現在地
ホーム > 特集 > ベトナム投資の魅力

ベトナム投資の魅力

ベトナム投資の魅力

お客様から多くの取扱いリクエストをいただき、2010年2月から取扱銘柄に追加した「db x トラッカーズFTSEベトナムETF」が引き続きご好評をいただいております。

コード 銘柄名 主要取引所 管理報酬等
銘柄名(英字)
03087 db x-トラッカーズ FTSEベトナムETF
db x-trackers FTSE VIETNAM ETF
香港 0.85%
db x トラッカーズFTSEベトナムETFが連動対象とするFTSEベトナム・インデックス(以下、「当インデックス」)は、FTSEベトナム全銘柄インデックスのサブセットであり、外国からの投資が十分可能である約20銘柄から組成されています。当インデックスはトータルリターン・イ ンデックスであり、スポンサーは、FTSE International Limited (FTSE)です。

世界の一流機関投資家に学ぶ ETFポートフォリオ運用戦略

世界分散ETFに小型株をトッピング!

第1回 ~ ベトナム 輸出大国への変貌目指し成長加速中!

人口約8,700万人(2010年)のベトナムの首都は、ハノイです。一方ベトナム最大の700万人以上の人口を誇る南部の大都市ホーチミンは商業の中心として機能しています。

主要な産業は伝統的に強みをもつ農林水産業、鉱業、繊維などの軽工業に加え、近年では外資系企業の進出などを追い風に電子機器などを中心に製造業も伸びています。豊富な労働力と相対的に低い賃金水準のメリットを生かし中国に次ぐ世界の工場へと成長することが期待されています。

貿易では国内精製所の稼動にともない原油の輸出は減少傾向にあるものの、エビや米など農水産物やその他一次産品、アパレルや履物などの工業製品のほか、近年の外資系製造業の投資拡大を背景に電気機器や機械などの輸出が順調に伸びています。一方、輸入では国内消費の拡大に伴う各種消費財のほか、製造拠点としての能力拡充を図るために工作機械や各種原材料などが増加しており、貿易面でもベトナムの経済成長と工業化を目指す活発な動きが伺えます。

対外的にも過去の経緯から必ずしも良好な関係には無かった中国との貿易が近年大きく拡大しつつあるほか、ASEAN域内での活発な貿易が続くなど、経済成長に先行する近隣国に囲まれている地理的なメリットもベトナムの発展を後押ししています。

ベトナムの通貨は「ドン(Dong)」で、1,000ドンは約3.7円(2011年9月13日現在)です。

ベトナムの特徴として新興国にありがちな国内での民族や宗教的な争いや、格差が総じて少ない点があげられます。こうした好環境や人口の規模などを踏まえ、経済成長においてはしばしばベトナムは東南アジアでもより日本に近い発展プロセスを遂げる可能性が指摘されており、代表的な新興国であるBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に次ぐ成長国として、ベトナムが注目を集める要因となっています。

成長が本格化するベトナム経済 ~ 工業化の進展にともない経常赤字も改善へ向かう見込み

金融危機の影響により先進国向け輸出への依存度が高かったアジア各国が軒並みマイナス成長となった2009年でも、内需の拡大を基盤にベトナムはGDP成長率5%台のプラス成長を維持しました。また2010年はGDP成長率6.8%を記録したほか、2011年以降も安定的に6%台の成長を維持する見通しで、統計的にもベトナムの成長力が際立っています。

アジア新興国のGDP成長率とインフレ率

  GDP成長率 インフレ率
2009 2010※ 2011(予想) 2012(予想) 2009 2010※ 2011(予想) 2012(予想)
中国 9.2 10.3 9.6 9.5 -0.7 3.3 5.0 2.5
インド 6.8 10.4 8.2 7.8 10.9 13.2 7.5 6.9
インドネシア 4.6 6.1 6.2 6.5 4.8 5.1 7.1 5.9
マレーシア 0.2 6.1 4.5 4.2 2.8 3.0 4.5 3.0
フィリピン -1.7 7.2 5.5 5.2 0.6 1.7 2.8 2.5
シンガポール 1.1 7.3 5.0 5.0 3.2 3.8 4.9 4.3
韓国 -0.8 14.5 5.2 4.4 0.6 2.8 3.3 3.0
スリランカ 3.8 9.1 7.0 6.5 3.4 5.9 7.9 6.2
台湾 -1.9 10.8 5.4 5.2 -0.9 1.0 2.0 2.0
タイ -2.3 7.8 4.0 4.5 -0.8 3.3 4.0 3.4
ベトナム 5.3 6.8 6.3 6.8 6.7 9.2 13.5 6.7

一方、昨年から新興国経済の懸念材料となっているインフレは、ベトナムにも影響を与えています。2011年のインフレ率は2ケタに達する見込みで、物価の制御が大きな課題となっています。ただベトナム政府も過去のインフレ対応で後手を踏み物価高騰を招いてしまった経験をふまえて機動的な政策実施を進めており、政策の効果が期待できる2012年には落ち着きを取り戻すものとみられます。

  経常収支(対GDP比) 財政収支(対GDP比)
2009 2010※ 2011(予想) 2012(予想) 2009 2010※ 2011(予想) 2012(予想)
中国 6.0 5.2 5.7 6.3 -3.1 -2.6 -1.6 -0.9
インド -2.8 -3.2 -3.7 -3.8 -9.4 -9.0 -8.0 -7.3
インドネシア 2.6 0.9 0.9 0.4 -1.8 -0.6 -1.5 -1.4
マレーシア 3.9 2.8 1.1 1.0 0.0 2.4 2.5 2.8
フィリピン 16.5 11.8 11.4 10.8 -5.9 -5.1 -5.1 -4.9
シンガポール 5.8 4.5 2.9 2.8 -3.9 -3.7 -3.3 -2.6
韓国 19.0 22.2 20.4 19.0 -0.8 5.3 3.3 3.6
スリランカ -0.5 -3.5 -4.1 -4.5 -10.4 -8.2 -7.1 -5.3
台湾 11.4 9.4 11.6 10.9 -5.2 -4.9 -3.1 -2.7
タイ 8.3 4.6 2.7 1.9 -3.2 -2.7 -2.6 -1.7
ベトナム -6.6 -3.8 -4.0 -3.9 -9.0 -6.4 -3.9 -3.8

出所:IMF *韓国、タイ、スリランカの各2010年各数値は推計値

インフレに並ぶベトナムのもうひとつの問題が慢性的な経常赤字です。経常赤字は主にベトナムが工業化を進めるための輸入拡大を背景とした貿易赤字によるものであり、将来の成長基盤を形成する先行投資と考えるべきでしょう。またベトナム政府は財政赤字の制御にも積極的に取り組んでおり、今後緩やかながら財政赤字幅も縮小傾向をたどるものと見られます。

ベトナム投資とETF

db x-トラッカーズ FTSEベトナム ETF(03087) は、FTSEベトナム株式指数のパフォーマンスに連動を目指す、アジアに上場している唯一のETFです。
db x-トラッカーズ FTSEベトナム ETF は、香港に上場している為、日本の投資家はアジア時間帯でトレードが可能です。 また、db x-トラッカーズはルクセンブルグ籍のため、米国籍ETFのように、分配金に対する10%の税金が課されません。

現地コード 銘柄名 市場 信託報酬 注文
03087 db x-トラッカーズ FTSEベトナム ETF 香港 0.85% 買い 売り

ファンド情報

インデックス上位10構成銘柄

FTSEベトナム株式指数とは?

世界有数の新聞会社であるフィナンシャル・タイムズ者とロンドン証券取引所合弁会社であるFTSE社が設定した指数です。
FTSE ベトナム全銘柄インデックスのサブセットであり、外国からの投資が十分可能である約20銘柄から組成されています。

FTSEベトナム・インデックスETFのパフォーマンス

db x-trackersとは?

db x-trackersとは、ドイツ銀行グループが提供するETF です。ドイツ銀行は、ETFプラットフォームに500億米ドル以上の運用資産を持ち、世界で三番目に大きなETFプロバイダーです。

なお、ドイツ銀行グループが提供するETFは、120を超える銘柄数で幅広いアセットクラス(株式、債券、通貨、商品、ヘッジファンド、金利)をカバーしており、2009年ストラクチャード プロダクト マガジンで、ヨーロッパのベストETFプロバイダーにも選ばれました。

  • 出所:ドイツ銀行リサーチ、2010年1月

楽天会員の方の資料請求はこちら 楽天会員でない方の資料請求はこちら

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?