって、2017年NISA口座のお申込みが終了となります。2017年内にNISA口座でのお取引をご希望の方は9月29日(必着)までにNISAの申込書類を返信してください。

NISAを始めるには、楽天証券の総合取引口座を開設いただいたあと、別途NISA口座の申込をいただく必要がございます。

NISA口座申込み方法

楽天証券の総合取引口座をお持ちの方

NISA口座開設の流れ

NISA口座の資料請求ページへ NISA口座の資料請求ページへ

NISA口座の開設に必要な書類

A.住民票の写し

B.転居履歴のある住民票の写し

C.住民票の除票の写し

D.マイナンバー通知届出書

E.本人確認書類

さっそくですけど、
NISA口座はどうやって開設すればいいんですか?

まずは、NISA口座開設のために書類を取り寄せる!
気をつけないといけないのは、時間がかかる点。

え?
1週間ぐらいで完了するものじゃないんですか?

NISA口座は1人1口座しか開けないから、各地域の税務署が重複して口座を開設していないか確認する必要があるんだ。

思っていたより時間がかかりそうですね…

そうだね。税務署での審査・開設処理に大体1,2週間かかるから、1日でも早く申込みをしておくにこしたことはないよ!

楽天証券の総合取引口座をお持ちでない方

住民票取得代行サービス

  • 楽天会員の方はこちら
  • 楽天会員でない方はこちら
  • 「通常郵便による口座開設」でNISA口座も同時にお申込いただけます。

よくあるご質問

  • NISA

NISA口座(少額投資非課税口座)開設に関する質問

NISA口座は、複数の金融機関で開設できるの?
同じ年に開設できる口座はお一人様につき1つの金融機関(1口座)限りとされています。
家族でそれぞれNISA口座を保有することは可能?
可能です。
NISA口座を開設なさる年の1月1日時点で満20歳以上かつ日本国内に居住している方であれば可能です。
NISA口座の申込みには何が必要なの?
楽天証券でNISA口座を開設するには、まず総合取引口座の開設が必要となります。
総合取引口座開設後にNISA口座を開設する際には、「住民票の写し」と「NISA口座申込書(非課税口座開設届出書)」のご提出が必要となります。
NISA口座の開設に必要な書類は?
平成25年1月1日時点の住所が記載された住民票の写しが必要となります。
また、平成25年1月1日以降に転居のある方は、「住民票の除票の写し」と弊社指定の本人確認書類が必要となります。
同一市区町村内で転居をされた場合は、住民票の除票は発行されないため、2013年(平成25年)1月1日時点の住所を証明する転居履歴のある「住民票の写し」をご提出ください。
詳しくはこちら
また、平成28年1月以降に口座開設される方は、マイナンバーのご登録と本人確認書類が必要になります。

→その他のご質問はこちら

2015年もNISA口座の国内株式(売買)/海外ETF(買付)の手数料は実質0円!

ジュニアNISAも国内株の売買手数料が実質0円!

NISA口座の資料請求ページへ

NISA口座開設には税務署での審査のため4~6週間かかります。早めのお手続きがおすすめです。

わからないことはお気軽にNISA専用ダイヤルへ

NISA・マイナンバーに関するお問い合わせ先

フリーダイヤル 0120-106-298

携帯・PHS・050で始まるIP電話からは03-6739-3400(通話料有料)

受付時間:午前8時~午後6時(土日祝日・年末年始を除く)


楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券の口座をお持ちの方

NISA口座申込

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

紹介プログラム