現在地
ホーム > 特集 > 先進国でありながら、「高金利」・「資源国通貨」の豪ドルに注目!

先進国でありながら、「高金利」・「資源国通貨」の豪ドルに注目!

先進国でありながら、「高金利」・「資源国通貨」の豪ドルに注目!

豪ドルは資源国通貨と先進国通貨のふたつの顔を持っています。オーストラリアは、多様な地下鉱物や農産物を供給する世界有数の 資源国であるほか、先進国の中で比較的高金利であること、日本との時差が1時間と短く、取引時間が重複していることなど、豪ドルは 日本でも人気の高い通貨です。

2011年後半の豪ドルの動きは、欧州の問題をはじめ、米国や中国などアジア経済の減速懸念が高まる中で軟調な展開となり、10月 上旬には72円台の年間安値を付ける場面もありました。その後はリスク回避と巻き戻しを繰り返し、70円台半ばを中心としたもみ合いが 続きました。

欧州の問題に目処が立ち、世界経済も再び加速する状況になれば、オーストラリアは資源・食料などの需要拡大の恩恵を受けると 思われます。今後の円安への反転を期待し、豪ドルやオーストラリア債券に組入を行っている投資信託や豪ドルのMMFへ投資を 検討なさってみてはいかがでしょうか。

豪ドル対円為替レート

S&P/ASX 200 UBDEX

直近のオーストラリア経済情勢をチェック

  • チェック

    GDPが2四半期連続のプラス
    2011年12月7日に発表されたオーストラリアの2011年7-9月期GDP(国内総生産)は、前期比で1.0%増となり、2四半期連続の プラス成長となりました。資源セクターへの投資や堅調な消費が寄与したほか、前回分(4-6月期)も上方修正されており、 世界経済の先行きが不安視される中で、同国経済は底堅さを示したといえます。

  • チェック

    2ヶ月連続で政策金利を引き下げ
    オーストラリア準備銀行(RBA)は11月と12月に連続して政策金利を引き下げました。それぞれ0.25%ずつ、計0.5%の利下げとなり、 政策金利は4.75%から4.25%となりました。インフレの落ち着きと世界経済の下振れ警戒を背景に、リスク管理の一環による利下げと 思われるほか、2009年7月の政策金利が3.0%だったことを踏まえると、一段の金融緩和の余地を有していると考えられます。

プロの目線!委託会社からのオーストラリアレポート

オーストラリア・豪ドルに投資する投資信託

2012年1月現在、楽天証券ではオーストラリア債券や豪ドルに投資するファンド33本を取扱しております。 今回は、中でも過去3ヵ月における分配金再投資での収益率(リターン)を年率換算した「トータルリターン」が 10%以上(2012年1月27日時点)のファンド8本をリストアップいたしました。

トータルリターンは、ファンドの過去の運用実績を把握する際の指標とされています。注目のオーストラリアや豪ドルに投資したいけれど、どのファンドを買えばいいのか分からない方は、トータルリターンや分配金の有無などに注目してみてはいかがでしょうか。

ファンド名 委託会社 基準価額
(2012年1月27日時点)
純資産(億円)
(2012年1月27日時点)
直近分配金
(2012年1月実績)
トータルリターン
(3ヵ月実績)
トータルリターン
(1年実績)
DIAMアジア・オセアニア好配当株オープン DIAM 9,959 3.0 0円 15.96 -10.92
アジア・ハイ・イールド債券ファンド
(毎月分配型)為替ヘッジなしコース
NKSJ 10,681 0.2 100円 15.56 ---
PCAアジア・オセアニア好配当
株式オープン(毎月分配型)
PCA 5,560 169.9 35円 15.02 -12.56
アジア・オセアニア好配当成長株オープン
(毎月分配型)
岡三 4,539 2282.9 75円 13.17 -12.33
国際のシングル・カントリー・
シリーズ豪ドル債券オープン(毎月決算型)
国際 9,688 1.7 35円 12.72 ---
インベスコ オーストラリア債券
ファンド(毎月決算型)
インベスコ 8,406 277.2 110円 12.09 7.78
アジア・パシフィック・ソブリン・
オープン(毎月決算型)
国際 9,243 540.5 100円 11.99 -0.99
三井住友・アジア・オセアニア
好配当株式オープン
三井住友 5,118 622.1 45円 11.13 -7.93

※データ取得:2012年1月27日時点

豪ドルに投資する外貨建てMMF

オーストラリアドル建てMMF(豪ドルベース)

現在の直近7日間平均利回り(税引き前)

注文(ログイン)

お申込単位10通貨(約1,000円)から!

豪ドル建の短期証券で運用し、好利回りを目指します。質の高い金融市場証券に投資することにより、元本を維持し流動性を保ちながら、好収益を得ることを目的とします。

楽天IDでかんたん口座開設

口座開設

過去実績分配金利回りについて

  • 前営業日までの分配金実績と基準価額をもとに、翌営業日に更新します。
  • 過去実績分配金利回りは、直近3ヵ月の分配金合計を、直近3ヶ月の基準価額平均で除して年率換算し算出したもので、将来の利回りを保証するものではありません。また、基準価額の値下がりによる損失は考慮しておりません。運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われなくなる場合があります。
  • 掲載銘柄は、決算回数が毎月の銘柄のうち、直近3ヵ月の分配金実績がある銘柄を対象としています。
  • 当該実績は過去のものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。また、投資した有価証券等から得られる利子、配当収入を上回る分配を行った場合、他の条件が変わらなければ上回る分は基準価額の下落要因となります。運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われなくなる場合があります。

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なり、多岐にわたりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク
  • 主な投資対象が国内株式

    組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

  • 主な投資対象が円建て公社債

    金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

  • 主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの

    組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.32%)およびファンドの管理費用(信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

  • お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用

    「買付手数料」:ファンドによって異なります。

  • 保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用

    「ファンドの管理費用(信託報酬)」:ファンドによって異なります。

  • ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用

    「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。
各商品のお取引にあたっては、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託に関する情報提供について

  • 楽天証券株式会社がウェブページ上で掲載している投資信託関連ページは、お取引の参考となる情報の提供を目的として作成したものであり、投資勧誘や特定銘柄への投資を推奨するものではありません。
  • 各投資信託関連ページに掲載している投資信託は、お客様の投資目的、リスク許容度に必ずしも合致するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
  • 各投資信託関連ページで提供している個別投資信託の運用実績その他の情報は、当該投資信託の今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、また、将来の運用成果をお約束するものでもありません。

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。

外国債券のリスクと費用について

外国債券の取引にかかるリスク
債券は、債券の価格が市場の金利水準の変化に対応して変動するため、償還前に換金すると損失が生じるおそれがあります。また、債券を発行する組織(発行体)が債務返済不能状態に陥った場合、元本や利子の支払いが滞ったり、不能となったりすることがあります。
外国債券(外貨建て債券)は為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じたり、債券を発行する組織(発行体)が所属する国や地域、取引がおこなわれる通貨を発行している国や地域の政治・経済・社会情勢に大きな影響を受けたりするおそれがあります。
外国債券の取引にかかる費用等
外国債券を購入する場合は、購入対価のみお支払いいただきます(委託手数料はかかりません)。また、売買における売付け適用為替レートと買付け適用為替レートの差(スプレッド)は債券の起債通貨によって異なります。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?