現在地
ホーム > 特集 > UBS ETF 東証上場シリーズの特長とメリット

UBS ETF 東証上場シリーズの特長とメリット

海外ETFといえば、米国やアジアに投資するものが多く、欧州対象のETFは馴染みが薄いという状況でしたが、欧州にはドイツや英国といった経済力の強い国があり、ユーロやポンドといった主要通貨が存在します。国際分散投資という観点では外すことができない地域です。2015年3月、スイスの資産運用会社UBSが運用するETF10銘柄(欧州対象の銘柄が7本)が東京証券取引所に上場いたしました。これによって、日本の投資家が手軽に欧州に投資しやすくなりました。

米国、英国、スイスに注目!

UBSが提供する東証上場10銘柄のうち、今回は1カ国に投資できるETFに焦点を当て、その対象国である米国、英国、スイスの経済市況について動画で詳しく解説いたします

UBS ETF日本語ウェブサイト

UBS ETF知っておきたいポイントを動画で解説!

講師:UBS証券 ETF商品部長 本田 淳一 氏

※ ウィンドウが起動して動画が再生されます。

収録日:2016年6月1日

■過去に収録した動画をご覧いただけます。

今回の特集でご紹介しているETF

  • 銘柄コードをクリックすると、この特集ページの「UBS ETFの特長とメリット」に遷移します
  • 銘柄コード欄に「」が付いている銘柄は、動画内でもご紹介しています。
銘柄コード 銘柄名 取引
1385 UBSユーロ圏大型株50(ユーロ・ストック50) PDF  買い  売り  信用新規  信用返済
1386 UBS欧州株(MSCIヨーロッパ) PDF  買い  売り  信用新規  信用返済
1387 UBS欧州通貨圏株(MSCI EMU) PDF  買い  売り  信用新規  信用返済
1388 UBS欧州通貨圏小型株(MSCI EMU小型株) PDF  買い  売り  信用新規  信用返済
1389 UBS英国大型株100(FTSE 100) PDF  買い  売り  信用新規  信用返済
1390 UBSアジア太平洋株 PDF  買い  売り  信用新規  信用返済
1391 UBSスイス株(MSCIスイス20/35) PDF  買い  売り  信用新規  信用返済
1392 UBS英国株(MSCI英国) PDF  買い  売り  信用新規  信用返済
1393 UBS米国株(MSCI米国) PDF  買い  売り  信用新規  信用返済
1394 UBS先進国株(MSCIワールド) PDF  買い  売り  信用新規  信用返済

欧州市場、ここが今後の注目ポイント

ポイント1労働市場の構造改革に高まる期待 -ETU成長戦略2020-
  • 労働人口(20~64歳)の就業率を高めるための対策を講じている。
  • 女性の労働市場への参加を推進し、同時に若年層の教育レベルを向上させ、将来の労働スキル向上のための支援を実施することで、2020年までに就業率75%を目指す。
ポイント2投資対象としての欧州
  • 購買力平価ベースのGDPでは、欧州28カ国&スイス合計で、は米国を上回っており、今後も着実な経済成長を続ける見込み。
  • 通貨取引量においては、欧州3通貨(ユーロ・英ポンド・スイスフラン)の存在は大きい。
ポイント3金融政策
  • ECBは1兆1,400億ユーロの量的金融緩和を実施、今後の景気回復が期待される。
  • 大量の資金供給を背景に、欧州機関投資家の株式投資額は上昇傾向。
ポイント4グローバル企業の宝庫
  • 時価総額ランキング上位100社(出所:Bloomberg 2016年5月現在)には、米国の57社に次ぎ24社が ランクインし、幅広い分野において活躍している(日本企業は、5社がランクイン)。
欧州発の世界トップ企業の一例(2016年5月現在)
産業 企業名 国名
医薬品 ノバルティス スイス
ロッシュ スイス
ノボ・ノルディスク デンマーク
バイエル ドイツ
サノフィ フランス
食品加工会社 ネスレ スイス
ビール醸造会社 アンハイザー・ブッシュ・インベブ ベルギー
日用品 ユニリーバ オランダ
高級品 LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン フランス
石油会社 ロイヤル・ダッチ・シェル イギリス
自動車 ダイムラー ドイツ

出所:BLOOMBERGよりUBS証券作成

UBS ETFの特長とメリット

銘柄コード:1385UBS ETF ユーロ圏大型株50(ユーロストックス50)

  • ユーロ圏12か国の株式市場において、時価総額(浮動株調整後)上位50社の銘柄で構成される「ユーロ・ストックス50®インデックス」との連動を目指すETF(上場投資信託)です。
  • JDR形式(外国ETFを信託財産とする受益証券)での上場のため、内国株式と同様にお取引いただけます。(外国証券取引口座の開設は不要です。)

地域別アロケーション

ファンド業種別ウエート

保有上位10銘柄

1トタル5.42%
2サノフィ4.31%
3バイエル4.19%
4アンハイザー・ブッシュ・インベブ4.17%
5シーメンス3.67%
6アリアンツ3.40%
7SAP3.38%
8BASF3.33%
9サンタンデール銀行3.21%
10ダイムラー3.04%

出所:UBS ETF 2016年4月末日現在。

銘柄コード:1386UBS ETF 欧州株(MSCIヨーロッパ)

  • 欧州の先進国15か国の大型・中型株で構成される「MSCIヨーロッパ・インデックス」との連動を目指すETF(上場投資信託)です。
  • JDR形式(外国ETFを信託財産とする受益証券)での上場のため、内国株式と同様にお取引いただけます。(外国証券取引 口座の開設は不要です。)

地域別アロケーション

ファンド業種別ウエート

保有上位10銘柄

1ネスレ3.03%
2ロイヤル・ダッチ・シェル2.63%
3ロシュ・ホールディング2.26%
4ノバルティス2.21%
5HSBCホールディングス1.65%
6ブリティッシュ・アメリカン・タバコ1.45%
7トタル1.40%
8ノボ・ノルディスク1.39%
9グラクソ・スミスクライン1.32%
10BP1.28%

出所:UBS ETF 2016年4月末日現在。

銘柄コード:1387UBS ETF 欧州通貨圏株(MSCI EMU)

  • 欧州通貨同盟(EMU)に属する先進国10か国の大型・中型株で構成される「MSCI EMUインデックス」との連動を目指すETF(上場投資信託)です。
  • JDR形式(外国ETFを信託財産とする受益証券)での上場のため、内国株式と同様にお取引いただけます。(外国証券取引口座の開設は不要です。)

地域別アロケーション

ファンド業種別ウエート

保有上位10銘柄

1トタル2.97%
2アンハイザー・ブッシュ・インベブ2.68%
3サノフィ2.61%
4バイエル2.56%
5シーメンス2.22%
6アリアンツ2.09%
7SAP2.07%
8BASF2.04%
9サンタンデール銀行1.96%
10ユニリーバ1.92%

出所:UBS ETF 2016年4月末日現在。

銘柄コード:1388UBS ETF欧州通貨圏小型株(MSCI EMU 小型株)

  • 欧州通貨同盟(EMU)に属する先進国10か国の小型株で構成される「MSCI EMU小型株インデックス」との連動を目指すETF(上場投資信託)です。
  • JDR形式(外国ETFを信託財産とする受益証券)での上場のため、内国株式と同様にお取引いただけます。(外国証券取引口座の開設は不要です。)

地域別アロケーション

ファンド業種別ウエート

保有上位10銘柄

1スマーフィットカッパグループ1.32%
2LEGイモビリエン1.23%
3テレパフォーマンス1.09%
4ワイヤーカード1.07%
5MTUエアロ・エンジンズ1.04%
6ガメサ・コルポラシオン・テクノロヒカ0.99%
7エファージュ0.96%
8キングスパングループ0.84%
9フリーネット0.83%
10フーフタマキ0.76%

出所:UBS ETF 2016年4月末日現在。

銘柄コード:1389UBS ETF 英国大型株100(FTSE 100)

  • ロンドン証券取引所(LSE)に上場している株式のうち、時価総額の大きい上位100銘柄で構成される「FTSE 100インデックス」との連動を目指すETF(上場投資信託)です。
  • JDR形式(外国ETFを信託財産とする受益証券)での上場のため、内国株式と同様にお取引いただけます。(外国証券取引口座の開設は不要です。)

ファンド業種別ウエート

保有上位10銘柄

1HSBCホールディングス5.49%
2ブリティッシュ・アメリカン・タバコ4.83%
3ロイヤル・ダッチ・シェルA4.66%
4グラクソ・スミスクライン4.41%
5BP4.29%
6ロイヤル・ダッチ・シェルB4.16%
7ボーダフォン・グループ3.62%
8アストラゼネカ3.08%
9ディアジオ2.89%
10ロイズ・バンキング・グループ2.67%

出所:UBS ETF 2016年4月末日現在。

銘柄コード:1390UBS ETF MSCIアジア太平洋株(除く日本)

  • 日本を除く環アジア太平洋地域の先進国の大型・中型株で構成される「MSCIパシフィック(除く日本)インデックス」との連動を目指すETF(上場投資信託)です。
  • JDR形式(外国ETFを信託財産とする受益証券)での上場のため、内国株式と同様にお取引いただけます。(外国証券取引口座の開設は不要です。)

地域別アロケーション

ファンド業種別ウエート

保有上位10銘柄

1オーストラリア・コモンウェルス銀行6.61%
2ウエストパック銀行5.40%
5AIAグループ4.98%
6ナショナル・オーストラリア銀行3.74%
4ANZ銀行グループ3.69%
3BHPビリトン3.48%
8シー・エス・エル2.56%
7ウェスファーマーズ2.52%
10ハチソン・ワンポア2.22%
9香港証券取引決済所1.99%

出所:UBS ETF 2016年4月末日現在。

銘柄コード:1391UBS ETF スイス株(MSCI スイス20/35)

  • スイス株式市場の大型・中型株で構成される「MSCIスイス20/35インデックス」との連動を目指すETF(上場投資信託)です。
  • JDR形式(外国ETFを信託財産とする受益証券)での上場のため、内国株式と同様にお取引いただけます。(外国証券取引口座の開設は不要です。)

ファンド業種別ウエート

保有上位10銘柄

1ネスレ21.53%
2ロシュ・ホールディング16.09%
3ノバルティス15.73%
4UBSグループ5.73%
5ABB4.21%
6シンジェンタ3.37%
7フィナンシエール・リシュモン3.15%
8チューリッヒ・インシュランス・グループ3.05%
9スイス・リー2.83%
10クレディ・スイス2.47%

出所:UBS ETF 2016年4月末日現在。

銘柄コード:1392UBS ETF 英国株(MSCI 英国)

  • 英国株式市場の大型・中型株で構成される「MSCI英国インデックス」との連動を目指すETF(上場投資信託)です。
  • JDR形式(外国ETFを信託財産とする受益証券)での上場のため、内国株式と同様にお取引いただけます。(外国証券取引口座の開設は不要です。)

ファンド業種別ウエート

保有上位10銘柄

1ロイヤル・ダッチ・シェル8.71%
2HSBCホールディングス5.48%
3ブリティッシュ・アメリカン・タバコ4.81%
4グラクソ・スミスクライン4.39%
5BP4.23%
6ボーダフォン・グループ3.60%
7アストラゼネカ3.07%
8ディアジオ2.87%
9レキットベンキーザー・グループ2.62%
10SABミラー2.51%

出所:UBS ETF 2016年4月末日現在。

銘柄コード:1393UBS ETF 米国株(MSCI 米国)

  • 米国株式市場の大型・中型株で構成される「MSCI米国インデックス」との連動を目指すETF(上場投資信託)です。
  • JDR形式(外国ETFを信託財産とする受益証券)での上場のため、内国株式と同様にお取引いただけます。(外国証券取引口座の開設は不要です。)

ファンド業種別ウエート

保有上位10銘柄

1アップル2.76%
2マイクロソフト2.00%
3エクソンモービル1.94%
4ジョンソン・エンド・ジョンソン1.64%
5ゼネラル・エレクトリック1.53%
6フェイスブックA1.41%
7アマゾン1.39%
8ウェルズ・ファーゴ1.28%
9AT&T1.26%
10JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー1.23%

出所:UBS ETF 2016年4月末日現在。

銘柄コード:1394UBS ETF 先進国株(MSCIワールド)

  • 日本を含む先進国の株式市場に投資をする際の代表的な指標である「MSCIワールドインデックス」との連動を目指すETF(上場投資信託)です。
  • JDR形式(外国ETFを信託財産とする受益証券)での上場のため、内国株式と同様にお取引いただけます。(外国証券取引口座の開設は不要です。)

地域別アロケーション

ファンド業種別ウエート

保有上位10銘柄

1アップル1.62%
2マイクロソフト1.17%
3エクソンモービル1.14%
4ジョンソン・エンド・ジョンソン0.96%
5ゼネラル・エレクトリック0.90%
6フェイスブック0.83%
7アマゾン0.81%
8ウェルス・ファーゴ0.75%
9AT&T0.74%
10ネスレ0.74%

出所:UBS ETF 2016年4月末日現在。

UBSグループとは?

UBSグループとは?

UBS(正式名称:UBS AG)は、本店をスイスのバーゼルおよびチューリッヒに置き、世界の主要な金融センターを含む50カ国余で質の高い金融サービスを提供する、世界最大級の金融グループです。

日本においてはUBS証券株式会社、UBS銀行東京支店、UBSグローバル・アセット・マネジメント株式会社の三法人を通じて、法人・機関投資家および個人富裕層のお客様向けに様々な金融商品とサービスを提供しています。

UBSの強み

指数連動型ポートフォリオ・マネジメントの高い経験値、専門知識を有する資産運用会社です。また、30年超のパッシブ型運用の実績についても高く評価されています。

※この特集ページは、UBS証券からデータの提供を受け、制作しています。

国内株式のリスクと費用について

■国内株式 国内ETF/ETN 上場新株予約権証券(ライツ)

【株式等のお取引にかかるリスク】

株式等は株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等、ライツは転換後の価格や評価額の変動等により、損失が生じるおそれがあります。※ライツは上場および行使期間に定めがあり、当該期間内に行使しない場合には、投資金額を全額失うことがあります。

【信用取引にかかるリスク】

信用取引は取引の対象となっている株式等の株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は差し入れた委託保証金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。その損失額は差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。

【貸株サービスにかかるリスクおよび費用】

リスクについて
貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」になります。株券等を貸し付けいただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
当社の信用リスク
当社がお客様に引き渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いすることになりますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様が取得できないことになります。
投資者保護基金の対象とはなりません
なお、貸し付けいただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管の対象とはならず、投資者保護基金による保護の対象とはなりません。
手数料等諸費用について
お客様は、株券等を貸し付けいただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。
配当金等、株主の権利・義務について
貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等については貸出期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。
株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、権利を獲得するため自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出し設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。
貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。
株主優待、配当金の情報について
株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がございます。お取引にあたりましては必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。
大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について
楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。
税制について
株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。

【株式等のお取引にかかる費用】

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」2コースから選択することができます。
〔超割コース(貸株、投資信託の残高、信用取引の売買代金・建玉残高に応じて手数料が決定します。)(現物取引)〕
超割:1回の約定代金が5万円まで50円(税込54円)/1回、10万円まで90円(税込97円)/1回、20万円まで105円(税込113円)/1回、50万円まで250円(税込270円)/1回、100万円まで487円(税込525円)/1回、150万円まで582円(税込628円)/1回、3,000万円まで921円(税込994円)/1回、3,000万円超973円(税込1,050円)/1回
超割(大口優遇):1回の約定代金が10万円まで0円、20万円まで100円(税込108円)/1回、50万円まで238円(税込257円)/1回、100万円まで426円(税込460円)/1回、150万円まで509円(税込549円)/1回、3,000万円まで806円(税込870円)/1回、3,000万円超851円(税込919円)/1回
〔超割コース(信用取引)〕
超割:1回の約定代金が10万円まで90円(税込97円)/1回、20万円まで135円(税込145円)/1回、50万円まで180円(税込194円)/1回、50万円超350円(税込378円)/1回
超割(大口優遇):約定代金に関わらず0円
詳細は、当社ウェブサイトをご覧ください。
〔いちにち定額コース〕
1日の約定代金合計が10万円まで0円、20万円まで191円(税込206円)/1日、30万円まで286円(税込308円)/1日、50万円まで429円(税込463円)/1日、100万円まで858円(税込926円)/1日、200万円まで2,000円(税込2,160円)/1日です。以降、1日の約定代金合計が100万円増えるごとに1,000円(税込1,080円)追加されます。取引のない日は手数料がかかりません。1日の約定代金合計は現物取引と信用取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定するETFの手数料は0円です。いちにち定額コースの場合は、約定代金合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、オペレーター取次ぎによるお取引の手数料体系が適用されます。
    〔オペレーター取次手数料(現物取引)〕
    1回の約定代金が50万円まで3,450円(税込3,726円)/1回、100万円まで3,800円(税込4,104円)/1回、150万円まで4,000円(税込4,320円)/1回、150万円超は4,500円(税込4,860円)/1回。
    〔オペレーター取次手数料(信用取引)〕
    1回の約定代金が30万円まで3,250円(税込3,510円)/1回、30万円超は3,450円(税込3,726円)/1回です。
  • 国内株式を募集・売出し等(新規公開株式(IPO)、立会外分売)により取得する場合は、委託手数料はかかりません。
  • 信用取引による建玉を保有している期間は、買い建玉の場合は買方金利〔制度:通常 年2.80% 優遇 年2.28%、一般(無期限):通常 年2.80% 優遇 年2.10%、一般(1日):1約定当たり売買代金100万円未満 年 1.90% 100万円以上 年0.0%〕、売り建玉の場合は貸株料〔制度:年1.10%、一般(無期限):年1.10%、一般(短期(14日)):年3.90%、一般(1日):1約定当たり売買代金100万円未満 年 1.90% 100万円以上 年0.0%〕、品貸料(逆日歩)、特別空売りの場合は、特別空売り料等がかかります。

【信用取引の委託保証金について】

信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?