現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > 株式 > 足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」 > 第358回 「もしも」に備えた筆者の具体的な行動とは?
投資情報メディア「トウシル」がオープン!レポート・コラムはこちらでご覧いただけます。

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」一覧へ

2016年10月13日

第358回 「もしも」に備えた筆者の具体的な行動とは?

前回(第357回)は、株価下落時の保有株の対応として「保有を続ける」「売る」「買い増す」の方法があること、そして筆者であれば迷わず「売る」を選択することをお話ししました。今回はそれを踏まえ、筆者が「もしも」に備え具体的にどのような行動をとっているのかをお話します。

一旦「売却」したときはその後のリカバリーが容易

前回(第357回)のコラムにてお話しました通り、筆者は株価が下落したときは、それがどんなに業績が好調で将来有望な銘柄だとしても、原則として25日移動平均線割れで売却します。

何はともあれ一旦「売却」すること、これがなぜ優れているのでしょうか。それは売却した後の「リカバリー」が容易だからです。

一旦売却した株は、それでおしまいというわけではありません。特に、好業績で増収増益が続くと見込まれる銘柄であれば、調整が短期間で済み、再度上昇トレンドに戻る可能性も大いにあります。

そこで、売却した株もその後の株価の動きを定期的にウォッチし(筆者は毎日ウォッチしています)、再度25日移動平均線を超えて上昇トレンドに戻ったら買い直せばよいのです。

逆に、25日移動平均線を下回って売却した後も株価の下落が止まらないようであれば、買い直しはしません。すると結果的に下降トレンド入り口のかなり株価が高いところで売却できることになります。

「保有継続」や「買い増し」の場合のリカバリーは困難を極める

これが、もし「保有を続ける」とか「買い増す」という選択肢を取ると、それは基本的に損切りしないことを意味しますから、失敗した場合のリカバリーが極めて困難になります。

例えば、1,000円で買った銘柄が25日移動平均線割れの900円に下がったとします。そして、そのまま保有を続けた結果株価がさらに下がって300円になってしまったとします。こうなると、そこから1,000円まで戻らなければプラスマイナスゼロに戻りません。

1,000円で買った銘柄が900円に下がったとき、保有株と同じ株数を買い増した場合も考えてみましょう。確かにプラスマイナスゼロに損益が戻るための水準は1,000円から950円に下がります。でも、株価が300円になってしまったら、1,000円の当初購入分に加え、900円で追加購入した分の投資金額までもが、塩漬け状態で固定化されてしまいます。つまり、買い増ししない場合より損失の額が膨らんでしまうのです。

さらにいえば、300円まで下がった株が1,000円とか950円まで再び戻るという保証はどこにもありません。10年、20年たっても買値まではるか及ばない水準にとどまり続ける可能性も大いにあります。

もちろん、300円まで下がる前に例えば700円、600円で売却していれば、含み損はそこまで大きくならずに済みます。でも筆者としては700円で売るなら900円の時になぜ売っておかないのかと思ってしまいます。

また、仮に300円まで下がった後1,000円に戻ったとしても、そのまま保有を続けた場合と、900円で一旦売却した後に例えば400円で25日移動平均線を超えたため買い直した場合とでは、次のように大きく損益が異なってきます。

  • 1,000円で買って保有したまま:プラスマイナスゼロ
  • 1,000円で買い→900円で売り→400円で買い直し→1,000円で売り:プラス500円

これだけで50%もの利回りの差が生じます。ですから、1,000円で買った銘柄が300円まで値下がりするのを我慢して、再度1,000円に戻ったところで売却するのは、筆者に言わせれば「プラスマイナスゼロ」ではなく「大きな機会損失が発生している」のです。

通常の売却方法で対応できない株価の急落もある

ここまでお読みいただくと、客観的なルール(筆者であれば株価の25日移動平均線割れ)を用いて保有株を適切なタイミングで売却することの重要性がご理解いただけるのではないかと思います。

ただ、実はこれだけでは片手落ちとなってしまいます。時には何の前触れもなく突発的な理由による株価急落が起こり、保有株を適切なタイミングで売却することができないケースもあるからです。最近でいえば、ニューヨークの同時多発テロや、東日本大震災とそれに伴う原発事故などが該当します。

こうなると、ひどい場合には25日移動平均線をはるかに下回る水準でストップ安売り気配になります。通常どおり株価が25日移動平均線を少し割り込んだタイミングで売却することができなくなってしまいます。

なお、リーマン・ショックは確かに下落幅や下落スピードという面では歴史に残るような激しいものでしたが、適切なタイミングで保有株を売却することは十分可能でした。

突発的な急落に備えるための2つの方法とは?

では、突発的な急落に備えるためにはどのようにすればよいでしょうか。まずは投資する資金の上限を決めておくことが考えられます。

もし、投資可能資金の100%を株式に投資していて突発的な急落が起き、保有株が30%急落したとします。この場合、残る資金は70%です。

でも、投資可能資金の60%に抑えて投資していた場合、100-(60×30%)=82%の資金が残ります。

もちろん、投資額をさらに抑えれば抑えるだけ、急落が起きた際の損失も小さくなります。でも、急落が起きず大きく上昇するようなことになれば、逆に小さい利益しか得ることができない点には注意が必要です。

もう1つ、ヘッジの目的でプットオプションを買うという方法が考えられます。株価が突発的に急落すると、プットオプションの価格が急騰します。価格帯にもよりますが、わずか1~2日で価格が100倍超になるケースもあります。

したがって、例えば3,000万円を投資している場合、5万円分のプットオプション(2,000~3,000円ほど現在の日経平均株価から下の権利行使価格のもの)を買っておき、それが100倍になれば500万円になります。3,000万円の投資額が仮に30%(900万円)毀損したとしても、その半分強をカバーすることができます。

なお、突発的な急落が起きた場合でも、その直前においてすでに株価が25日移動平均線を割り込んで下降トレンドにあるときは、筆者の投資手法であればすでに保有株を売却済みですので、急落によるダメージは回避することが可能です。

また、上記の突発的な急落はマーケット全体についてのものですが、個別銘柄について突発的な悪材料が生じて株価が急落することもあります。これに備えるためには投資資金を複数の銘柄に分散することでリスクを軽減します。

筆者が行う「もしも」に備えた具体的な行動とは?

以上を踏まえ、筆者が「もしも」に備えた具体的な投資行動をまとめると以下のようになります。

  • 投資する資金の上限をあらかじめ決めておく

筆者は投資可能資金がそれなりに大きくなっているので、よほど強気の相場でない限り、投資可能資金の80%を上限とするように心がけています。マイナス材料が市場に存在するなどちょっと危ないな、と思う時は適宜70%とか60%まで引き下げることもあります。

  • 投資する銘柄を分散しておく

個別銘柄が突発的な要因で急落した場合、25日移動平均線割れで売却ないし損切り、という通常の方法が通用しないこともあります。そのリスクを軽減するため、投資資金はいくつもの個別銘柄へ細かく分散しておきます。

  • 保有銘柄が25日移動平均線を割り込んだら売却する

再度25日移動平均線を超えた場合は買い直すことを考慮します。突発的な株価急落でなければこれでほぼ全て対応可能です。

  • 投資している資金が大きいときはプットオプションを買っておく

すでに株式市場が調整局面にあり、投資可能資金の10%や20%程度しか実際に投資していない場合は、そこから保有株の株価が30%下がったところでそれほど痛手を受けませんのでプットオプションは買いません。逆に、株式市場が絶好調で、投資可能資金の80%ほどを実際に投資している場合、そこから保有株の株価が30%下がるとかなり痛手を食うので、それを軽減させるためにプットオプションを買っておきます。

一番大事なことなので何度も繰り返しますが、株式投資で良い銘柄を発掘することよりはるかに重要なのは、損失を最小化して大きな負けを回避することなのです。

<おしらせ>

Facebookページを開設しました。コラムやブログ更新のお知らせ、セミナーのご案内の他、話題の資産運用関連や相続関連のニュースに対する筆者のコメントなども記載しております。ぜひご覧いただき「いいね!」を押していただければ幸いです。

公認会計士・税理士足立武志 Facebookページ

「動画で解説!超実践 足立武志の株式投資講座 (ネット全6回)」

株式投資の実践知識について、資産運用に精通した公認会計士である足立武志氏に解説してもらいます。
株式取引初心者~中級者の方は必見です。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

足立武志

知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識

株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのように行動すべきか、これから「株式投資」を始めようと考えている方、必見です。

新着レポート

最新の情報は、投資情報メディア「トウシル」で公開中です。
窪田真之/香川睦

国内株式 2017/07/31

嵐の前の静けさ 日経平均膠着はいつまで?(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

今中能夫

国内株式 2017/07/28

決算コメント:任天堂、日本電産、東京エレクトロン

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/07/28

原油価格上昇の裏側に潜む、弱材料の7つの芽

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

足立武志

ライフ 2017/07/28

相続時精算課税での上場株式贈与は要注意!

足立武志「個人投資家なら誰もが知っておきたい「相続」の基礎知識」

石原順

FX 2017/07/27

「ここから3~4カ月の相場は要注意」

石原順「外為市場アウトルック」

足立武志

国内株式 2017/07/27

ファンダメンタル分析入門(7)~配当金にまつわるアレコレ

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

ハッサク

FX 2017/07/26

物価の見通し

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

優待主婦 まる子

投資を楽しむ 2017/07/26

人気優待が多い8月。流通系や外食銘柄も多く、定番のクオカード、食事券も。

優待主婦 まる子「優待マニアが選んだ!今月のお宝優待株」

山崎俊輔

投資信託 2017/07/25

分からないことを認める勇気と、分からないことがある場合の投資方法について

山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」

出島昇

国内株式 2017/07/25

今週は、ドル売り要因多く、日経平均の上値は重い

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

国内株式のリスクと費用について

■国内株式 国内ETF/ETN 上場新株予約権証券(ライツ)

【株式等のお取引にかかるリスク】

株式等は株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等、ライツは転換後の価格や評価額の変動等により、損失が生じるおそれがあります。※ライツは上場および行使期間に定めがあり、当該期間内に行使しない場合には、投資金額を全額失うことがあります。

レバレッジ型、インバース型ETF及びETNのお取引にあたっての留意点

上場有価証券等のうち、レバレッジ型、インバース型のETF及びETN(※)のお取引にあたっては、以下の点にご留意ください。

  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNの価額の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率に一定の倍率を乗じたものとは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。
  • 上記の理由から、レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、中長期間的な投資の目的に適合しない場合があります。
  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、投資対象物や投資手法により銘柄固有のリスクが存在する場合があります。詳しくは別途銘柄ごとに作成された資料等でご確認いただく、またはコールセンターにてお尋ねください。

※「上場有価証券等」には、特定の指標(以下、「原指数」といいます。)の日々の上昇率・下落率に連動し1日に一度価額が算出される上場投資信託(以下「ETF」といいます。)及び指数連動証券(以下、「ETN」といいます。)が含まれ、ETF及びETNの中には、原指数の日々の上昇率・下落率に一定の倍率を乗じて算出された数値を対象指数とするものがあります。このうち、倍率が+(プラス)1を超えるものを「レバレッジ型」といい、-(マイナス)のもの(マイナス1倍以内のものを含みます)を「インバース型」といいます。

【信用取引にかかるリスク】

信用取引は取引の対象となっている株式等の株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は差し入れた委託保証金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。その損失額は差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。

【株式等のお取引にかかる費用】

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

(貸株サービスのみ)

リスクについて
貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ)
株券等の貸出設定について
信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

(貸株サービス・信用貸株共通)

当社の信用リスク
当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。
投資者保護基金の対象とはなりません
貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。
手数料等諸費用について
お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。
配当金等、株主の権利・義務について
貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。
株主優待、配当金の情報について
株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。
大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について
楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。
税制について
株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

ご質問は
ありませんか?