【IR広告】信越化学はあらゆる分野に素材と技術を提供し、暮らしや社会と産業の発展に貢献しています。

【IR広告】信越化学はあらゆる分野に素材と技術を提供し、暮らしや社会と産業の発展に貢献しています。

POINT
  • 1926年創業の化学素材メーカー
  • 時価総額は日本の化学業界で1位、世界最高の信用格付け(2020年7月時点)
  • 海外売上高比率70%超(海外拠点:19ヵ国 93拠点)
  • 塩ビ、半導体シリコンなど、世界トップシェアを誇る製品群

本サイトはIR広告であり、信越化学工業から提供を受けた資料をもとに掲載しております。本広告をもって楽天証券が特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

製品紹介

信越化学グループは、数多くの「トップシェア」製品で世界をリードしています。

塩化ビニル樹脂(塩ビ)

塩ビは生活用品からインフラまで、幅広い分野で活躍。
原料の約6割が塩で、他の汎用樹脂に比べ石油資源への依存度が低く、環境への負荷が小さいことも特長です。

(用途例)塩ビパイプ、樹脂窓

半導体シリコン(シリコンウエハー)

シリコンのインゴットを薄くスライスした素材で、半導体の基板材料として使われます。
スマートフォン、家電、自動車などの身近なものから、AI、IoTなどの最先端まで、幅広い分野で活躍しています。

(用途例)スマートフォン、自動車

シリコーン

シリコーンは、様々な特性を発揮する、高機能樹脂。化粧品や食品から、自動車、電子分野、建築など、まさにオールラウンドに活躍しています。

(用途例)化粧品、放熱シート

レア・アースマグネット

小型で強い磁力を有し、環境対応自動車や産業用ロボット、省エネエアコンなどのモーターに欠かせない材料となっています。

(用途例)環境対応車、エアコン

セルロース誘導体

天然の高分子セルロースからつくられる自然に優しい素材。錠剤のコーティングやトイレタリー、建築土木や塗料、セラミックスなどに利用されています。

(用途例)錠剤のコーティング剤、塗料

業績

10期連続の増益と3期連続最高益更新を達成(2020年3月期)。長期的かつ安定的な成長を目指しています。

営業利益の推移

信越化学グループの安定した成長力の背景には、経済環境の変動に強いバランスのとれた事業ポートフォリオがあります。

2020年3月期営業利益(セグメント別内訳)

株主還元

株主の皆様に適正かつ安定的に還元させていただくことを基本方針としています。

1株当たり配当金/配当性向

社会の“持続可能”な成長に向けて

信越化学グループは、コネクティビティ(接続性)、資源効率、生産性の向上、スマートインフラ、健康増進など、持続可能な社会の実現に欠かせない多様なテーマに挑戦し、数多くの製品や技術を送り出しています。

信越化学 会社紹介動画

銘柄名をクリックするとマーケット情報に遷移します。

銘柄名
銘柄コード 4063
上場市場 東京証券取引所 第1部
取引単位 100株

本サイトはIR広告であり、信越化学工業から提供を受けた資料をもとに掲載しております。本広告をもって楽天証券が特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方