現在地
ホーム > 商品先物 > Q&A

商品先物

楽天証券はドットコモディティと2014年7月1日合併し、ネット証券唯一の国内商品先物取扱会社となります。

合併に関してのQ&A

Q&A(共通)

楽天証券とドットコモディティの両社に口座を開設していますが、合併後はどうなりますか?
2014年7月の合併時点では、口座の統合は行われません。それぞれの口座内でそれぞれにお取引ください。なお、口座間の資金の振替や海外先物、金・プラチナサービスのポジションの移管などは直接できません。
合併にあたって、何か手続きは必要ですか?
楽天証券総合取引口座、ドットコモディティ口座ともに特別な手続きは必要ございません。
合併に伴って商品の取引ルールは変わりますか?
現在ご利用のサービスのルール、手数料が引き続きそれぞれのサービスで適用されます。取引ルールや手数料体系の統合等が生じる場合は、事前にお知らせいたします。
楽天証券総合取引口座、またはドットコモディティ口座で証拠金不足が発生しました。不足が出ている口座に余剰資金の振替はできますか?
2014年7月時点で資金の振替はできません。お手数ですが、各口座にお客様自身で余剰資金のある口座から資金を振り出して、現金を不足金が発生している口座に入金をお願いします。
楽天証券総合取引口座とドットコモディティ口座のログインIDを同じにすることはできますか?
ログインIDの変更はできません。

Q&A(楽天証券のお客様へ)

楽天証券で総合取引口座を開設していますが、ドットコモディティ口座の商品先物を取引するにはどうすればいいですか?
新たにドットコモディティ口座の開設が必要です。ドットコモディティ口座はオンライン上で最短1日で開設できます。手続きが完了すると、専用のログイン情報をメールで発行いたします。そちらのログイン情報をご利用ください。
※ 楽天証券総合取引口座とドットコモディティ口座のログイン情報(ログインID)は異なります。
楽天証券の総合取引口座を持っていますが、ドットコモディティ口座の取引ツール「Formula」にログインできません。どうすればいいですか?
新たに楽天証券にてドットコモディティ口座の開設が必要です。ドットコモディティ口座はオンライン上で最短1日で開設できます。手続きが完了すると、専用のログイン情報をメールで発行いたします。そちらのログイン情報をご利用ください。
※ 楽天証券総合取引口座とドットコモディティ口座のログイン情報(ログインID)は異なります。
以前に楽天証券の口座を持っていましたが、ログインIDとパスワードがわかりません。どうすればいいですか?
ログインIDは、カスタマーサービスセンターにて再発行手続きをうけたまわります。詳しくはページを参照ください。
楽天証券で海外先物口座を持っていますがドットコモディティ口座で海外先物取引ができますか?
双方のサービスはどれぞれの取引口座で独立しております。ドットコモディティ口座で取扱いの商品はドットコモディティ口座でお取引ください。
楽天証券の金・プラチナ取引における保有地金をドットコモディティ口座の貴金属積立・現物口座に移すことはできますか?
できません。ドットコモディティ口座から楽天証券総合取引口座に移すこともできません。
マーケットスピードやiSPEEDでドットコモディティ口座の国内商品先物を取引することはできますか?
現在のところできません。ドットコモディティ口座専用のウェブ取引画面「Formula」、モバイル「Formulaモバイル」、スマホ専用アプリ「iFormula」でご利用いただけます。

Q&A(ドットコモディティのお客様へ)

ドットコモディティで商品先物口座を開設していますが、楽天証券で株式などを取引するにはどうすればいいですか?
新しく楽天証券総合取引口座の開設が必要となります。開設後、楽天証券総合取引口座のログイン情報を発行させていただきますので、そちらのログイン情報をご利用ください。
※楽天証券総合取引口座とドットコモディティ口座のログイン情報(ログインID)は異なります。
ドットコモディティの口座を持っていますが、楽天証券総合取引口座にログインできません。どうすればいいですか?
新たに楽天証券総合取引口座の開設が必要です。口座開設の手続き完了後、ログインIDなどを記載した「口座開設のご案内」を郵送いたします。そちらのログイン情報をご利用ください。
※楽天証券総合取引口座とドットコモディティ口座のログイン情報(ログインID)は異なります。
以前にドットコモディティの口座を持っていましたが、ログインIDとパスワードがわかりません。どうすればいいですか?
ユーザーID/パスワードの再発行手続きが必要です。こちらより再発行依頼ください。
楽天証券と合併することでドットコモディティへの入金先は変わりますか?
国内先物、海外先物用の証拠金振込先の銀行口座に変更はありませんが、口座名義を「楽天証券株式会社」に変更いたします。
※2014年7月1日以降当面の間は、振込先名義「ドットコモディティ株式会社」もご利用になれます。
合併後、ウェブサイトの使い勝手は変わりますか?
取引ツール「Formula」(ウェブ版、モバイル版、スマートフォンアプリ版)、およびログイン画面のURLに変更はありません。
 ドットコモディティのコールセンターの受付時間や電話番号などは変更されますか?
営業日午前8時~午後11時まで(2014年7月1日より営業時間を変更させていただきます。何卒ご理解を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。お問い合わせ先の電話番号、メールアドレスに変更ありません。
2014年7月1日以降も利用できるサービスは何ですか?
国内商品先物取引(TOCOM)、海外商品先物取引(CME,ICE)、貴金属積立・現物取引が引き続きご利用いただけます。
過去の取引帳票(売買報告書、残高照合通知書)は確認することができますか?
はい、取引ツールFormula画面上で2014年7月1日以降も過去分の帳票閲覧ができます。

国内商品先物取引

国内商品先物取引にかかるリスク
国内商品先物取引は、証拠金取引であり取引に際して預託する証拠金の額は、総取引金額に対し概ね3~20%の額であり、総取引金額に比較して少額となります。
そのため、商品市場における相場の変動幅が小さくとも、大きな額の利益または損失が生じるハイリスク・ハイリターンの取引です。
また、商品市場の相場の変動により損失が一定額を超えた場合に取引を継続するためには、当初に預託した証拠金に加えて、証拠金を追加して預託することが必要となる場合があります。
なお、商品市場の相場が予測に反して変動した際には、損失が発生する可能性があると共に相場の変動幅によっては預託した証拠金の額を上回る損失が発生する可能性があります。
お取引に際しましては契約締結前交付書面等をお読みになり、リスクや取引の仕組み等を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い致します。国内商品先物取引にかかる取引手数料は「一律コース」「サヤトレーダーコース」の2コースから選択することができます。

〔一律コース〕
324.5円(税込350円)/1枚がかかります。なお、金ミニ・金限日と白金ミニの取引手数料は、84円(税込90円)/1枚がかかります。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に1,429円(税込1,543円)/1枚が追加されます。
デイトレード(※)の場合、片道1枚あたり手数料はオーバーナイト時の半額となるため、実質決済時の売買手数料は無料となります。※デイトレード:同一計算区域内で、新規建玉とその建玉の決済を行う取引

〔サヤトレーダーコース〕
サヤ取引画面からの取引手数料は、264円(税込285円)/1枚がかかります。その他の注文については、737円(税込795円)/1枚がかかります。
なお、金ミニ・金限日と白金ミニの取引手数料は、128円(税込138円)/1枚がかかります。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に1,429円(税込1,543円)/1枚が追加されます。


個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?