人生100年時代 お金の寿命を延ばしませんか

JPMベスト・インカム(年1回決算型)

JPMベスト・インカム(毎月決算型)

  • ご購入に際しては、あらかじめ投資信託説明書(交付目論見書)を必ずごお読みください。

長い人生、預貯金だけで大丈夫?

人生100年時代、退職後も趣味や旅行などの楽しみに使いたい時間が多くありますよね。そのためのお金は足りるのかなど、何となく不安に思ってもとりあえず預貯金に置いてしまっている…そんな方もいるのではないでしょうか。これからのお金のことについて、しっかりと考えてみませんか?

3,000万円を60歳から毎月14万円ずつ取り崩した場合のシミュレーション

総務省、中央労働委員会、公益財団法人 生命保険文化センターのデータをもとにJ.P.モルガン・アセット・マネジメント作成。シミュレーションの年率2%の運用は日本銀行の物価目標2%に備えるという仮定で運用した場合、年率4%の運用はその倍のリターンで運用した場合を前提に、暫定的に用いたものであり、一例としてご紹介しています。スタート金額の3,000万円は、平成30年家計調査「二人以上の勤労者世帯」の50~59歳の純貯蓄額の1,095万円と、中央労働委員会「平成29年退職金、年金及び定年制事情調査」の調査産業計(大学卒、勤続35年)の退職金額2,213万円の合計3,308万円を切り捨てた金額。取り崩す金額の14万円は、公益財団法人 生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査(速報版)」の「ゆとりのための上乗せ額」を使用。上記グラフは、シミュレーションであり、実際の運用結果とは異なります。手数料、その他の費用、税金などは考慮していません。

「インカム」に注目して、お金の寿命を延ばそう!

インカム収益とは?

資産運用による成果の内訳には「インカム収益」と「値上がり益」の2種類があります。

インカム収益は、中長期的な資産運用において収益の安定化に寄与すると考えられます。

*1 必ずしも利払い日や決算時に利息や配当金を受け取れるとは限りません。
*2 必ずしも資産が値上がりすることを保証するものではありません。
上記のイメージ図はあくまで一般的なイメージを記載したものであり、必ずしも上記のような値動きをするとは限りません。上記のイメージ図はいずれも累積リターン(投資開始時からのリターンを積み上げたもの)の推移を示しています。また、値下がり幅がインカム収益を上回り、投資資産が減少することもあります。

JPMベスト・インカムはインカム収益に着目し、より安定的な資産運用を目指すファンドです

バランスのとれた運用レシピで、"ヘルシー・インカム"を。

JPMベスト・インカム(年1回決算型)

JPMベスト・インカム(毎月決算型)

  • ご購入に際しては、あらかじめ投資信託説明書(交付目論見書)を必ずごお読みください。

利回り ~相対的に高い利回り~

世界の債券、株式、リート、その他の資産に投資を行い、相対的に高い利回りのご提供を目指しています。

各資産の利回り/ベスト・インカムのポートフォリオと主な資産

ブルームバーグなどのデータをもとにJ.P.モルガン・アセット・マネジメント作成。平均利回りは、ベスト・インカムのポートフォリオのデータ。使用インデックスについては、「本サイトで使用している指数について」をご参照ください。日本国債は10年物利回り。ベスト・インカムのポートフォリオの利回りは、保有銘柄のうち株式やリート等については配当利回りを、債券等については最終利回りを、各資産クラスの時価評価額に応じて加重平均したものです。為替ヘッジコスト/プレミアムやその他費用、税金を考慮したものではなく、実際の投資家利回りとは異なります。各資産はリスク特性が異なるため、単純に利回りだけで比較できるものではありません。

リスク抑制 ~「分散投資」と「為替ヘッジ」~

「徹底した分散投資」と「為替ヘッジ」を行い、リスク(価格変動)の抑制を図ります。

分散投資

為替ヘッジ

2019年12月末現在(投資銘柄数は2019年11月末現在)。投資アセットクラス(資産)数、投資国・地域数、投資銘柄数は、ベスト・インカムのポートフォリオのデータ。投資アセットクラス(資産)、投資国・地域は当社グループの判断に基づき分類しています。

一番上昇した月と一番下落した月のリターンを並べてみました!

べスト・インカムは、2014年9月17日の設定来、主な資産(為替ヘッジなし、円ベース)と比較して値動きの幅が小さい水準に位置しています。

ベスト・インカムが採用する運用戦略では、価格変動等のリスクを考慮した運用を行いますが、相場急変時等においては基準価額が大きく変動する可能性があります。ブルームバーグなどのデータをもとにJ.P.モルガン・アセット・マネジメント作成。ベスト・インカムは、JPMベスト・インカム(毎月決算型)の分配金再投資基準価額(信託報酬控除後)の月次データを使用して算出しています(JPMベスト・インカム(年1回決算型)について同様に算出した同期間の月次最大・最小騰落率はそれぞれ4.4%、-3.5%と同水準です。)。分配金再投資基準価額は、税引前の分配金を分配時にファンドへ再投資したとみなして算出したものです。騰落率は実際の投資家利回りとは異なります。使用インデックスについては、「本サイトで使用している指数について」をご参照ください。

お任せ運用 ~運用のプロが市場の変化に対応~

運用のプロであるJ.P.モルガン・アセット・マネジメントの運用力を結集して、目まぐるしく変化するマーケットに対応します。

ファンド全体の指揮をとる運用担当者が、世界各地に配置された各資産クラス専門の運用チームと日々コミュニケーションを取りながら、市場環境に応じて「ベスト」と考えられるポートフォリオを構築しています。

ブルームバーグなどのデータをもとにJ.P.モルガン・アセット・マネジメント作成。2019年12月末現在。上記はイメージです。

JPMベスト・インカムでセカンドライフを楽しもう!

セカンドライフお助け隊からのアドバイス

資産をより大きく成長させたいと考える方におすすめ

JPMベスト・インカム(年1回決算型)

資産を成長させながら毎月お金を受け取りたい方は

JPMベスト・インカム(毎月決算型)

  • 必ず分配を行うとは限りません。
  • 「JPMベスト・インカム」は、信託財産の中長期的な成長をはかることを目的としますが、その実現を保証するものではありません。
  • ご購入に際しては、あらかじめ投資信託説明書(交付目論見書)を必ずお読みください。

ファンドのリスク、手数料および投資信託説明書(交付目論見書)はこちらからご覧いただけます

JPMベスト・インカム(年1回決算型)|JPMベスト・インカム(毎月決算型)

本サイトでは「JPMベスト・インカム(年1回決算型)/(毎月決算型)」を総称して「JPMベスト・インカム」または「ベスト・インカム」といいます。ベスト・インカムでは、ベビーファンドの資金をマザーファンドに投資し、さらにマザーファンドはその資金を2つの投資先ファンドに投資するファンド・オブ・ファンズ方式で、投資先ファンドが実際に有価証券に投資することにより、その実質的な運用を行います。投資先ファンドである「JPモルガン・インベストメント・ファンズ-グローバル・インカム・ファンド」(各シェアクラスを統合したファンド全体)または、その「Iクラス(円建て、円ヘッジ)」を「グローバルインカムファンド」といい、投資先ファンドである「GIMジャパン・マネープール・ファンドF(適格機関投資家専用)」を「マネープール・ファンド」といいます。またマネープール・ファンドのマザーファンドである「GIMマネープール・マザーファンド(適格機関投資家専用)」を「マネープール・マザーファンド」といいます。「ベスト・インカムの投資先ファンド」とは「グローバルインカムファンド」を指します。ベスト・インカムの投資先ファンドの運用戦略、ポートフォリオをそれぞれ「ベスト・インカムの運用戦略」、「ベスト・インカムのポートフォリオ」と呼ぶ場合があります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
本サイトのデータ・分析等は過去の実績や将来の予測、作成時点におけるJ.P.モルガン・アセット・マネジメントの判断を示したものであり、将来の投資成果及び市場環境の変動等を示唆・保証するものではありません。

本サイトで使用している指数について

■日本株式【TOPIX(配当込み)】、日本リート【東証REIT指数(配当込み)】
TOPIX(東証株価指数)、東証REIT指数は、株式会社東京証券取引所及びそのグループ会社(以下、「東証等」という。)の知的財産であり、指数の算出、指数値の公表、利用など同指数に関するすべての権利・ノウハウは東証等が所有しています。なお、ファンドは、東証等により提供、保証または販売されるものではなく、東証等は、ファンドの発行または売買に起因するいかなる損害に対しても、責任を有しません。
■世界債券【ブルームバーグ・バークレイズ・グローバル総合インデックス】、世界ハイ・イールド債券【ブルームバーグ・バークレイズ・グローバル・ハイ・イールド・インデックス】
ブルームバーグは、ブルームバーグ・ファイナンス・エル・ピーの商標およびサービスマークです。バークレイズは、ライセンスに基づき使用されているバークレイズ・バンク・ピーエルシーの商標およびサービスマークです。ブルームバーグ・ファイナンス・エル・ピーおよびその関係会社(以下「ブルームバーグ」と総称します。)またはブルームバーグのライセンサーは、ブルームバーグ・バークレイズ・インデックスに対する一切の独占的権利を有しています。
■米国株式【S&P500指数(配当込み)】、米国リート【S&P米国REIT指数(配当込み)】
S&Pの各指数は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCが発表しており、著作権はS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCに帰属しています。S&Pの各指数の円ベースは、同社が発表した各インデックスを委託会社にて円ベースに換算したものです。
■オーストラリア国債【FTSEオーストラリア国債インデックス】
FTSEの各インデックスは、FTSE Fixed Income LLCにより運営されている債券インデックスです。FTSE Fixed Income LLCは、本ファンドのスポンサーではなく、本ファンドの推奨、販売あるいは販売促進を行っておりません。このインデックスのデータは、情報提供のみを目的としており、FTSE Fixed Income LLCは、当該データの正確性および完全性を保証せず、またデータの誤謬、脱漏または遅延につき何ら 責任を負いません。このインデックスに対する著作権等の知的財産その他一切の権利はFTSE Fixed Income LLCに帰属します。また、リスク・リターンの数字は、インデックス・データに基づき当社が計算したものです。

  • J.P.モルガン・アセット・マネジメントは、JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーおよび世界の関連会社の資産運用ビジネスのブランドです。
  • 本サイトはJ.P.モルガン・アセット・マネジメントの情報をもとに楽天証券株式会社が作成したものです。

委託会社:JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第330号 加入協会:一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本証券業協会

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式
組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が円建て公社債
金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの
組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.40%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「買付手数料」:ファンドによって異なります。
保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用
「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。
ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。

毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について

投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。

毎月分配型ファンド・通貨選択型ファンドに関するご注意

投資信託に関する情報提供について

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。