現在地
ホーム > 特集 > Facebook(フェイスブック)上場特集 ~ 関連銘柄の動向にも期待!

Facebook(フェイスブック)上場特集 ~ 関連銘柄の動向にも期待!

facebook 上場特集 ~ 関連銘柄の動向にも期待!

全世界で9億人以上の利用者を誇るSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)の筆頭Facebook(フェイスブック)がいよいよ米国株式市場に上場する予定となりました。今後さらなる成長余地が期待されるフェイスブックはもちろんのこと、Facebookと取引関係にある企業や、Facebookを活用したマーケティングを展開する企業、さらに上場による投資収益が見込まれる金融機関など、関連銘柄にも投資家の注目が集まるものと予想されます。

楽天証券ではFacebookの魅力に注目するとともに、有望なFacebook関連銘柄をご紹介いたします。

Facebookがいよいよ上場!

2012年2月1日、Facebookは米国証券委員会(SEC)に対してS-1という書類を提出しました。S-1とは米国証券市場の管理を行うSECに対して新規公開を正式に申請する文書。S-1を提出したことでFacebookは今後数か月以内に株式市場(ニューヨーク証券取引所もしくはNASDAQ)に上場され、晴れて上場銘柄のラインアップに加わることになります。これにより日本人投資家でも楽天証券を通じてFacebookの株式をお取引いただけるようになります。

Facebook成長の軌跡 月間純利用者数と売上高の推移

投資対象としてのFacebookの魅力は、その潜在力にあります。創業直後の2005年には100万人程度だった月間ユーザーは、その後の2011年には全世界で9億人に達しています。その一方で、Facebookのサービスは学生間のコミュニケーションツールを基に発展した経緯があり、商業的な成功を当初は追求してこなかったため、利用者への課金サービスなどが展開されることで今後の収益基盤拡大余地が大きいとされています。

新規取扱い銘柄

ティッカー 銘柄名 市場 業種 情報種類
FB フェイスブック NASDAQ GS インターネットサービス
  • 株価
  • 企業情報
  • チャート
買い 売り

※ 2012年5月18日(金)上場当日の初値決定後から取引開始。
 米国株式市場は日本時間22:30に開場いたしますが、弊社での注文の受付は初値決定後となります。

Facebook関連銘柄の概要

株式市場では投資家の関心はFacebookのIPOはもちろんのこと、関連銘柄にも及んでいるようです。実際のビジネスで協業関係にあるオンラインゲーム開発のジンガ(ZNGA)を始め、オンラインサービスに不可欠な大量データ記憶デバイスを提供するフュージョンIO(FIO)、上場前にFacebook株式を取得したゴールドマンサックス(GS)やT.ロウプライス(TROW)、さらに類似企業としてのネットビジネス関連銘柄や、Facebookを活用したマーケティングに積極的に取り組むネットフリックス(NFLX)などが関連銘柄として注目されそうです。

ゴールドマン・サックス(GS) A株66百万株保有
モルガン・スタンレー(MS) 上場時の引受主幹事
T.ロウプライス(TROW) 傘下ファンドにてA株6百万株保有
フュージョンIO(FIO) データストレージデバイスを開発
ジンガ(ZNGA) フェイスブックでオンラインゲーム提供

コカ・コーラ(KO) ファン登録者4,000万人以上
ネットフリックス(NFLX) 専用アプリを提供予定
スターバックス(SBUX) 独自コンテンツを提供
アップル(AAPL) アプリや商品情報提供
ディズニー(DIS) 上映作品の動画配信などを提供
グルーポン(GRPN) オンラインのクーポン提供サービス
リンクトイン(LKND) 職業人向けSNSサイト
パンドラメディア(P) インターネットラジオ局を運営
レンレン(RENN) 中国最大のSNSを提供

Facebook関連銘柄 この銘柄に注目!

こちらでは数あるFacebook関連銘柄でも、Facebookとの関連性が高く、市場関係者の注目が高まるとみられる銘柄を取り上げてみました。FacebookのIPOで集まった資金が次に向かうのは、こういった関連銘柄となる可能性もありそうです。

Facebookのサービスはオンライン上の利用者が様々な情報交換を行うことが基本。そのため運営体であるFacebookは大量のデータ保存とデータの処理を行うデータセンターなど高機能ITインフラの構築が不可欠となります。そのデータセンターの中核機能となるデータ保高機能ストレージデバイスを提供するのがフュージョンIOです。Facebookのサービスを根本からを支える企業ともいえる同社は、フェイスブックの進化から恩恵を受ける企業として期待されます。

ジンガ (Zynga Inc.)ティッカー:ZNGA

買い

Facebook関連の代表格といえばジンガは外せません。Facebook利用者を対象としたオンラインゲーム開発を手がけるジンガは、CityVilleなど米国での人気タイトルを提供してきました。オンラインゲーム利用者に対する課金を主な収入源とする同社は、これまでFacebookでのゲーム提供にほぼ依存していましたが、収益源の拡大を目指しアンドロイドをベースとするソフト提供なども始めており、Facebookの成長だけでは語れない成長余力が見込まれます。

社会人版Facebookとも呼ばれるリンクトイン。職業人がインターネット上で人脈構築や、情報交換の場としておもに米国で活用されています。Facebookと類似のサービスを提供する企業だけに、投資家から連想されやすい関連銘柄とも考えられます。2011年の米国IPO銘柄の中で、上場来の株価上昇率において上位につけており、市場でも同社に対する期待感の高さが伺えます。

ネットフリックスはDVDの宅配レンタルサービスや映像コンテンツ提供を行う企業です。ここ数年競争が激しくなりつつあるコンテンツビジネスでの勝ち残りを目指し同社が注目しているのがFacebookを活用したウェブマーケティング。Facebook上で友人同士がお互い視聴した映画のタイトルを確認できるアプリケーションを開発中で注目を集めています。

レンレン (Renren Inc.)ティッカー:RENN

買い

中国でFacebookと類似するサービスを展開するレンレン。中国では今のところFacebookのサービスは原則禁止されていることもあり、膨大な人口を抱える有望な市場をとりこめる事業環境への優位性から同社への期待が高まるものとみられます。2011年の上場以降、低迷していた株価も今年年初から上昇トレンドをたどっています。

年初から米国株式市場が底堅く推移していることもあり、久々の大型IPOとなるFacebookにとっても環境は追い風。世界的な経済イベントとして取り上げられると予想されるFacebookのIPO、そして関連銘柄の動向にぜひご注目ください!

楽天IDでかんたん口座開設

口座開設

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?