現在地
ホーム > 特集 > 世界分散ETFに小型株をトッピング!

世界分散ETFに小型株をトッピング!

1本で世界47カ国に投資が出来るVTをコアファンドに、小型株を組み合わせて「規模の分散」を図ろう

  投資対象 ティッカー
/コード
名称 市場 信託報酬 マーケット情報

世界47カ国 VT
注文
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF NYSE Arca 0.25%




米国を除く
世界47カ国の小型株
VSS
注文
バンガード・ FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップ ETF NYSE Arca 0.33%
米国
小型株
VB
注文
バンガード・ スモールキャップ ETF NYSE Arca 0.17%

バンガード®・トータル・ワールドストックETF【VT】は1本で新興国を含む世界47カ国の株式に投資ができるETFです。【VT】1本に投資をすることで、世界の株式市場のマーケット・ポートフォリオを持っていることになるとご紹介しました。
詳しくは特集:ETF1本で世界47カ国の株式に投資!をご覧ください。

このVTに好みのETFを組み合わせて自分だけのポートフォリオを作りませんか?
今回は「小型株」との組み合わせによる規模の分散投資のご提案です。

小型株とは?
時価総額(株価×発行済株式数)の小さい銘柄を言います。スモール・キャップ(capital(資本)の略)とも言います。

特徴

大型株より値動きが大きくなる傾向があります。
過去10年において、上昇局面では大型株より高いリターンを上げている一方で、下降局 面では下落幅が大きくなっています。

小型株効果とは、小型株のポートフォリオに高い超過リターンが得られる現象で、米国で1980年代から広く知られた現象である。
※参考文献 『新・証券投資論(1)』第三章 CAPM 日本証券アナリスト協会編、小林孝雄、芹田敏夫著、日本経済新聞出版社刊

大型・中型株ポートフォリオと組み合わせることで、「規模の分散」が拡大できます。
全世界の大型、中型株で構成されるVTとの組み合わせで「規模の分散」が拡大できます。

大型株、小型株インデックスの過去10年間のパフォーマンス比較

出所:Morningstar 2011年9月30日現在

低コストで小型株に投資が出来るバンガードETF VSSとVBの特徴

1本で新興国を含む世界47カ国(除く米国)の小型株市場に投資

VSSの地域別構成比率

バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF【VSS】は1本で米国以外の先進国と新興国の小型株市場に投資が出来るETFで、2,939銘柄で構成されています。(2011年9月30日現在)

VSSのベンチマークのFTSE®・グローバル・スモールキャップ・ex-US・インデックスは、47カ国、3,300銘柄をカバーするインデックスです。

VSSはグローバルな小型株に投資するETFの中で、新興国を含む数少ないETFです。中でも、新興国の現地市場の株式に直接投資しているのは、このVSSだけです。

VSSの地域別構成比率の推移

その時々の株式の時価総額の変化に応じて自動的にリバランス(調整)されます。

米国の小型株市場に投資するならVBです。

VSSにバンガード・スモールキャップETF【VB】を組み合わせれば、小型株でもグローバルなポートフォリオが完成します。

バンガードは小型株ETFも低コストです。

小型株や新興国への投資は通常コストが高くなる傾向がありますが、バンガードは小型株ETFも低い保有コストで投資できます。


※ 直近の目論見書の記載から(2011年2月25日付)


※ 直近の目論見書の記載から(2011年4月29日付)

VSS、VBはこのような投資家の方にお勧めします!

  • VTと組み合わせて世界分散、規模の分散投資をしたい方
  • 小型株にできるだけ低コストで投資したい方
  • 大型、中型株中心のポートフォリオをすでにお持ちの方で、さらなるポートフォリオの分散として規模の分散を図りたい方

楽天証券取扱い バンガードETF™ ラインナップ

2011年9月30日現在

ティッカー&
注文ボタン
投資
対象
備考 バンガードETF名 信託
報酬
構成銘柄数
2011年9月30日現在
ファクトシート
VT
注文
グローバル 世界47カ国 バンガード・トータル・ワールド・ストック ETF 0.25% 2,933
VSS
注文
米国を除く バンガード・ FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップ ETF 0.33% 2,939
VWO
注文
新興国 新興国23カ国 バンガード・MSCI・エマージング・マーケット ETF 0.22% 914
VPL
注文
太平洋5カ国 日本、オーストラリア、香港、シンガポール、ニュージーランド バンガード・MSCI・パシフィック ETF 0.14% 469
VGK
注文
欧州 欧州16カ国 バンガード・MSCI・ヨーロッパ ETF 0.14% 474
VTI
注文
米国 米国株式市場全体 バンガード・トータル・ストック・マーケット ETF 0.07% 3,316
VOO
注文
米国 大型株(時価総額上位500社) バンガード・S&P500 ETF 0.06% 503
VSS
注文
小型株 米国を除く バンガード・ FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップ ETF 0.33% 2,939
VB
注文
米国 バンガード・スモールキャップ ETF 0.17% 1,714
BND
注文
米国債券 米国投資適格債券市場 バンガード・米国トータル債券市場 ETF 0.11% 4,975

参考文献 『新・証券投資論(1)』第三章 CAPM 参照、日本証券アナリスト協会編、小林孝雄、芹田敏夫著、日本経済新聞出版社刊

同書では「マーケット・ポートフォリオは効率的ポートフォリオである」というCAPMの命題やその他のCAPMアノマリー※について詳しく解説しています。
※アノマリーとは変則、例外等の意。

バンガードについて

バンガード
© 2011 The Vanguard Group, Inc. All rights reserved.

バンガードは米国ミューチュアルファンド業界においてインデックスファンドシェアNo.1(注1)、約1兆8,600億ドル(注2)を運用する世界最大級の投信会社です。バンガードETFはインデックスファンドをリードするバンガードの専門知識を活かした低コストの上場投資信託です。バンガードETFの平均経費率は、0.17%と業界平均0.53%(注3)と比べ、約3分の1のコストを実現しています。

  • 出所:注1 Strategic Insight 2010年12月末現在、注2 Vanguard 2011年3月末現在、注3 Lipper 2010年12月末現在

楽天IDでかんたん口座開設

口座開設

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?