取引ツール「マーケットスピード II RSS」のお問い合わせに関するお願い

2021年6月25日(金)より提供予定取引ツール「マーケットスピード II RSS」は、Microsoft社の表計算ツール「Excel」を使ってリアルタイムにマーケット情報を取得したり、発注機能とVBA、マクロなどを組み合わせて自動売買ができるなど非常に利便性が高いツールである一方、高度なPCスキルを要求される場合がございます。

特に、インターネット上等で配布されているマーケットスピード II RSSを組み込んだソフトや外部プログラムの利用においては弊社カスタマーサービスでサポートを行う事はできません。
お問い合わせの際には、以下をご確認いただきますようお願いいたします。

弊社カスタマーセンターでサポートできる範囲について

下記が弊社カスタマーセンターでサポートできる範囲とサポートできない範囲です。内容をよくご確認いただいたうえでお問い合わせいただきますよう、お願いいたします。

 サポートできるご質問

  • ダウンロードやインストールに関する内容
  • RSSのアドイン登録の方法に関する内容
  • ID・PWなどログインに関する内容
  • 入金、振替方法や取引ルールに関する内容
  • 約定内容、取引履歴照会に関する内容

 サポートできないご質問

  • RSSの具体的な操作方法やエラーに関する内容
  • Excelの使い方に関する内容
  • VBAやマクロに関する内容
  • RSSを使った注文操作や自動売買に関する内容
  • 外部でダウンロードしたソフトに関する内容

マーケットスピード II RSS お問い合わせの際のご注意事項

「マーケットスピードII RSS」における注文の受託はExcel上で条件入力を行った時点ではなく、注文内容を当社が受け付けた時点をもって注文の受託とします。注文の受託後にカスタマーサービスセンターにて、すでに発注済の未約定の注文については、訂正および取り消しを受けつけることはできますが、発注できなかった理由や関数の使い方についてはお答えいたしかねます。

また、お客様が作成されたExcelプログラムを確認することや外部のソフトの内容についてのご質問、「マーケットスピードII RSS」の使い方に関するご質問については対応いたしかねます。

「マーケットスピード II RSS」には、発注機能が搭載されています。使い方を誤ると誤発注によってお客様が損害を被る可能性があります。「マーケットスピード II RSSの利用に関する確認書兼同意書」をよくお読みのうえ、発注機能をご利用ください。

マーケットスピード II RSSについてよくあるご質問

Qマーケットスピード II RSSの利用にお金はかかりますか?
Aマーケットスピード II RSSは無料でご利用いただけます。
※なお、マーケットスピード II をご利用いただく際は、利用申請(無料)が必要となります。
QMicrosoft社のExcelではなく、KINGSOFT(キングソフト)のWPS SpreadsheetやGoogleスプレッドシートでも利用できますか?また、Macでの利用は可能ですか?
Aマーケットスピード II RSSは、Microsoft社のExcelのみ利用可能なトレーディングツールとなっております。KINGSOFTやGoogleスプレッドシートではご利用いただけません。
また、マーケットスピード II RSSはMacには対応しておりません。Windowsでのみご利用可能です。
推奨環境は以下の通りです。

推奨環境

OS Windows 8.1、10(32ビット版、64ビット版)
Excel Office 2013(32ビット/64ビット)
Office 2016(32ビット/64ビット)
Office 2019(32ビット/64ビット)

※Office 365は対象外です。

Qマーケットスピード II RSSで取引できる商品は何ですか?
A国内株式(現物取引・信用取引)、株価指数先物取引・オプション、商品先物取引が取引できます。
※外国株式、海外先物、FX、CFDは対象外です。
QRSSで注文するにはどうしたらよいでしょうか?
A注文関数を用いて注文を行います。
また、発注用のサンプルシートもご用意しておりますので、ダウンロードしてぜひご活用ください。
QマーケットスピードのRSSを利用していますが、マーケットスピード II RSSに移行することはできますか?
Aはい、できます。マーケットスピードのRSS関数から、マーケットスピード II のRSS関数に変換するツールをご用意いたしますので、そちらでファイル内の関数を置換することができます。
Qマーケットスピード RSSとマーケットスピード II RSSを同時に利用することはできますか?
Aはい、マーケットスピード RSSとマーケットスピード II RSSは同時に利用することができます。

ご質問は
ありませんか?