現在地
ホーム > お知らせ > 【米国株式】超高速取引(HFT)大手「ヴァーチュ・フィナンシャル(VIRT)」を取扱い開始!

【米国株式】超高速取引(HFT)大手「ヴァーチュ・フィナンシャル(VIRT)」を取扱い開始!

2015年4月24日(金)現地約定分から、米国ナスダック市場に上場の「ヴァーチュ・フィナンシャル(ティッカー:VIRT)」の取扱いを開始いたします。

「ヴァーチュ・フィナンシャル」は主に、世界の34カ国、225カ所を超える取引所で11,000以上の証券およびその他金融商品のマーケットメーキング(値付け業務)を行い、金融市場に流動性を供給しています。2014年の取引営業日は252日でしたが、この間に平均で毎日約530万回の株式や債券などの取引を突き合わせました。
2014年度の年間売上高が約7億米ドル、前年比約8.82%増加、純利益が約2億米ドル、前年比約4%増加しています。

<ヴァーチュ・フィナンシャル(VIRT)をもっと詳しく知りたい>
⇒ 広瀬隆雄 「わかりやすいグローバル投資レポート」  第68回 取引所、執行サービス・セクターについて

今回の銘柄追加により、米国株式の弊社取扱い銘柄数は、合計で1,299銘柄となります。(2015年4月24日現在)

新規取扱い銘柄

ティッカー 銘柄名 主要取引所 業種 情報
VIRT ヴァーチュ・フィナンシャル NASDAQ 金融(証券) 株価 企業情報 チャート

注文受付開始日時

注文受付は2015年4月24日(金)15時から開始予定

米国株式を取引なさる場合の注意点

  1. 米国株式(ETF,ADR含む)は日本円または米ドルからお取引いただくことができます。
  2. 米国株式のご注文は、1口単位で承ります。 米国株式の取引チャネル WEB マーケットスピード カスタマーサービス

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、約定代金の0.45%(税込0.486%)/1回がかかります(ただし、最低手数料5米ドル(税込5.4米ドル)/1回、手数料上限20米ドル(税込21.6米ドル)/1回)。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000231米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?