投資信託とは?

投資信託って何だろう?
まずは投資信託のしくみについて勉強しよう!

投資信託(ファンド)とは、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用のプロであるファンドマネージャーが株式や債券などに投資・運用しその運用の成果として生まれた利益を皆さんに還元するという金融商品です。

分配金・償還金(収益を投資家に配分)の図

投資信託の4つの特徴

  1. 少額から始められる
  2. 運用のプロに任せられる
  3. 分散投資でリスクを軽減できる
  4. 個人では投資しにくい国や地域、資産に投資できる

投資信託の仕組み

投資信託は、投資家から集めた資金を元に「販売会社」「委託会社(運用会社)」「受託会社(信託銀行)」の3機関が役割を分担し、運用されています。

契約型投資信託の仕組み

契約型投資信託の仕組みの図

このようにして運用によって得られた収益は、販売会社を通して分配金や基準価額へ上乗せされて、最終的に投資家へ還元される仕組みとなっています。

  • 販売会社
    投資信託の募集および販売を行い、投資家から資金を集めます。
  • 委託会社
    資金をもとにファンドを組成し、受託会社へ運用の指図を行います。
  • 受託会社
    委託会社の指図をもとに受託した資金を株式や債券などに投資し、資金の管理を行います。

基準価額とは?

「基準価額」とは、投資信託の値段のことで、1口もしくは1万口当たりの値段のことです。この「口(くち)」とは、投資信託の取引を行う際の単位のことです。たとえば、1口1円で運用を開始した投資信託は、運用を開始すると、1口の値段は、その後の運用結果により変動します。
また、一般的な投資信託は、運用実績の判断をわかりやすくするために、1万口あたりの値段を基準価額として公表しています。

基準価額の決定は1日に1回

証券取引所に上場している株式は、市場が開いている間、刻々と株価が変動し、その時々の株価で売買が可能です。一方、投資信託の値段は、組み入れている株式や債券などの時価評価が基になりますが、1日に1回、価額を計算して公表されます(運用会社や販売会社のホームページで調べることができます)。この基準価額を売買の単位として使い、投資信託の購入や換金が行われます。

算出方法

投資信託がファンドとして管理している総資産から負債を引いた「純資産総額」はすべて投資家が所有する資産になります。
この純資産総額を投資信託の口数で割ると、1口あたりの価額、つまり「基準価額」を出すことができます。
一般的な投資信託は、運用実績の判断をわかりやすくするため、1万口あたりの値段を基準価額として公表しています。1万口あたりの基準価額の算出方法は下記のとおりです。

基準価額の図

発展学習:『基準価額はどのように動くのか』
簡単な例を用いて、基準価額の動きを考えてみましょう。 Rファンドが、1口1円で募集をかけて、10万口(10万円)のお金が集まりました。10万円の信託財産で運用を開始し、5年後に元本10万円を15万円に増やすことができました。
では、基準価額はどのように動いたでしょうか。尚、ファンドの管理費用(信託報酬)などの諸経費はないものとします。

運用開始時は、10万円÷10万口×10,000口で、1万口あたりの基準価額は1万円でした。5年後、純資産総額は、15万円となり、口数は10万口のままです。15万円÷10万口×10,000口=15,000円ですから、1万口当たりの基準価額は15,000円となります。

基準価額の図

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

口座開設