現在地
ホーム > 特集 > スペシャル対談 ウィズダムツリーのトリップ氏・渡邊氏に聞く!配当戦略のETFとは!?

スペシャル対談 ウィズダムツリーのトリップ氏・渡邊氏に聞く!配当戦略のETFとは!?

スペシャル対談 ウィズダムツリーのトリップ氏・渡邊氏に聞く!配当戦略のETFとは!?

ウィズダムツリーは、2016年7月15日現在で運用資産残高約413億ドル超(約4.1兆円)を誇り、米国、先進国および新興国の市場を網羅する包括的な配当重視の株式型ETF群を提供しています。 この度、楽天証券経済研究所の香川睦がウィズダムツリーのETFストラテジスト 渡邊雅史氏とアソシエイト・ディレクター トリップ・ジマーマン氏に、配当重視のETFについて伺いました。(対談日:2016年7月1日)

ウィズダムツリーと他のプロバイダーとの違いは?

  • 香川
    きれいなオフィスですね。ウィズダムツリーは、昨年オフィスを東京にて開設されましたね。
  • 渡邊氏
    ええ、これまでは、欧米でのみ展開している運用会社ではありましたが、ウィズダムツリーのETFは、実は、日本株に投資する商品を多く抱えており、アジアの中でも日本に重点的にフォーカスを置いているところが特徴で、昨年8月に東京にオフィスを開設しました。
  • 香川
    日本株のETFであるDXJは米国人が日本株を投資する手段として有名ですね。有名といえば、ウィズダムツリーにはシーゲル教授がいらっしゃいますよね。
  • トリップ氏
    ペンシルベニア大学のジェレミー・シーゲル教授は、長期には株式投資が最も報われるというアイデアを世の中に広めた人物として知られています。ウィズダムツリーでは、シーゲル教授をアドバイザーとして、教授のアイデアに基づくインデックスを多数開発しています。
  • 香川
    トリップさん、ウィズダムツリーはETFのプロバイダーとして他社とどのように違うのでしょうか。

  • トリップ氏
    ウィズダムツリーは、2006年に最初のETFを世に出して以降、ファンダメンタル指数のパイオニアとして現在、全世界で190本以上のETFを展開し、運用資産は413億ドル(約4.1兆円)に達します。既にあるインデックスではなく、独自の考え方に基づくファンダメンタル指数をウィズダムツリーの指数として開発し、この指数に連動するETFを提供していることが特徴です。 (運用資産残高は2016年7月15日現在)
  • 香川
    ファンダメンタル指数についてもう少し詳しく説明していただけますでしょうか。
  • トリップ氏
    我々は、従来から用いられているTOPIXや S&P500などの時価総額加重型の指数は必ずしも投資に最適ではないという前提からスタートしています。

    それは、時価総額加重というのは、時価総額(株価×株数)で投資比率を決定することから、株価が割高な銘柄の比率を高く、割安な銘柄の比率を低くしてしまうという現象が起きてしまうからです。

    仮に赤字の会社であっても、株価が高ければそれだけ多く投資されてしまうのが時価総額加重型の特徴です。

    また、株価というのは感情に左右されるものです。過去の主要指数の値動きを見ても、定期的にバブルが発生していますが、これは、この感情部分を反映してしまっているからです。

配当額にフォーカスとは?

  • トリップ氏
    それでは、時価総額加重に代わる基準として何があるかをご説明します。

    我々が生み出した一つの回答が配当にフォーカスしたファンダメンタル指数です。ファンダメンタル指数とは企業の収益やキャッシュフロー、配当などの企業の業績データを元に算出する指数です。

    ウィズダムツリーでは、配当を支払っている企業にフォーカスして、配当額に基づいて投資比率決定する方法を独自に開発しました。
  • 香川
    配当額により投資比率を決めるということは、配当を支払っていない銘柄は含まれないということになるのでしょうか。
  • 渡邊氏
    ええ、実際にアマゾンやフェイスブックなど配当を支払っていない銘柄は、ウィズダムツリーの配当額加重のアイデアを元に構築された指数には含まれていません。
  • 香川
    ウィズダムツリーでは、今回、配当成長のファンドを4本(DGRW, DGRS, EUDG, DGRE)新規で追加されましたが、これは、ウィズダムツリーとして既にラインアップにある配当ファンド、高配当ファンドと何が異なるのでしょうか?

配当成長にフォーカスしたETF4本

ティッカー 銘柄名 主要取引所 信託報酬 情報
DGRW ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド NASDAQ 0.28% 株価 企業情報 チャート
DGRS ウィズダムツリー 米国小型株クオリティ配当成長ファンド NASDAQ 0.38% 株価 企業情報 チャート
EUDG ウィズダムツリー 欧州株クオリティ配当成長ファンド NYSE Arca 0.58% 株価 企業情報 チャート
DGRE ウィズダムツリー 新興国株クオリティ配当成長ファンド NASDAQ 0.63% 株価 企業情報 チャート
  • 渡邊氏
    ウィズダムツリーは、配当額加重に基づく商品として、配当ファンド、高配当ファンド、クオリティ配当成長ファンドの3種類のファンドシリーズを用意しています。このうち高配当ファンドシリーズは、より高配当の商品にフォーカスしたものです。一方で、クオリティ配当成長ファンドは、ROAおよびROEなどの収益性(クオリティ)と、配当の源泉となる企業の利益の成長性の2つの基準により、長期的に配当の成長が見込まれる銘柄を選択したものです。
  • 香川
    最近、数年間にわたり配当額を増やしている企業に注目しており、日本国内では花王などごく一部の企業に限られるようですが、この点、どのようにお考えですか。
  • トリップ氏
    ポイントは長期にわたり増配していることではなく、今後も増配する能力を持っているかであると、我々は考えます。その点、ウィズダムツリーのクオリティ配当成長ファンドは、過去の配当成長ではなく、将来の配当成長の可能性が高いと考えられる銘柄を収益性(クオリティ)と成長性という二つの項目を駆使して抽出しているところが特徴です。
  • 香川
    長期にわたり、低金利が続いており、BREXIT後、米国ではFRBの金利引き上げ回数が当初よりも少なくなるのではといわれていますが、この点についてどう思われますか?

  • 渡邊氏
    金利に関しては、今後もまだ低金利が継続するすると考えるのであれば、投資家は株式からの配当への注目を継続すると考えられますので、高配当のファンドが注目されます。逆に、今後の金利上昇を見込むのであれば、企業の成長性に注目した配当成長ファンドがより面白いのではないでしょうか。
  • 香川
    本日はお時間を頂戴し、ありがとうございました。

配当は大きな違いを生んできた

出所:S&P 500 インデックス及びデータは、ペンシルベニア大学ウォートン校においてファイナンスの教授であるジェレミー・シーゲルによって編集されたものである。S&P 500® インデックスは、ニューヨーク証券取引所及びナスダック市場で取引されている米国大型株500銘柄で構成される時価総額加重型指数で、運用されていない指数である。設定は1957年3月4日である。ジェレミー・シーゲル教授は、初期のS&P 500 インデックスのリターンを、著書である「株式投資の未来」で説明されている手法で再構築している。投資信託と異なり、インデックスのパフォーマンスは運営費用や取引コスト、税金を考慮していない。インデックスに直接投資することはできない。インデックスのパフォーマンスは説明目的のみであり、いかなる実際の投資の過去及び将来のリターンを表すものではない。過去のパフォーマンスは将来の結果を保証するものではない。

トリップ・ジマーマン氏(TRIPP ZIMMERMAN)
リサーチ部門、アソシエイト・ディレクター

2013年2月、リサーチ・アナリストとして入社。現在、リサーチ部門のアソシエイト・ディレクターとして、インデックスの作成、管理、再構築を担当するデータ・アナリティクス・グループを統括。顧客である様々な販売会社を訪問するなどして、米国内外の各地にて、ウィズダム・ツリーのインデックスを広める活動を行う。また、ETF市場についてのウィズダム・ツリーの見解をまとめて発信する業務にも携わる。ウィズダム・ツリー入社前は、TD アメリトレード、 Wells Fargo Advisors、TIAA-CREF、Evergreen Investmentsにおいて、投資に関わる様々な役職を歴任。ノースカロライナ大学チャペルヒル校より経済と哲学の二重学位を取得。公認証券アナリスト(CFA)を保持。

渡邊雅史氏
ウィズダムツリー・ジャパン株式会社 ETFストラテジスト

アクセンチュア株式会社にて金融機関向けコンサルティング業務に携わった後、バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現ブラックロック・ジャパン)にポートフォリオマネジャーとして入社。その後、同社ETF部門のストラテジストに就任し、ETF市場の分析やETFを用いた運用戦略の立案・提案業務などに携わる。金融ベンチャー企業に参画した後、2016年より現職。
慶應義塾大学総合政策学部卒、早稲田大学大学院ファイナンス修士(MBA)。
著書に『計量アクティブ運用のすべて』(金融財政事情研究会)(共著)

2016年7月8(金)現地約定分から、米国に上場している以下の海外ETF 8銘柄の取扱いを開始!

ティッカー 銘柄名 主要取引所 信託報酬 情報
DLN ウィズダムツリー 米国大型株配当ファンド NYSE Arca 0.28% 株価 企業情報 チャート
DON ウィズダムツリー 米国中型株配当ファンド NYSE Arca 0.38% 株価 企業情報 チャート
DES ウィズダムツリー 米国小型株配当ファンド NYSE Arca 0.38% 株価 企業情報 チャート
DGRW ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド NASDAQ 0.28% 株価 企業情報 チャート
DGRS ウィズダムツリー 米国小型株クオリティ配当成長ファンド NASDAQ 0.38% 株価 企業情報 チャート
EUDG ウィズダムツリー 欧州株クオリティ配当成長ファンド NYSE Arca 0.58% 株価 企業情報 チャート
DGS ウィズダムツリー 新興国小型株配当ファンド NYSE Arca 0.63% 株価 企業情報 チャート
DGRE ウィズダムツリー 新興国株クオリティ配当成長ファンド NASDAQ 0.63% 株価 企業情報 チャート

ウィズダムツリー株式会社のウェブページ

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、約定代金の0.45%(税込0.486%)/1回がかかります(ただし、最低手数料5米ドル(税込5.4米ドル)/1回、手数料上限20米ドル(税込21.6米ドル)/1回)。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000231米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?