現在地
ホーム > 債券 > 債券担当者による 債券のいろは > 第9回 債券のクーポンと償還の種類
  • 前回へ
  • レポートの一覧へ戻る
  • 次回へ

債券担当者による 債券のいろは

第9回 債券のクーポンと償還の種類

今回のトピックは、クーポン(利率の形式や算式)と償還の種類の違いです。数ある中から代表的な例を紹介いたします。

クーポンの種類

クーポン(利率)の形式は、発行体の要望や投資家の需要を反映して、様々な形式があります。中でも、満期まで一定の利率で固定されている形式が一番ポピュラーですが、その他にも以下の通り代表的な形式があります。

クーポン形式 利率決定の概要 特徴・メリット
固定 固定 債券期間中、一定の利率 シンプルかつ、最もポピュラー
固定 ゼロ・低クーポン クーポン無し、もしくはゼロに近い固定利率。その替わり、割引価格で投資可能 定期的な利金を求めない・必要としない投資家向き
固定 固定ステップアップ 当初の固定利率が段階的に上昇するタイプ 通常の固定利付き債に比べ、受取り利息の合計額が増える性質がある
変動 変動「フローター」 定期的にその時々の金利水準を参照して利率が変動するタイプ 金利相場に連動して変動するため、上昇時にはうまく適応。
変動 変動ステップアップ 当初の一定期間は固定利率、その後は上記の変動クーポンになるタイプ 劣後債に多く、固定利率と比べ変動利率は大幅ステップアップする債券が多い
変動 デジタル(仕組債) 予め設定の株価などのレートを参照し、高い/低い利率が定期的に判定されるタイプ 仕組債に設定され、一般的には参照レートの一定の上昇や高値推移すると高い利金の享受が可能
変動 パワー(仕組債) 予め設定の算式に株価等の変数を代入し、定期的に算出されるタイプ 仕組債に設定され、一般的には参照レートの一定の上昇や高値推移すると高い利金の享受が可能

償還時期の種類(償還タイミング)

多くの場合、償還の時期は数年後から十数年の期間が設定されていますが、償還しない債券や、償還日が確定していない形式のものもあります。

償還期限形式 償還時期決定の概要 特徴・メリット
確定 ブレット「ストレート」 満期の前に償還する条項は付いていないタイプ 最も一般的なタイプ、かつシンプル
早期 任意コール 満期以前に発行企業の任意で早期に償還する可能性があるタイプ 発行企業は資金の需要に合わせて返金可能で、通常はブレットよりも高い利回りが期待できる
早期 自動コール「トリガー」 株価や市場レートが、設定された条件を満たすと自動で早期償還するタイプ 仕組債に多いタイプ。市況の見立て等に見合う条件を設定することが多い
早期 任意コール付き永久 満期の設定は無いが、一定期間後に任意コールが付いているタイプ。早期償還しなければ永久(償還無し) 金融機関の資金需要を満たし、利回りが高めの劣後債の発行が多い
永久
確定
永久「パ-ペチュアル」 満期の設定がなく、永久に償還しないタイプ 恒久的または超長期の資金ニーズがある電力会社などの発行体が発行。期間が長い分利回りは高め

償還価格の決定方法の種類

一番多いのは額面の100%で償還タイプですが、以下の通り、変動する形式もあります。

償還価格形式 償還価格決定の概要 特徴・メリット
確定 額面の100% 市場レートなどに関わらず、100%で償還するタイプ。 シンプルかつ、最もポピュラー。
変動 株価・為替連動 一定の株価上昇で償還価格が上昇か、一定の低下で償還価格が下落する例 転換社債や仕組債などが例。下落リスクがある場合は利率が高めに設定されるなどのメリット

今回ご紹介のクーポン形式、償還時期、償還価格に加えて、「第8回 債券の格付け」でお話した発行体の信用力を加えた4つの要素で、債券の性質の殆どが決まります。固定利付き債以外にも様々な形式があり、それぞれのメリットがある一方、特に変動するクーポン形式や償還価格形式の債券への投資をお考えの際には、どんなときにどのように変動するか、リスクをよく理解した上で投資判断をしましょう。

  • 前回へ
  • レポートの一覧へ戻る
  • 次回へ

個人向け国債

米ドル建てストリップス債券(既発債券)

国内債券のリスクと費用について

国内債券の取引にかかるリスク
債券は、債券の価格が市場の金利水準の変化に対応して変動するため、償還前に換金すると損失が生じるおそれがあります。また、債券を発行する組織(発行体)が債務返済不能状態に陥った場合、元本や利子の支払いが滞ったり、不能となったりすることがあります。
国内債券の取引にかかる費用
国内債券を、楽天証券との相対取引によって購入する場合は、購入対価のみお支払いいただきます(委託手数料はかかりません)。

外国債券のリスクと費用について

外国債券の取引にかかるリスク
債券は、債券の価格が市場の金利水準の変化に対応して変動するため、償還前に換金すると損失が生じるおそれがあります。また、債券を発行する組織(発行体)が債務返済不能状態に陥った場合、元本や利子の支払いが滞ったり、不能となったりすることがあります。外国債券(外貨建て債券)は為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じたり、債券を発行する組織(発行体)が所属する国や地域、取引がおこなわれる通貨を発行している国や地域の政治・経済・社会情勢に大きな影響を受けたりするおそれがあります。
外国債券の取引にかかる費用
外国債券を購入する場合は、購入対価のみお支払いいただきます(委託手数料はかかりません)。また、売買における売付け適用為替レートと買付け適用為替レートの差(スプレッド)は債券の起債通貨によって異なります。

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?