現在地
ホーム > 特集 > 日本・アジア最大規模の資産運用会社「アセットマネジメントOne」誕生記念。社長対談&キャンペーン

日本・アジア最大規模の資産運用会社「アセットマネジメントOne」誕生記念。社長対談&キャンペーン

日本・アジア最大規模の資産運用会社「アセットマネジメントOne」2016年10月1日誕生

2016年10月1日の経営統合により、日本・アジア最大規模の資産運用会社としてスタートしたアセットマネジメントOneの取締役社長 西惠正氏に、新しく誕生したアセットマネジメントOneについて、個人投資家への影響や人気のたわらノーロードシリーズに今後追加される新商品について伺いました。

 また、楽天証券代表取締役社長楠雄治に、9月25日から開始した確定拠出年金の商品ラインナップについて、商品の選定方針や今後の投資教育・啓蒙活動について聞きました。
さらに、併せて実施するたわらノーロードキャンペーンにも関わる社会貢献活動についても、「資産運用と社会貢献活動の融合」というテーマで両社長にその思いを伺いました。

日本・アジア最大規模の資産運用会社「アセットマネジメントOne」2016年10月1日誕生

社長対談動画の目次

■#001 新会社誕生を迎えて
■#002 統合による個人投資家への影響
■#003 人気の低コスト投信と確定拠出年金
■#004 たわらノーロード新商品と為替リスク
■#005 キャンペーンについて
■#006 資産運用と社会貢献の融合
■#007 個人投資家へのメッセージ

アセットマネジメントOne誕生記念関連キャンペーン&関連特集

社長特別対談

投資信託のコスト改革について

アセットマネジメントOne 西:
日本の個人の金融資産は1,700兆円といわれています。その約半分が預金として眠っています。預金はいまや、1ベーシスポイント(※)しか金利がない世界です。
この1ベーシスポイントの預金に置いておき、運用していないというのは、知識以上に、投資家のマインドがまだ「デフレ」ということだと思います。

本当に「デフレ」であれば、1から2ベーシスポイントでも、預金に置いておくという行動のほうが正しいといえますが、現状、2%のインフレ目標にすぐに到達するかどうかは別にしても、足元はマイナスのデフレ成長から抜け出しているという状態になっていると思います。
そういう意味では、資産運用業界のあり方は変わってこないといけないと考えます。

800兆円以上の預金で運用されている、この大多数の預金に満足している方々が、投信による資産運用を始めるには、我々は色々なバランス型投信などの商品を提供しなければいけないと考えます。また、それ以上に、初心者が資産運用に入って来やすい出来るだけ低コストで、わかりやすい商品が必要であると考えます。

資産運用業界の発展のキーワードは、「低コストのシンプルな商品」。
我々は、統合により規模が大きくなりますが、そういった意味ではこれらの試みが大変実行しやすい環境になります。

  •  1ベーシスポイント=0.01%

確定拠出年金やその他商品の組み合わせ方と投資教育について

楽天証券 楠:
確定拠出年金というのは、国民年金や厚生年金といった公的年金に加えて、自助努力で将来の資産を形成していくという、国が定めた年金プログラムです。

こういった制度をきっかけに投資に参加される方々は、投資に馴染みの薄い、一般の方です。我々としては良質な商品を提供しながら、併せて教育活動・啓蒙活動をおこないながら、最適な商品を選んでいただきたい。

そのためには、ホームページや色々なメディアを通じて、教育機会をもちながら、いい商品・コストの低い商品の組み合わせを提案していくのが重要と考えます。

また、より良い投資信託を選んでいただくということについては、昨年より始めました楽天証券ファンドスコアというものがあります。
短期から長期まで1年、3年、5年という期間でスコアを算出しています。
アセットマネジメントOne様の提供される商品については、特にアクティブ系のファンドについて本当にスコアの高いものを提供いただいていて、まさに運用力と低コストという2つのバランスをとった商品を提供いただいていると思います。

アセットマネジメントOne 西:
運用力という点においては、我々としてひとつのキーワードは「長期」ということ。5年10年という、より長い期間で資産運用をしていくことは、これからの日本の投資運用が大きくなっていくうえで必要なことと考えます。

我々は、今までも、大規模な年金などの運用をしていましたので、統計的なモデルであるとか、理論的なアセットアロケーション、クォンツや数量的なテクニックといった面でも強みがあり、これらを個人の方にも提供していきたいと考えています。

また、我々は直接、投資家の皆様と接することが少なく、やや間接的な働きかけになってしまいます。楽天証券が教育活動をする中で、協力させていただき、また我々を活用していただきたいと思っています。

楽天証券 楠:
どちらにしてもこれからは、生活者(初心者)が中心となってくるので、教育のコンテンツとしては、「なぜこういうものが必要なのか」という、ソリューションベースで、それぞれの人の、ライフスタイルや考え方、そういうことにマッチした形で「教育」というものを組み立てていきたいと考えています。

アセットマネジメントOne様も様々な教育コンテンツやナレッジをお持ちだと思いますので、それらを一緒に議論して組み合わせて、よりお客様にわかりやすく、また切実に感じていただけるような教育ができれば一番いいと思います。

また、10月には早速アセットマネジメントOneと楽天証券で共同のセミナーを開催するということで、こちらも大変楽しみにしております。

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なり、多岐にわたりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式
組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が円建て公社債
金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの
組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.32%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「買付手数料」:ファンドによって異なります。
保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用
「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。
ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。 各商品のお取引にあたっては、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について

投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。

毎月分配型ファンド・通貨選択型ファンドに関するご注意

投資信託に関する情報提供について

  • 楽天証券株式会社がウェブページ上で掲載している投資信託関連ページは、お取引の参考となる情報の提供を目的として作成したものであり、投資勧誘や特定銘柄への投資を推奨するものではありません。
  • 各投資信託関連ページに掲載している投資信託は、お客様の投資目的、リスク許容度に必ずしも合致するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
  • 各投資信託関連ページで提供している個別投資信託の運用実績その他の情報は、当該投資信託の今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、また、将来の運用成果をお約束するものでもありません。

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。

楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?