現在地
ホーム > ヘルプ > 相続のお手続き > 相続人に未成年者がいる場合について

相続人に未成年者がいる場合について

被相続人の配偶者とその未成年の子が相続人となる場合、相続手続は親権を行う親とその未成年者の子供の間で利益が反する行為にあたるため、親は子のために特別代理人の選任を家庭裁判所に申し立てていただく必要があります。

【ご注意点】

  • 未成年の子が2人いれば、それぞれについて別の特別代理人の選任が必要です。
  • 未成年の子が相続放棄することも親権者との間で利益相反行為にあたり、特別代理人の選任が必要です。
  • 特別代理人選任審判書(原本)と選任された特別代理人の印鑑証明書を手続書類に添えてご返送ください。
  • 相続手続開始依頼書には選任された特別代理人の方がご署名・ご捺印をお願いいたします。(氏名欄には未成年相続人氏名と特別代理人氏名、住所欄は未成年相続人の住所をご記入ください。)

<見本>特別代理人選任審判書

【参照】 民法第826条 (利益相反行為)

  1. 親権を行う父又は母とその子との利益が相反する行為については、親権を行う者は、その子のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければならない。
  2. 親権を行う者が数人の子に対して親権を行う場合において、その一人と他の子との利益が相反する行為については、親権を行う者は、その一方のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければならない。

関連リンク


楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?