現在地
ホーム > 債券 > 債券担当者による 債券のいろは > 第4回 債券の利回りとは(その2)― 通貨ごとに違う基準金利
  • 前回へ
  • レポートの一覧へ戻る
  • 次回へ

債券担当者による 債券のいろは

第4回 債券の利回りとは(その2)― 通貨ごとに違う基準金利

前回は、債券の利回りが決まる材料として、「基準金利」と「債券スプレッド」の2つがあることをお話しました。
今回のトピックは、「国ごとの基準金利の違い」です。
新興国の基準金利が高くなる傾向について考えてみましょう。

国ごとの「基準金利」 - 新興国が高め

各国の10年国債利回り -出所:ブルームバーグ(2017/3/8時点)-

右図は各国の基準金利です。
新興国で最高の南アフリカは8%超、先進国で最低の日本はほぼゼロ金利と、2極化しています。

この違いは、国ごとの経済状況や投資のリスクが違うから。
では、違いの「もと」を順に見てみましょう。

インフレ率 = 物価の上昇率

インフレ率は景気のモノサシとしてもよく使われます。
インフレ率が高いほど、物価は早く上がります。物価が上がる好景気のサイクルは以下のようになります。

商品が売れる → 会社が儲かる → 給料が上がる → 消費が増える → 物価が上がる

各国のインフレ率 -出所:IMF(国際通貨基金)-

今の日本は「低成長・低インフレ」で苦しんでいます。一方、新興国のインフレ率は高く、それは経済の成長余地が大きいことが理由に上げられます。

たとえば、新興国は製品の割安感に加え、質や評価が上がることで輸出量や価格もアップ。 すると、企業収益と賃金が伸び、物価も上昇・・・という好景気のサイクルができます。

実質金利 = お金を借りる側にとってのコスト

では、インフレ率の高い新興国に投資した方がいいのか?というと、そうとも言えません。
お金を貸す側の「リスク」と「リターン(金利)」に関しても考えてみましょう。

  1. 経済の規模が大きく安定性が高い先進国
  2. 経済が小さく安定性が低い新興国

①の先進国は経済が安定しているので、貸す側のリスクが低いと言えるのです。
逆に、②の新興国はお金が返ってこないリスクが気になりますね。もし②に貸すなら、リターン(金利)が高ければ貸す気になるかも知れません。借りる側も、「高めの金利でも良いのでお金を貸してください」となります。

お金を借りる側にとっては、基準金利からインフレ率を差し引いた率が「本当のコスト」。
借りる側のコストは、貸す側にとってのリターン(金利)です。

このことを「実質金利」と呼び、リスクの大きさを示す※ひとつの目安になります。
ただし実質金利はその国のお金の需給状況などに影響を受けるので、リスクの大きさだけを示すものではありません)

まとめると、国ごとの基準金利は、大きくは景気とリスクで決まり、次の式が成り立ちます。

基準金利=インフレ率+実質金利

リスクとリターンのバランスをどうみるか。外国為替レート変動のリスクとともに、材料としてぜひ覚えておきましょう。

  • 前回へ
  • レポートの一覧へ戻る
  • 次回へ

個人向け国債

米ドル建てストリップス債券(既発債券)

国内債券のリスクと費用について

国内債券の取引にかかるリスク
債券は、債券の価格が市場の金利水準の変化に対応して変動するため、償還前に換金すると損失が生じるおそれがあります。また、債券を発行する組織(発行体)が債務返済不能状態に陥った場合、元本や利子の支払いが滞ったり、不能となったりすることがあります。
国内債券の取引にかかる費用
国内債券を、楽天証券との相対取引によって購入する場合は、購入対価のみお支払いいただきます(委託手数料はかかりません)。

外国債券のリスクと費用について

外国債券の取引にかかるリスク
債券は、債券の価格が市場の金利水準の変化に対応して変動するため、償還前に換金すると損失が生じるおそれがあります。また、債券を発行する組織(発行体)が債務返済不能状態に陥った場合、元本や利子の支払いが滞ったり、不能となったりすることがあります。外国債券(外貨建て債券)は為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じたり、債券を発行する組織(発行体)が所属する国や地域、取引がおこなわれる通貨を発行している国や地域の政治・経済・社会情勢に大きな影響を受けたりするおそれがあります。
外国債券の取引にかかる費用
外国債券を購入する場合は、購入対価のみお支払いいただきます(委託手数料はかかりません)。また、売買における売付け適用為替レートと買付け適用為替レートの差(スプレッド)は債券の起債通貨によって異なります。

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?