現在地
ホーム > 特集 > 国際分散投資への進路を見つけよう! 楽天証券海外ETFコンパス

国際分散投資への進路を見つけよう!楽天証券海外ETFコンパス

2012年2月22日更新

海外ETFコンパス

2000年以降、そのコスト優位性と利便性の高さからの充実を背景にETFへの投資が拡大しています。特にここ数年は従来の株式指数に連動するタイプだけでなく、金を始めとする貴金属や農産物の価格に連動を目指すETFなどがラインナップに加わり投資家の選択肢は確実に広がっています。

そこで楽天証券では拡大する海外ETFのラインナップを見渡せる海外ETFコンパスをご用意いたしました。ジャンルと属性ごとに主要ETFの顔ぶれをご確認いただけるほか、意外と知られていないETF運用会社の特徴についてもご紹介させていただきます。

ジャンル別おすすめ銘柄

ETFのジャンルごとに主要ETFの銘柄の一覧をごらんいただけます。同ジャンルのETFを簡単に比較いただけるほか、これまで見落としていた銘柄を発見するツールとしてもご使用いただけます。最適なETFを選択いただく際にご活用ください。

  • 全世界分散
  • 先進国分散型
  • 新興国分散型
  • 地域特化型
  • 個別国 通貨圏集中型
  • セクター
  • テーマ
  • コモディティ
  • 債券

運用会社の特長

iシェアーズ iShares(ブラックロック)

2011年12月末時点で約5,591億米ドル相当の資金を運用するブラックロックのETFブランドがiSharesです。ETFのパイオニアとしての実績と取扱い本数で業界随一のラインナップを誇ります。新興国やコモディティなど、対象国やテーマなどさまざまな投資アプローチをiSharesだけで実現できる商品バリエーションが強みです。

バンガード バンガード

ここ数年ETF市場の台風の目となっているのがバンガードです。ETFのメリットのひとつであるコストの安さを武器に、米国籍ETFプロバイダー中、2年連続純資金流入第1位と、世界中の投資家から支持を集めています。歴代の社外取締役にはチャールズ・エリス氏、バートン・マルキール氏等著名な投資啓蒙家が顔を連ねます。2011年12月時点でのETF運用資産総額は1, 707億米ドル。※出所:モーニングスター

ドイツ銀行グループ ドイツ銀行グループ

欧州の総合金融グループとして知られるドイツ銀行グループはETF運用会社としても存在感を見せています。楽天証券でも人気のdb x トラッカーズFTSEベトナムETFの運用会社としても知られるなど、投資家ニーズを汲み取った商品ラインナップに定評があります。2011年末時点でのETF運用資産総額は約423億米ドル。

リクソー リクソー

リクソー・インターナショナル・アセットマネジメントはフランスの大手金融機関ソシエテ・ジェネラル傘下の資産運用会社。ETFだけでなくヘッジファンドなどのオルタナティブ運用やクオンツ運用などでも有名です。欧州のほかアジアではシンガポールや香港にETFを重複上場させています。2011年12月末時点でのETF運用資産総額は約353億米ドル。

ヴァンエック・グローバル ヴァンエック・グローバル

2011年よりヴァンエック社のマーケット・ベクトルシリーズのETFが日本で取引可能となりました。特に金鉱株、アグリビジネス株、石炭株、レアアース株ETFなど実物資産関連ETFにおいてアメリカで高い知名度を誇ります。新興国ETFでもロシア、インドネシア、ベトナム、アフリカ株ETFに加え、ブラジル小型株、新興国債券(自国通貨建て)ETFなど国際分散投資に役立つETFをラインアップしています。

スパイダー ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ

SPDR ETFシリーズは、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズが提供するETFブランドで、投資家の皆様にそれぞれの投資戦略に適切な投資対象を選択する柔軟性を提供しています。
ETF業界のパイオニアであるステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、1993年に米国初のETFとなるSPDR S&P 500を設定し、現在世界最大のETFに成長しています。
現在、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは世界中で約2,740億米ドルのETF資産を運用しています。

  • 2011年12月末時点

楽天IDでかんたん口座開設

口座開設

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、25米ドル(税込27米ドル)/1回(1,000株まで)がかかります。1回の取引が1,000株超の場合は1株ごとに2.0米セント(税込2.16米セント)追加されます。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000218米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?