保証金/証拠金への振替

信用取引、FX 取引、先物・オプション取引を始めるためには、預り金を各種取引口座(以下サブ口座)の
保証金/証拠金に振替える必要があります。また、保護預り(現物株式・投資信託)を代用有価証券としてご利用
いただけます。
預り金・保護預りから各サブ口座への振替方法にはご自身で都度振替操作を行う「手動振替」と事前の設定を
基に自動的に振替える「自動振替」の2つがあります。預り金・保護預り(現物株式・投資信託)と
サブ口座間の振替えイメージ図は以下の通りです。

手動振替

預り金・保護預りからサブ口座への振替えは手動で金額、数量を指定して行うこともできます。
また、サブ口座間で振替えを行う場合は、手動で行う必要があります。
手動振替は、ログイン後画面の「入出金・振替>振替実行・代用状況」より設定することができます。

自動振替

預り金・保護預りからサブ口座の保証金/証拠金への振替は事前に設定を行うことで、自動的に行うことが
できます。自動振替は各取引口座で個別に設定することができます。

自動振替設定の項目は以下の6つです。

  • 「マネーブリッジ」を設定いただくと、楽天銀行の普通預金口座残高から現金を振替えることも可能です。

2018年9月3日(月)以降に信用取引口座を開設されるお客様

2018年9月3日(月)以降に信用取引口座を開設される場合、以下の通り自動振替機能の初期値が設定されます。
この設定は、信用取引口座開設完了後、いつでも変更が可能です。

自動振替機能の設定項目 弊社が設定する初期値
A:自動振替の対象 現金 対象
対象 ※1
投信 対象
B:新規発注時の自動振替 対象
C:未解消の追証に対する自動振替 対象
D:保証金率/維持率の自動回復 30%
E:余力の自動引出 対象外
F:現物買付時の株式代用自動振替 保護預り ※2
  • 1 貸株サービスの自動貸出し設定において、「自動で貸出す」を選択されている場合、現物株式は自動振替の対象として設定されません。
  • 2 口座開設のタイミングにより、「信用代用」となっている場合があります。

信用口座を開設されているお客様の中で、買付けた現物株式を自動的に信用代用としたい場合

信用口座を新規に開設した際は自動振替設定の「F:現物買付時の株式自動振替」が「保護預り」となるため、買付けた現物株式は常に保護預りとして振替えられ、その売却代金も預り金へ振替えられます。

買付けた現物株式を常に信用代用とし、売却代金を信用口座でお受け取りになりたい場合は、受渡が完了していない注文が無い状態で、自動振替設定の「F:現物買付時の株式自動振替」を「信用代用」に変更してください。

また、保護預りにある現物株式を信用代用へ手動へ振替後、売却を行った場合、その売却代金は信用口座へ振替られます。

振替設定対応チャネル

サブ口座の開設

各取引を始めるためには、それぞれ口座開設をする必要があります。口座開設は以下のページよりお申込
いただけます。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方