現在地
ホーム > 特集 > シェールガス関連銘柄特集

シェールガス関連銘柄特集

今、米国を中心にシェールガスが注目を浴びています。シェールガスの可採埋蔵量は、石油、石炭、ウランなどを大きく上回り、今後数百年にわたり、世界のエネルギー需要を賄っていける可能性があるといわれています。また、米国では、シェールガス油田を多く抱えており、OPECに匹敵する産油国(シェールガスを中心とした液化天然ガスを含む)として、米国がエネルギーの輸入国から輸出国に転換する可能性があります。
将来的には、米国が原油の中東依存から脱却できるだけでなく、米国内でのエネルギー・コストの低減につながり、米国の製造業の復活が期待されます。さらに、日本国内でも米国からエネルギーを安価で入手できるようになり経済への影響も大きいと考えられます。

今回の特集では、まずシェールガスとは何かを説明し、シェールガスの産油および技術に直接かかわっている米国企業を紹介いたします。

シェールガスとは

シェールガスといった場合、それは全く新しい技術を指すのではなく、これまで50年近くかけて米国の石油・天然ガス業界が培ってきた生産技術を応用することで、いままで取りにくかった場所から効率良く石油や天然ガスを汲みあげるという手法全体を指します。

地層の面からの定義

シェール(Shale)とは頁岩(「けつがん」=泥が固まり板状になった地層)を指します。シェールガスは、そこに閉じ込められて、従来の方法ではアクセスしにくかった天然ガスを指します。
普通、油田には天然ガスと石油の両方がミックスされて閉じ込められている場合も多く、天然ガスの比率が多い油田はgassyと言われます。したがってシェールガス、シェールオイルという呼称は、そのミックスの、どちらの比率が大きいかで「これは天然ガス田、これは油田」という風に呼び分けているに過ぎないということです。

有名なシェールガス田としては
①イーグルフォード(メキシコの国境に近いテキサス南部)、②パーミアン・ベイシン(西テキサス)、③バーネット(ダラスに近いテキサス中央部)、④ヘインズビル・ボシエ(東テキサスからルイジアナ州境付近)、⑤ウッドフォード(オクラホマ州)、⑥フェイエットヴィル(アーカンソー州、オクラホマ州)、⑦マーセラス(バージニア州西部・オハイオ州東部・ペンシルバニア州のほぼ全域・ニューヨーク州西南部をカバーする、広範な地域)などがあります。
一方、有名はシェールオイル田としては
⑧バーケン(ノースダコタ州)があります。

技術により定義する方法

シェールに閉じ込められた天然ガスや石油を生産するには、以下の技術・手法が欠かせません。

水平掘削(ホリゾンタル・ドリリング)
破砕法(フラッキング、ないしはフラクチャリング)

古来の油井やガス井は、真下に向かって掘るだけでした。掘り進んで、石油や天然ガスが含まれている層にぶち当たれば、後は地面にかかる大きな圧力で、自然に原油や天然ガスが地表に噴き上げて来るわけです。

しかし長年生産を続けると、圧力が下がり、ポンプの力を借りないと、汲みあげることができなくなります。ドンキー(ろば)と呼ばれる、首振り型のロータリー・リグが使用されるのはそういう場合です。それでも石油や天然ガスが取れなくなると、それらの井戸は休止井として放棄されました。

大手石油会社はこうして「喰い散らかした」油田を手放し、海外の大型油田を取得することに経営のフォーカスを傾けました。そのような「残りカス」の油田は、言わば氷を一杯に入れたグラスからストローでジュースを飲んで、ジュースが少なくなったので音が出る状態と形容できます。

国際的なネットワークを持ち、潤沢な資金があるオイルメジャーは、未開のオフショアなどの油田でホームランをかっ飛ばした方がリターンが大きいので去ってゆきました。それらの残り物の油田を買い取ったのは、オクラホマ州やテキサス州に本社を置く、独立系の小さな石油・天然ガス会社でした。彼らは「ホームランか、三振か?」という賭けを避け、くたびれた油田を養生しながら細々と生産するというスタイルでした。

一旦、垂直に掘った油田に、斜め、若しくは水平に走れる自走式ドリルを降ろして、天然ガスや石油が閉じ込められている地層(=それは普通、横にひろがっています)をずっと掘り進んだ方が、効率が良いだろうというのが、水平掘削、つまりホリゾンタル・ドリリングの発想だったのです。ドリルにセンサーをつけるなどの方法で、ちゃんと石油や天然ガスがある場所を貫通しているかどうかを確かめられるようになったのも寄与しました。

次にクレー(平石)のようにちょっと力を入れると割れやすい石にヒビを入れることで、天然ガスや石油を流れやすくするという技術も開発されました。パーフィング・ガンと呼ばれる、発破(はっぱ)の装置です。これを地中で爆破させることで、ヒビを入れるわけです。さらに爆破した後の割れ目にプロパントと呼ばれる特殊液を高圧で流し込む事でヒビを大きくし、次にその特殊液をポンプで汲み出し、天然ガスの流れを良くするという手法も編み出されました。それらの一連の作業を破砕法(フラッキング)と言う訳です。

シェールガスの採取(水圧破砕)のイメージ

シェール関連銘柄(米国株)

シェールガス田、シェールオイル田で操業している石油・天然ガス生産会社

ティッカー 銘柄名 主要取引所 情報種類  
DVN デボン・エナジー NYSE
  • 株価
  • 企業情報
  • チャート
パーミアン・ベイシン、バーネット、
ヘインズビル・ボシエなど
天然ガス比率は60%
RRC レンジ・リソーシーズ NYSE
  • 株価
  • 企業情報
  • チャート
マーセラス、ウッドフォードなど
OAS オアシス石油 NYSE
  • 株価
  • 企業情報
  • チャート
バーケン
EOG EOGリソーシズ NYSE
  • 株価
  • 企業情報
  • チャート
イーグルフォード、バーケンなど

シェールガスの技術・サービスを提供している会社

ティッカー 銘柄名 主要取引所 情報種類  
CRR カーボ・セラミックス NYSE
  • 株価
  • 企業情報
  • チャート
プロパント(特殊液)
HP ヘルメリッチ・アンド・ペイン NYSE
  • 株価
  • 企業情報
  • チャート
陸上リグ(やぐら)のオペレーター
  • 本特集は、広瀬隆雄氏のシェールガスについての記事をもとに作成しております。

まだ口座をお持ちでない方

楽天IDでかんたん口座開設

口座開設

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?