現在地
ホーム > 特集 > ミャンマーの魅力 ミャンマー関連銘柄を紹介!

ミャンマーの魅力 ミャンマー関連銘柄を紹介!

アジア最後のフロンティア市場といわれるミャンマー。欧米諸国による経済制裁が一部解除されたこともあり、日本をはじめ世界の多くの企業がミャンマーに進出を開始しています。ミャンマーは、6,000万人を超える人口、識字率の高さに加え、豊富な天然資源や観光資源を抱えており、すでにミャンマーの今後の成長を見越して多くの関連銘柄の株価が上昇しています。この特集では、投資先としてのミャンマーの魅力とともに、ミャンマーに関連するアセアン株を紹介します。

若く優秀な労働力の存在

ミャンマーの人口は約6,200万人。東南アジアでは、インドネシア、ベトナム、フィリピン、タイについで5番目に人口が多い国です。また、平均年齢は27.8歳であり、今後、労働人口および消費人口のさらなる伸びが予想されます。

また、ワーカー賃金は、中国、インドや他の東南アジア諸国の都市と比較して低いことから、更なる製造業のミャンマーへのシフトが予想されます。

高い成長率を維持

今までの政治的背景もあり、リーマンショックの影響も限定的だったため、ここ数年は6.0%前後の高い成長率を維持しています。また一人あたりの名目GDPは848ドルと、5,848ドルのタイ、3,660ドルのインドネシアと比較しても低い水準であり、今後のさらなる成長が期待されます。

天然資源も豊富

ミャンマーは、天然資源が豊富であり、宝石や金、銀、銅などの鉱物のほか、木材や天然ガスの生産、輸出も盛んに行われています。

多くの日本企業がミャンマーに関与

日本企業が主導するヤンゴン近郊のティラワ経済特区や、タイのイタリアン・タイ・デベロップメントが開発を請け負っているダウェイ港の開発など、今後の開発計画が目白押しです。また、ミャンマーでの証券取引所設立に東京証券取引所が支援を行うなど、ミャンマーの開発に多くの日本企業が関わっています。

アセアン株の関連銘柄

ティッカー 銘柄名 主要取引所 情報種類
RATCn ラチャブリ・エレクトリシティ タイ証券取引所
  • 株価
  • 企業情報
  • チャート

単純移動平均(5日) 単純移動平均(25日)

タイの大手発電会社。オーストラリアではタイの電力会社初の投資開発を行っている。ラオスでの発電所開発投資は世界最大。同社は2018年までに総電力設備6,336メガワットの発電所を子会社も含め運営する予定。現在ラオスにて1基の発電所を建設(出資比率40%)、1基を開発(同25%)。タイ国内での電力需要は年々拡大。タイ、ラオスに加え、将来はミャンマーの経済発展に関連することが見込まれ株価の上昇が期待される。

ティッカー 銘柄名 主要取引所 情報種類
BECLn バンコク・エキスプレスウェイ タイ証券取引所
  • 株価
  • 企業情報
  • チャート

単純移動平均(5日) 単純移動平均(25日)

タイの道路建設会社であり、高速道路通行料収入も得ている。タイの政府系高速道路交通公社(EXAT)との30年契約の下(1990年~2020年)高速道路の建設、関連プロジェクトの管理を行う。バンコクの自動車登録は年々増え、通行量も増加。バンコク市内の高速道路を網羅しており、道路によって通行料は異なり、距離に応じた通行料金を徴収する高速道路は平均42THB/台となっている。新規プロジェクトでバンコク初の環状線建設に着手しており、ミャンマーへ続く高速道路となり、通行量の更なる拡大が期待される。

ティッカー 銘柄名 主要取引所 情報種類
BGHn バンコク・ドゥシット・メディカル・サービス タイ証券取引所
  • 株価
  • 企業情報
  • チャート

単純移動平均(5日) 単純移動平均(25日)

売上高、時価総額でタイ最大の民間病院運営会社で、世界では第4位。タイでは29ヵ所、カンボジアでは2カ所において病院を運営。バンコクのほか成長市場であるタイ東南地域の他、海外に注力して病院経営を展開している。ベッド数は5,300床を超えている。売上構成比は、外国人(欧米、中東、日本など)患者からの診療収入が約27%、国内からが約73%。2013年に700床増、2015年には6,000床を目指している。2015年までにミャンマー進出を計画。

ティッカー 銘柄名 主要取引所 情報種類
AUSN オッシーノ・グループ シンガポール取引所
  • 株価
  • 企業情報
  • チャート

単純移動平均(5日) 単純移動平均(25日)

オッシーノグループは、世界30カ国以上に拠点を持つホームファッションテキスタイルのデザインメーカー、卸売および小売業者。レディスアパレルやホームファッションの2つの部門が中核となっている。オーストラリア、中華人民共和国(中国)、シンガポール、マレーシア、香港、韓国、アメリカ合衆国にて事業を展開している。2012年にミャンマー系財閥であるマックスグループがオッシーノ・グループの逆買収をアナウンスした。この逆買収が実現すれば、今後ミャンマーにてマックスグループの子会社が運営するガソリンスタンド事業にも関わることとなる。この発表後、YOMAとともにシンガポール取引所に上場するミャンマー系企業として注目を浴びる。

(※)マックスグループによるオッシーノ・グループの逆買収提案は、2013年4月26日時点でシンガポール証券取引所により却下される可能性が高いことが判明しました。オッシーノグループは、その後も買収提案を継続するとアナウンスしているものの、本件についての今後の見通しが不明瞭となったことからか、4月29日のシンガポール市場では株価が40%近く値下がりしました。

ティッカー 銘柄名 主要取引所 情報種類
NTOR エンテグレーター・インターナショナル シンガポール取引所
  • 株価
  • 企業情報
  • チャート

単純移動平均(5日) 単純移動平均(25日)

シンガポールに基盤を置く通信会社。企業内外のネットワークインフラについてデータ送信やファイバー通信を設計・導入を手がけている。また、企業間テレコム・アプリケーションにて使用される音声信号とデータ信号のサービスを提供する。ミャンマー関連のビジネスが収益の20%近くを占める。

ティッカー 銘柄名 主要取引所 情報種類
INTR インテラ・リソーシズ シンガポール取引所
  • 株価
  • 企業情報
  • チャート

単純移動平均(5日) 単純移動平均(25日)

インテラリソーシズは、石油・ガス探査・生産(E&P)の業務を行う投資持株会社。そのE&Pの活動は、石油・ガス生産、油田開発や戦略的アライアンスやパートナーシップを通じての探査を含む。インテラリソーシズは、インドネシアとミャンマーに5つの契約油田を持ち、探査・開発・生産を行う。ミャンマー中部でチャウクとイェナンジョンで2基の陸上油田の調査・開発権益の60%を保有するほか、インドネシアの南スマトラにてTanjung Miring Timur(TMT)の100%の技術契約(TMT)、西パプアでのリンダセレ(LS)探査契約の100%、および探鉱ブロック内の49%の持分、すなわち中央カリマンタンにおけるKuala Pambuang Production Sharing Contractを行っている。 2011年1月21日で、ゴールドウォーターLSピーティーイーを子会社として組み込む。同社は2011年11月25日で、TACのTMTの残りの30%の権益を取得した。 2011年12月15日で、ゴールドウォーターKPピーティーイーを子会社として組み込む。

ティッカー 銘柄名 主要取引所 情報種類
SPGP スーパーグループ シンガポール取引所
  • 株価
  • 企業情報
  • チャート

単純移動平均(5日) 単純移動平均(25日)

ミャンマーのインスタントコーヒーシェア30%を握る飲料メーカーであり、ミャンマーの庶民にとって非常に馴染みのあるブランドのひとつ。インスタントコーヒーを中心にミャンマーのほか50カ国にてSuperブランドの飲料を提供している。

ティッカー 銘柄名 主要取引所 情報種類
BECn BECワールド タイ証券取引所
  • 株価
  • 企業情報
  • チャート

単純移動平均(5日) 単純移動平均(25日)

タイの民間TV局「チャンネル3」を運営するメディアグループ。ミャンマーのメディア企業のフォーエバー・グループと合弁会社を設立し、ドラマなどのコンテンツを制作。フォーエバー・グループ管轄の放送局向けに展開する。

前回紹介のミャンマー関連銘柄の推移 

ティッカー 銘柄名 前回特集掲載日
2012年9月14日
2013年2月15日 変化率
YOMA ヨマ・ストラテジック・ホールディングス 0.41 SGD 0.86 SGD +109.8%
ITDn イタリアン・タイ デベロップメント 3.70 THB 6.50 THB +75.7%
SCCn サイアムセメント 343 THB 452 THB +31.8%
PTTn タイ石油公社 336 THB 357 THB +6.3%
CENTn セントラルプラザホテル 17.10 THB 35.25 THB +106.1%

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?