投資信託のメリットとデメリット

事前に知っておきたいメリットとデメリット。
強みと弱みをキチンと把握して、投資信託デビューに備えよう

少額から投資が始められる

投資信託は、10,000円から投資が可能です。
投信積立の場合だと、月々1,000円からとさらに少額からの取引が可能です。

株式投資などは、購入に企業の株価に合わせてある程度まとまったお金を必要とします。
たとえば、A株式会社の株は1株500円、売買単位は1,000株とします。
A株式会社の株を購入するには、最低50万円必要となります。

運用のプロ(ファンドマネージャー)が運用

個人では多くの時間と知識が必要となる金融取引ですが、投資信託は、運用のプロであるファンドマネージャーが各ファンドの運用方針に従って投資判断から取引までを投資家に代わって行ってくれます。
投資家は、定期的に発行されるレポートにて運用状況が把握できます。

分散投資でリスクを軽減できる

1つの銘柄だけに投資していた場合、企業倒産や株価が値下がりすると、そこでの影響をそのままに受けてしまい大きな損失を負う可能性があります。 そこで、投資信託によって複数の銘柄に資金を分けて投資をすることで値下がりなどの様々なリスクを、分散、軽減することができます。

個人では投資しにくい国や地域、資産に投資できる

投資信託は、国内外の株価指数、株式、不動産、債券など、組み込む資産は多種多様です。
また、個人投資家には困難な発展途上国の株式や債券などを投資対象とした商品が多くあります。

金の卵MEMO

「卵は一つのカゴに盛るな!」

これは資産運用に関することわざの1つ。
全ての卵を1つのカゴに盛っていた場合、そのカゴを落とせば全ての卵が割れてしまいますが、いくつかのカゴに分けて卵を盛っていれば、カゴの1つを落としても全ての卵を割ってしまうことは避けられる、という教え。
つまり、資産運用で大切なのは、「投資先や投資時期などを分散させること」なのです。

「卵は一つのカゴに盛るな!」の図

コストがかかる

まず、コストがかかる。
投資信託は、運用のプロに任せて“投資”を行うため運用する人等に対して費用を払う必要が出てきます。

  • 費用には、「販売買付手数料」、「信託報酬」、「信託財産留保額」があります
    販売買付手数料:投資信託を購入する際に必要な手数料
    信託報酬:投資信託の運用にかかる費用
    信託財産留保額:投資信託を信託期間の途中で換金する際の証券売却にかかるコスト

元本保証がない

次に、元本保証がない。
銀行預金と比べると分かりやすいですが、銀行預金は預けた金額分は必ず引き出せます(元本保証がある)。
投資信託は、運用実績が上がらず購入時よりも値下がりした場合、購入額よりも売却額が下回る可能性があります(元本保証がない)。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

口座開設