現在地
ホーム > 特集 > いろんなテクニカルチャートを使ってみよう! ~「iSPEED」でよく利用されるテクニカルチャートランキング~

いろんなテクニカルチャートを使ってみよう!
~「iSPEED」でよく利用されるテクニカルチャートランキング~

いろんなテクニカルチャートを使ってみよう! ~「iSPEED」でよく利用されるテクニカルチャートランキング~

利用料無料 ダウンロード直後からお使いいただけます Androidアプリをダウンロードする iPhoneアプリをダウンロードする

スマートフォンアプリ「iSPEED(アイスピード)」は、国内総合証券としては最多のテクニカルチャートの機能を実装しています。具体的にどのようなチャートがご利用されているのでしょうか。
今回、各チャートの利用回数を集計し、ランキングにいたしました。ご参考にしていただいて、トレーディングにお役立てください!

詳しいチャート解説はこちら

詳しいチャート解説はこちら

トレンド系テクニカルチャート

株価は細かい値動きを無視すれば、上昇や下降、横ばいなど一定の方向性(トレンド)を持って動きます。トレンド系の指標は言葉の通り、相場の方向性や転換点を分析する手法です。大局的な立場に立っているため、比較的中長期の分析にお役立ていただくのがお勧めです。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは?

移動平均線を中心に、上下に2本ずつ「バンド」と呼ばれる線で構成されます。
バンドは、標準偏差という確率分布の考え方に基づいて作成され、σ(シグマ)と呼ばれます。移動平均線±1σ内には68.27%、移動平均線±2σ内には95.45%の確率で株価がその範囲に収まるとされています。


ボリンジャーバンドの使い方

±2σを例にすると、確率的には95.45%の割合で株価がその範囲内に収まります。株価が±2σを超えるということは、「行き過ぎ」と判断して、株価の反転を期待する逆張りサインというのが一般的ですが、「これまでとは違う新たなトレンドが発生」と判断すれば、このままトレンドに乗る順張りのサインとして見る事もできます。
なお、順張りの際にはバンドの幅が狭まる「スクイーズ」という現象が比較的多く見られます。

一目均衡表

一目均衡表とは?

時間論(相場が動くタイミング)や波動論(相場の上げ下げの波)、値幅観測論(目標株価)という理論構成も併せて考慮する必要があり、とても奥深い分析手法ですが、基本的にはローソク足と5本の線「基準線」、「転換線」、「遅行線」、「先行スパン1」、「先行スパン2」の位置関係だけでも分析することが可能です。


一目均衡表の使い方

2本の先行スパンで形成される帯状の「雲」と呼ばれるものが比較的利用されます。
株価が雲より上に位置するときは下値をサポートする支持帯、反対に株価が雲より下に位置するときは上値の抵抗帯となります。
また、移動平均線のゴールデンクロスのように、転換線と基準線の交差を売買ポイントとしたり、株価と遅行線との位置関係でトレンドの状況を把握したりする見方などがあります。

指数平滑移動平均

指数平滑移動平均とは?

単純移動平均の計算方法では、過去の株価と直近の株価の比重が同じになりますが、平滑移動平均は直近の株価の比重を高め、過去にさかのぼるほど比重を軽くして計算したものです。こうすることで、単純移動平均に比べて相場の動きに早く反応し、移動平均をトレンド分析の指標として利用しやすくなります。


指数平滑移動平均の使い方

期間の異なる2本の移動平均線を用いて、短期線が長期線を上抜けた時点を買いサイン(ゴールデンクロス)、反対に下抜けた時点を売りサイン(デッドクロス)として利用するのが一般的ですが、移動平均線の方向(上向きか下向きか)にも注意する必要があります。
考え方や使い方は単純移動平均線と同じになりますが、最近の株価の動きを重視したい場合には平滑移動平均線を使います。また、平滑平均線を使った分析手法としてMACDがあります。

【注目】多重移動平均

多重移動平均とは?

設定期間の異なる2つの移動平均を指定し、両者の値の差を複数に分割して表示させたものです。iSPEEDでは最大15本まで表示できます。期間の短い移動平均と長い移動平均では相場の動きに反応する速度が異なりますが、多重移動平均を用いることで両者の間の細かい反応の動きを見ることができます。


多重移動平均の使い方

多重移動平均はトレンドの向きだけでなく、その勢いも見ることができます。例えば、複数表示されている線のうち、上向きの線の本数が多いほど買いが優勢、反対に下向きの線の本数が多ければ売りが優勢、横向きの線が多ければ様子見といった具合に判断します。また、株価との位置関係で支持や抵抗の目安としても使えます。

オシレーター系テクニカルチャート

一定期間の値動きや株価の位置を数値化し、売られ過ぎや買われ過ぎなど、相場の勢い(強弱)を判断する手法です。また、オシレーター系指標と株価の動きの変化から相場反転の目安を探ることも可能です。比較的短期の相場やレンジ相場に向いていると言われます。

MACD

MACDとは?

MACDは、期間の異なる2つの指数平滑平均の離れ具合の推移を線で表したものです。画面上では、MACDを移動平均した「シグナル」という線と併せて表示され、この2本の線を用いて、相場の周期やトレンドの方向性、売買サインを捉える手法です。MACDはオシレーター系の指標とされますが、移動平均を用いていることから、トレンド系指標の特徴も有しています。


MACDの使い方

MACDがシグナルを上抜いたら買いサイン、逆に下抜いたら売りサインとするのが一般的ですが、MACDと±0ラインとの位置関係や交差する地点も売買サインとなります。また、株価が上昇する一方でMACDが下落、株価が下落する一方でMACDが上昇するなど、株価とMACDが反対の動きとなったときは、相場のトレンド転換とする見方があります。

RSI

RSIとは?

RSIは「相対力指数」とも呼ばれ、一定期間内の値動き幅に対する上昇幅の大きさを%で表したものです。買いの勢いが強いほどRSIの数値が高く、弱いほど数値が低くなるため、買われ過ぎや売られ過ぎを判断する指標として利用されます。また、RSIは特にレンジ相場での信頼性が高いと言われています。


RSIの使い方

基本的な使い方は、RSIが20%~30%以下のときは売られ過ぎ、70%~80%以上のときは買われ過ぎとされます。また、株価が上昇する一方でRSIが下落、株価が下落する一方でRSIが上昇するなど、株価とRSIが反対の動きとなったときは「逆行現象」と呼ばれ、相場のトレンド転換のサインとする見方もあります。

ストキャスティクス

ストキャスティクスとは?

株価が過去一定期間内の高値と安値に対してどの水準に位置しているのかを%で表したものです。基本となる「%K」線と遅行する「%D」線、さらに%D線を移動平均した「%SD」線の3本で形成されますが、iSPEEDでは%K線と%D線の組み合わせ(ファーストストキャスティクス)が表示されます。


ストキャスティクスの使い方

基本的な使い方は、%K線、%D線がそれぞれ20%~30%以下のときは売られ過ぎ、70%~80%以上のときは買われ過ぎとされます。また、%K線が%D線を下から上抜いた地点を買いサイン、逆を売りサインとする見方もあります。ただし、ファーストストキャスティクスは頻繁に売買サインを示す傾向があり、設定期間の調整や、他の指標と組み合わせて判断する必要があります。

【注目】移動平均乖離率

移動平均乖離率とは?

株価が値動きの中心線となる移動平均線からどのくらい離れているのかを%で表示したものです。株価が移動平均線より上に離れると数値がプラス、下に離れるとマイナスとなります。大きく離れるほど、買われ過ぎ、売られ過ぎということになり、天井や底の目処を探るのに利用されます。


移動平均乖離率の使い方

乖離率の数値そのものに絶対的な基準はなく、過去の乖離率の推移から、天井や底をつけた時の水準や傾向を把握して売買の目安とする使い方が一般的です。

  • 2012年8月1日~8月31日のデータを基に算出しております。
iSPEEDのダウンロードはこちらから 無料
Androidアプリをダウンロードする
iPhoneアプリをダウンロードする

国内株式のリスクと費用について

■国内株式 国内ETF/ETN 上場新株予約権証券(ライツ)

【株式等のお取引にかかるリスク】

株式等は株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等、ライツは転換後の価格や評価額の変動等により、損失が生じるおそれがあります。※ライツは上場および行使期間に定めがあり、当該期間内に行使しない場合には、投資金額を全額失うことがあります。

【信用取引にかかるリスク】

信用取引は取引の対象となっている株式等の株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は差し入れた委託保証金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。その損失額は差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。

【貸株サービスにかかるリスクおよび費用】

リスクについて
貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」になります。株券等を貸し付けいただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
当社の信用リスク
当社がお客様に引き渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いすることになりますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様が取得できないことになります。
投資者保護基金の対象とはなりません
なお、貸し付けいただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管の対象とはならず、投資者保護基金による保護の対象とはなりません。
手数料等諸費用について
お客様は、株券等を貸し付けいただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。
配当金等、株主の権利・義務について
貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸出期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。
株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、権利を獲得するため自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出し設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。
貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。
株主優待、配当金の情報について
株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がございます。お取引にあたりましては必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。
大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について
楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。
税制について
株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。
税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

【株式等のお取引にかかる費用】

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 50円(55円)
10万円まで 90円(99円)
20万円まで 105円(115円)
50万円まで 250円(275円)
100万円まで 487円(535円)
150万円まで 582円(640円)
3,000万円まで 921円(1,013円)
3,000万円超 973円(1,070円)
※()内は税込金額

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 90円(99円)
20万円まで 135円(148円)
50万円まで 180円(198円)
50万円超 350円(385円)
※()内は税込金額

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで 100円(110円)
50万円まで 238円(261円)
100万円まで 426円(468円)
150万円まで 509円(559円)
3,000万円まで 806円(886円)
3,000万円超 851円(936円)
※()内は税込金額

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで 191円(210円)
30万円まで 286円(314円)
50万円まで 429円(471円)
100万円まで 858円(943円)
200万円まで 2,000円(2,200円)
300万円まで 3,000円(3,300円)
以降、100万円増えるごとに1,100円追加。
※()内は税込金額
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定するETFの手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。

【信用取引の委託保証金について】

信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?