注文方法に関するルール

国内商品先物専用取引ツールでご利用いただける注文をご案内します。

ご利用可能な注文の種類

弊社の国内商品先物取引では、注文の種類、執行条件、約定条件をそれぞれ以下の4注文にカスタマイズしてご提供いたしております。

1.指値

希望の価格で買いたい時や売りたい時に「指値」を使います。

「2,800円まで下がってきたら買おう。」「3,000円まで上がったら一旦利食い売りしよう」というような時に、希望価格もしくはそれよりも有利な価格で成立します。

  • 注文の有効期間までに希望価格に至らなかった場合、注文は不成立となります。
  • 注文の執行条件が指値、約定条件がFaS(約定できる数量は約定し、残枚数は市場に保持される)を組み合わせた注文です。

2.成行

「今すぐ買いたい。」「今すぐ売りたい。」と判断した時に「成行」を使います。

今のタイミングを逃すことなくすぐに買おう、すぐに売ろうという時に、市場価格で即座に成立するメリットがあります。人気の注文条件です。

  • 注文の執行条件が成行、約定条件がFaK(約定できる数量は約定し、残枚数は失効(キャンセル)される)を組み合わせた注文。

3.STOP

損失額が大きくならないように、ある価格まで下がったら自動的に決済の注文を出すことにより、損失に歯止めをかける時に「STOP」を使います。

例えば、○○円以下になったら成行で売る(決済)ことによって 損失に歯止めをかけたい時は、○○円以下の「STOP」の売り(決済)注文を出します。

また、揉みあい(レンジ)相場の時に、レンジを上に離れたときに新規に買うような場合は、○○円以上の「STOP」の買い(新規)注文を出します。

【注意点】

  • STOP注文は東京商品取引所で提供されている執行条件ではありません。弊社サーバーで価格を監視し、トリガー価格として指定された値段に達した時に「成行注文(約定条件はFaK)」で取引所に注文執行します。成行注文のため、トリガー価格として指定された価格より有利に約定(やくじょう)する場合、不利に約定する場合があります。注文状況によっては、必ずしもその注文が約定するとは限りません。
  • トリガー価格は必ず現在値より不利な値段を入力してください。買いであれば「現在値以下」、売りであれば「現在値以上」をトリガー価格に入力した場合、既にトリガー発動条件を満たしているという判定により、即成行にて注文執行されますのでご注意ください。
  • 市場で成立した価格がトリガー価格に達した時に初めて取引所に注文を発注しますので、取引所での注文執行までにタイムラグが生じます。
  • トリガー価格に指定した価格に市場で到達したか否かは、弊社のサーバー側で監視を行っております。リアルタイムでの監視ではなく、約1秒間隔での価格監視となります。よって、市場で瞬間的に到達した価格が発注条件を満たしていても注文が発注されないケースが生じます。
  • 指定された値段に価格が達しても立会い終了間際などで注文が間に合わず注文が執行されない場合があります。
  • 立会終了時点に指定値段に価格が達した場合、決済注文の有効期限が当日までの場合は「不成立」になります。翌日以降まで有効期限がある場合、次の立会い開始時に成行で注文が執行されます。
  • 夜間取引終了~日中取引開始までの間、CB(サーキットブレーカー)やDCB中に発注された注文において、直近の成立値段(現在値)が決済注文の執行条件を満たしていても注文は執行されません。

4.引指注文・引成注文

夜間取引の引板わせ、或いは日中取引の引け板わせのみに執行する注文です。
その執行条件が「指値」となるものを「引指(ひけさし)注文」です。
執行条件を「成行」としたものが「引成(ひけなり)注文」です。
いずれも夜間や日中のザラバ中に注文執行されることはありません。

注文の優先順位について

価格優先とは

  1. 「高い」買いのリミット注文は、「安い」買いのリミット注文より優先されます。
  2. 「安い」売りのリミット注文は、「高い」売りのリミット注文より優先されます。
  3. マーケット注文は他の注文に対して価格的に優先されます。

時間優先とは

同一値段の注文(価格的には同じ優先順位)は、先に受付けた注文が遅く受付けた注文より優先されます。

ご注意点

  • 成行は対当する注文がない場合(市場参加者がいない場合)は注文がキャンセルされます。
  • 銘柄や限月によっては市場流動性が極めて低い場合もありますので、注文状況を確認して発注することを推奨します。

【コラム】カスタマイズ前の注文

東京商品取引所の「3つの約定条件」

FaS(フィル&ストア)

約定できる数量は約定し、残数量は注文として残る条件

FaK(フィル&キル)

約定できる数量は約定し、残数量はキャンセルされる条件

FoK(フィルorキル)

全量約定するか、全量約定できない場合はキャンセルされる条件

このページの先頭へ